『雑感』

稀に更新します。

ジャパンダートダービー 2018年 予想

 

 

簡略版。今年の3歳ダート戦線は強いと言われているが…実は真打ちは未だ登場していない気もする。

下級条件を見ていると、砂煙が凄い。散水を行っても「乾いた良馬場」は変わらない。
雨風の影響は少ないため、上級条件は引き続き"再加速"勝負。先行馬は息を入れて、突き放すしかない。逆に(極端な)差し馬でも、上がり性能と持続力が優秀ならば、展開次第で残り1F差し込めるチャンス。

インは「前開催より」使い辛く、埒に固執する必要は無い…という感じ。前を向けることが大事だろう。(前開催に続いて)残り1Fの時計が掛かっており、外回りで逃げ・先行馬が残すには、中途半端な末脚だと最後届かない。前走・惰性で残れた先行馬や、好位置からハマった差し馬は過信しない方が良い。

 

ジャパンダートダービー
◎グレートタイム
〇ルヴァンスレーヴ
▲テーオーエナジー,オメガパフューム
△クリスタルシルバー,ドンフォルティス,ハーベストムーン

テーオーが岩田騎手。ハーベストが戸崎騎手。この2頭が無理に押し上げないなら、スローを考慮する。クリスタルシルバーは反動次第だが、ルヴァンスレーヴとグレートタイムも後手に回りたくない。

◇ルヴァンスレーヴの難点は言うまでもなく。前走TR:C相当だが、超高速馬場で"B相当に近い"好時計。段違いのスピード能力を見せた。2走前も(ドンに惜敗も)TR:C相当で走れている。上手く末脚を溜めて、直線外に振りたい。余程揉まれ弱い場合や、後方に置かれた場合は諦めが付く。輸送負担も少ない。

◇ドンフォルティスは展開と条件が良さそう。完成度は高いが、詰めの甘さと地の軽い馬場に疑問あり。ハマった前走(ルヴァンスより楽な)以前も良い末脚を使えており、鞍上の位置取りと捌きに期待したい。
テーオーエナジーとハーベストムーンは出方によりそう。中盤上手く緩めて「再加速」に持ち込んでも、最後止まる可能性は高い。基礎SP面は優秀だが、追い攻めると脆そう。しがらき調整の後者は盲点か。

◇グレートタイムを再考する。(この厩舎らしく)本格化は先々。出足の鈍さと詰めの甘さが解消するまでは"漁夫の利"作戦に徹するしかない。時計の出る条件+右延長内替わりは好材料だし、追い切りも良い。4度目の騎乗となる鞍上&調教師が「無策」で挑む訳がなく、後は発馬面と地方の砂が合うかどうか。

◇クリスタルシルバーは厳しい条件も鞍上が企みそう。オメガパフュームは(外枠で好成績も)枠が遠い。古馬1000万級(高速)を完勝しているが、他馬も強い。課題も少なくない。連戦も気がかり。

ある程度流れるなら、JRA馬の好位~差し馬が台頭しそう。グレートタイムorオメガパフュームの末脚。
緩い展開なら、ハーベストムーンorクリスタルシルバー。それでも残り1F粘り通せるかは微妙そう。
ルヴァンスレーヴに関しては「当てにいく」なら馬券に入れる。「勝ちに行く」なら逆らう感じかなと。