『雑感』

稀に更新します。

アイビスSDとクイーンS 18年予想

 

 

超短縮版。台風に地震に猛暑に皆様お気を付けて。

 

 

アイビスSD
◎ダイメイプリンセス
▲ラインスピリット,ラブカンプー
☆アペルトゥーラ,レジーナフォルテ
△カラクレナイ,ペイシャフェリシタ,アクティブミノル,ノットフォーマル

◇新潟は(例年通り)張り替え作業とエアレーションを施行。芝の生育も間に合い、速い時計が出る馬場。風の影響は少なめ。基本「スピードが問われる」ため、誤魔化しが効き難い。特に内回り戦は外を回すと勝負にならず。近年の直千は"速力の底上げが顕著"。ある程度「基礎SP」「機動力」の高い馬を狙う。
コース形態上、大半の馬がラチ沿いを取りに行く。外枠有利も「より基礎SPor機動力」が求められる。

ダッシュ力のあるアクティブミノルやベストマッチョが外に切りこんでくる。ラインスピリットとラブカンプーは確実に発馬を決めないと、大きく出遅れそう。後は外枠勢の出方次第だが…
例年「(丁半だが)差せるタイプ」を本命にしているが、その最有力候補が現在1番人気で辛いところ。

ダイメイプリンセスは体つきが良くなり、昨夏以降の成績上昇中。直千2勝時は其々"強風と道悪により、時計の掛かる条件"。TR:D,E相当と強調し辛いが、上がり最速の走りを見せた。スピード感こそ無いが、基礎SP面は優秀。平坦な発馬地点に戻るのも好材料かなと。但し機動力不足(詰め甘さ)は懸念しておく。大跳びでダラっと末脚を使う馬で、左回りが合う。前走の負けを得意条件で取り返したい。

アペルトゥーラも直千巧者。昨年3連勝は"道悪条件:E相当"に"高速条件:B相当"と適性の高さを見せる。上がり最速の末脚を使えているが、他条件で未通用な点は気がかり。マツリダゴッホ産駒は直千優秀で、休み明けから戦える(追い切りも良い)。外目の枠から気合を付けて、先行馬を捕らえ切れるか。
カラクレナイも枠微妙だが、復調気配の4歳牝馬。短距離戦で上がり優秀。ローエン産駒も直千優秀。

ペイシャフェリシタの大外枠は"前走と意味合いが異なる"。大跳びで広いコース向き。終いに徹するのは必然で、故に後半捌けるか。隣横のブロワにも目は行くが、騎手成績と外条件で過剰気味に映る。
後は先行馬の取捨。アクティブミノル(最内,テン○)、ベストマッチョ(初芝,内,テン○)、ラインスピリット(直線○,二の脚)、レジーナフォルテ(昨年3着,前走TR:B相当)、ラブカンプー(3歳牝馬,軽体重)辺りを。

ラインスピリットは安定株。前走は"らしい不利"を受けながら0秒3差。昨年と異なり、外目の枠を引く。ラブカンプーは小柄な3歳牝馬。前走も(時季変更の影響はあるが)高速条件で15年フィドゥーシア、14年ラインスピリットに通ずる粘り込み。一昔前の好走タイプ。レジーナフォルテも昨年と似たローテだが、前走:走破時計を1秒縮める。鞍上は割り引き。3頭共に発馬を決めて、持ち前のスピードを生かしたい。

レッドラウダは直千巧者も重賞で物足りない内容。ナインテイルズも惰性で残す先行タイプで、それならノットフォーマルアクティブミノルに期待したくなる。但し外枠なので、好位置を取りやすそう。
今年は台風の影響で風が強そう。直線・差し辛い馬場なら、先行馬セットも押さえておきたい。

 

 

クイーンS
◎リバティハイツ
ソウルスターリング
▲ツヅミモン,トーセンビクトリー
△フロンテアクイーン,アンドリエッテ,ハッピーユニバンス

札幌記念と異なり、1~2角までの距離が短い。大きく緩やかなカーブと平坦コースから厳しい競馬になる。近年は高速化が進み、特に開幕週は内有利。淡々と運べる先行馬と上がり性能の高い馬を狙う。
リバティハイツが定石。斤量も手ごろで切れ味鋭い馬。後は鞍上が馬群に詰まらなければ。
ソウルスターリングの復活、ツヅミモンとトーセンビクトリーの粘り腰に期待しつつ。
但し重視する馬がパドックで気性面に(輸送など)不安あるなら、買うのをやめます。