『雑感』

稀に更新します。

道営記念 2018年

 

 

さて、平成最後の道営記念。門別シーズンの最終日である。

道営記念は「外国人騎手を買うレース」という認識。モエレビクトリーで一人旅を演出。レオニダスで直線一気。グランプリブラッドで金星。"世界の"L.ハットーリを買わずして、門別シーズンは終わらない。

吉田稔が引退して久しいが……今年は吉原不在。代わりに川原御大が参戦する。総決算に相応しい。
いかなる大本命馬があっても、彼らに本命印を打ち、馬券を買うだけだ。正に迷信、というより妄信か。

少なくとも、瑞穂・旭岳賞時より馬場は重い。過去の戦績を信じ過ぎたら、痛い目に合うのでは?

 

 

道営記念
◎ドラゴンエアル
〇スーパーステション
ハッピースプリント

△タービランス,タイムビヨンド,ステージインパク
スーパーステション支持を表明するか。対抗に名乗りを上げるか。少なくとも"一騎打ち"では倒せない。田中淳司厩舎が4頭出し。スカイロックゲートを鉄砲玉に使うか?1F長くなる点は競り駆けやすい。
これまで自ら厳しい流れを作ってきたが、終始外:競り駆けられる展開は無い。付け入る隙は十二分。

叩き3走目タービランス&ハッピースプリント。そして、ドラゴンエアルは"世界の"L.ハットーリ。
後列にタイムビヨンドとステージインパクトが控えており、虎視眈々と"漁夫の利"を狙っていそうだが、中途半端に行き切ると(中途半端に)崩れるだけだろう。消極策ではなく、真っ向勝負を期待したい。