『雑感』

稀に更新します。

ラジオNIKKEI賞 CBC賞 日本海スプリント 2018年 まとめて日曜日。

 

 

愛ダービーに出走した(ディープ産駒)サクソンウォリアーは3着惜敗。道中掛かり、大変そうでしたね。
それでも中距離~マイル前後の距離で巻き返せそう。秋口の引退までにもう一つGI勲章が欲しいところ。

 

梅雨に入るも、晴れの日が続く。但し函館競馬場は雨の影響で、道悪条件となっている。
開幕週らしい「速い時計の出る」条件。昨年は芝の張り替え作業(3,4角内・発馬地点)とエアレーションが早い時期に行われ"内有利"の傾向。今年はシャタリング作業が行われて、多少は違うと思われていたが…

芝の密度が高く、乾いた天候も影響したのか。中距離戦は力の有る先行馬&内を使える先行・差し馬を、短距離戦は逃げ馬+高速向きの(内を使える)差し馬を狙いたい。パワー型SS系&高速型ND系血統に向く。
福島1800m戦は起伏の激しいコース。中盤・息を入れたいが、長く末脚を使える馬を重視してみる。

 

 

ラジオNIKKEI賞
◎メイショウテッコン
〇イェッツト
▲キボウノダイチ,フィエールマン
△マイハートビート,シセイヒテン,ロードアクシス,グレンガリ

ケイティクレバー(主戦戻&短縮)とメイショウテッコン(揉まれたくない)の脚力が優りそう。次点7,8,11。ペースの厳しい展開を想定しにくい。中盤緩んで、早目に差し馬は動く必要があり、極端な馬は辛そう。軽ハンデ戦を活かし、シセイヒテン・エイムアンドエンド辺りが積極策を取る可能性も考慮したい。

◇メイショウテッコンは斤量56kgだが、基礎SPと状態の良さに期待したい。短期外厩⇒追い切り2本も急仕上げ感はない。前走は楽に進めたとはいえ、長く末脚を使えている。ダッシュ力では瀧本に劣るが、二の足が速く(内枠に入り)包まれたくない松山騎手は出して行けるはず。後は気性面の操縦に尽きる。

◇イェッツトは気性若くダラっと末脚を使う。一戦毎に成長を感じるが、身体面&精神面は幼い。2走前の様に誤算が重なると苦しい反面、高速条件と厳しい展開は問題無さげ。包まれない枠順を活かせれば。
キボウノダイチの前走は減量効果。ペース補正が入る展開でTR:C相当(タイム差-)を叩き出した。3走前もスロー逃げからTR:B相当の2着。厳しい展開は未知数だが、開幕週の超高速条件は良い。後は鞍上次第。

◇フィエールマンは長く末脚を使える馬。前走TR:B相当の1着。中盤息入れた方が良い。気性面と足元のケアに尽き、ゲート試験を重ねても発馬面は心許ない。直線・上手く外に振れれば。当日の状態を見て。
マイハートビートは内を掬いたい。併走遅れも状態上向き。鞍上替わりで期待大。ロードアクシスは詰まりそうだが、長く末脚を使えれば。グレンガリーは大外枠が痛い。シセイヒテンも古馬とやれるなら。

 

 

CBC賞 
◎アレスバローズ
〇ペイシャフェリシタ
▲ダイメイフジ,ワンスインナムーン
セカンドテーブル,フミノムーン,レーヴムーン,6,13,18
開幕週の超高速条件。芝は(1200m戦は行われていないが)SS系とキンカメ系の天国になる。1200m戦は起伏激しい条件。粘り強い先行馬と地力ある差し馬が好相性。故にリピーターも多い。昨年2,3着に粘るアクティブミノルセカンドテーブルは(内枠に入った)トウショウピストなど、要警戒馬が揃った。

◇差し馬は「GI級の地力」がないと厳しい。ダイメイフジとペイシャフェリシタは試金石の舞台。
アレスバローズを狙ってみる。近3走は内詰まり・外回しと悲しい展開で4,5,12着。背腰が甘かった若い時期も過ぎ、前主戦も降ろされて"本格化"。川田騎手の餞別勝利としたい。十分通用する素質馬では?

◇ペイシャフェリシタも本格化。超高速条件で勝ち鞍あり、大跳びで広いコース向き。外回さなければ。アサクサゲンキも一本気な馬。外先行出来れば粘り強そうだが、調子の悪い397,6勝騎手だけに…
ダイメイフジは併走遅れと凡走傾向が分からない。重賞級の馬だが、ある程度の位置は取りたい。

◇不気味なのは漁夫の利狙うナリタスターワンと中1週参戦のワンスインナムーン。位置を取り切れば。アクティブMとセカンドTも押さえたいが、それならフミノムーンとレーヴムーンも塗っておく。
特にレーヴムーンと荻野極騎手に頑張って欲しい。先日引退した、ガンと闘っている大下元騎手の分も。

 

 

金沢10R 日本海スプリント:◎グランパルファンorジッテ
ランパルファン対ナガラオリオンのはずが…百万石賞からジッテ参戦という。テンは割と速い。
ここを目標に仕上げてきたグランパルファンと基礎SP優秀なジッテ。どちらか一矢報いても良いはず。ナガラオリオンが纏めて潰す展開なら、カティサンダとロワゾブルーの出番。とはいえ、サレス大丈夫?

 

 

金沢3R:◎ヤマミライオンorゴールドレン
注目の新馬戦。昨年はカイジンファルコンの逸走であわや大事故だっただけに…先ずは安全第一。
能検の動きはシリウスシリアスとケイコクノビジン。ヨレながら伸び欠くヤマミライオンと出遅れて外回したゴールドレンの逆転に期待する。前者は緩さを感じる。後者は発馬を決めたい。当日の状態次第か。

 

ちなみに金沢の能検一番時計は、ワンモアグローリー(トゥザグローリー産駒)。ケージーキンカメ半弟。
こういう縁のある馬が結果を残してくれると面白いんですが、馬主が興味深く南関移籍も…?