『雑感』

稀に更新します。

北國王冠 2018年 予想

 

 

冬支度の始まり。ストーブ用の灯油を買う人達を見かけるようになった。

この時期は「JRAシフト」を組み、殆ど日曜は売り上げを見込めない(見込まない)。但し重賞日は違う。北陸唯一の長距離重賞:北國王冠。昨年から全国交流となり、今年は個性的な面子が集まってきた。

相次ぐ砂補充で時計の掛かる条件に変貌したが、週中の雨でどうなったか。埒沿い有利は変わらない。
それにしても、重賞以外の競走。これは面白そう……と思わせる番組がない。もう少し工夫出来ないか?

 

 

金沢1R:◎ミルキーブルー〇ラブリーギャル
シャイリースマイル組と転入馬の対決。ラブリーギャルは前走:内3番手から流れ込み。最内枠を引いて、何とも逃げ切りたいが、走破時計は信用に値しない。旧ミルF所有馬の変わり身に期待を。
ミルキーブルーは先行力があり、跛行の影響が無ければ。モリオンとセイガイハは砂血統。もう少し戦えて良さそう。ナミノハナも後手に回らなければ、それなりに脚は使える。モンタルジーも砂替わり。

 

金沢2R:◎サンダーキング〇イーサンフェイス
サンダーキングは前走:躓いた分。勝ちに行く競馬をしており、改めて狙いたい。キャッスルティアラは前走:テンに行けず、色々と恵まれた。ハッピーハナコサンorイーサンフェイスに先手を奪われそう
そのイーサンは神経質な馬。競られると脆いが、追い切りは動く。ハッピーは転入初戦。この面子なら。

 

金沢3R 枇杷賞:◎カトリーヌレーヴ〇シャイリースマイル
クロヒメを見ながら、カトリーヌレーヴとトーセンジェードが好位を伺う。前者は競り逃げると脆いが、外々を回しても渋太く推進力を感じる。後者は2走前:楽に勝ち過ぎていた。入れ込み癖に注意しつつ。
シャイリースマイルは内伝いで。クロヒメは馬体重を見ながら。共に前走の内容は軽視できない。

 

金沢4R:◎ナックテイオー〇ケンロククィーン
ケンロククィーン(というより寿希也)の出方次第。先行馬が揃っており、激しい流れを想定しておく。
ナックテイオーは(脚元の具合が良いのか)追い切り&連戦OKとなる。隣枠の馬が取り消した点も好材料。アサカファルコンとケンロクは単騎条件に持ち込みたい。ネイルドイットも大外だが、漁夫の利狙い。

 

金沢5R:◎アザミジョウ〇バーンザブリッジ
3連勝中のアザミジョウ。非力で脆さを抱えるが、基礎SPは段違い。単騎逃げに持ち込められれば。
ディアライドオン、バーンザブリッジは内に潜り込むしかない。叩き2走目のハクサンシップも同様に。

 

金沢6R:◎アースグロウ〇ロイヤルソード
アースグロウは道悪&砂被りを苦にせず。トミケンフィーナは前走:勝ち馬に上手く乗られた分。ロイヤルソードとの先行争い。何れが勝ち切っても、崩れても可笑しくない。間隔を空けてきた③と⑦に期待を。
デルマオタイとフォーチュンカムズは漁夫の利狙い。共に出遅れなければ、上手く内外を使えそう。

 

金沢7R:◎メイショウフレイヤ〇パープルヒストリー
メイショウフレイヤが転入2戦目。行きっぷりの良い馬で揉まれない外枠。スムーズに先行出来れば。
パープルヒストリーは転入初戦。小柄だが良い末脚を使う。エイトワンダーとブラストは内に潜りたい。イノレンジャーは惰性で残したいが、パープルorブラストの捲り差しは受け止めきれなそう。

 

金沢8R オッズパーク杯:◎ラストマイア〇ナガラリバー
ナガラリバーは先手を渡さず、そのまま馬也で4連勝。単に能力の差。中央時は揉まれ弱さを見せており(勝ち時計的に)B2級以降は安心できず。ミスターエックスとの先行争いになるが、向こうも調子は良い。
ラストマイアは出遅れ懸念。しっかり脚を使えて、時計の掛かる馬場は悪くない。①④も有力どころ。

 

金沢9R:◎ヴレorステイクロース〇メガンテ
ティアマトとメガンテの先行争い。特に後者は(特編だが)メンバー揃わず、何とかものにしたいが……
ヴレとステイクロースに期待を。前者は今の馬場なら。後者は"待望の"内枠を引く。共に馬体重&状態を見たい。メガンテが(B着効果か?)前掛かりになっている分、ある程度厳しい流れなら差し易そう。

 

北國王冠
◎ヒストリーメイカ
〇ムーンファースト
▲メイジン,クラールハーモニー
△トウシンイーグル,マイネルリボーン,スーパーノヴァ
メイジンの出来次第。仮に競る展開でも、ヒストリーメイカーは先行したい。中盤:弛むと、各馬早目に動き出しそう。今年の遠征馬は骨っぽいし、(トップスピードで見劣るが)タフな長距離馬が揃った。
ストリーメイカーは(スタートなど)課題を残す。前走:時計の掛かる馬場を熟して、A1下級~A2特級は通過点の走り。休養明け後は砂煙を被った程度で集中力が落ちない*1。メイジンと上手く付き合えるか?

ムーンファーストは前走:完璧に乗り、マイネルリボーンの"良い目標"にされた。2走前も勝ち馬を捕らえ切れず、3走前は鼻出血明け*2。とはいえ(同型の他馬より)外枠は厳しい。スタート不安を克服すれば。
メイジンは出来次第。非常に渋太いが、無理する必要は無い*3。クラールハーモニーは内外の出し入れ。出遅れる可能性が高く、乗り方一つ*4。トウシンイーグルも内差し狙い。何れも距離延長は合いそう。

スーパーノヴァは(園田時より)色々好転してきた。マイネルリボーンも漁夫の利狙い。共に連下なら。
南関B級で勝てそうな◎〇▲を重視しつつ、西日本A級で戦えそうな△を押さえる。かなりの混戦模様。

 

 

*1:追い切り上々。かなり乗り込んでいる。

*2:軽め調整。そりゃ大雨の中、無理をして巻き返す必要がない

*3:柔らかい走りは健在も、本調子に非ず。来春くらいに再ピークが来れば……という感じか。

*4:内伝いで勝ち上がってきた印象。小柄で長く脚を使える馬。追い切りの動きは良い。