『雑感』

稀に更新します。

宝塚記念 2018年 予想メモ

 

 

混戦模様のグランプリ・宝塚記念。週明けの地震の影響も懸念されたが、無事に開催されそうだ。
2018年上半期を締めくくるGIということで、予想メモを書き残しておく。不確定要素も多いが…

 

阪神競馬場は良い天気。気温も高く現時点では稍重馬場だが、多少の雨なら回復するし、速い時計の出る条件で乾きかけの馬場を想定しているが、土曜開催を見る限り、時計の掛かり方は「異例」という感じ。
早目に雨は上がったし、稍重~良馬場に回復する可能性は高い。それでも「ここ最近では、時計の掛かる条件」に間違いなく、去年と変動傾向が異なる可能性も捨てきれず、7R~8R辺りまでは様子見とする。

 

阪神2200m戦は特殊コース(内回り+非根幹+坂×2)のため、パワーと持続力が問われる展開になり易い。京都(2200mより)2000m、中山2200m、中山2500mで好走した馬と相性良く、人気の盲点を突きたい。
スタート地点が下り坂⇒上り坂で、向正面が平坦コース4角。テンの遅いor外枠の先行馬が息入れ辛く、後方一気に賭ける馬も追走に手間取る印象。中途半端な馬は過去馬券になっていない。要は"地力勝負"。

 

ノーブルマーズとサイモンラムセスの逃げ濃厚も(有力所の先行勢に限らず)サトノクラウンやキセキまで好位前後を狙ってきそう。超スロー中弛みは有り得ないと思うが、どの馬が「奇襲」を仕掛けてくるか。
アルバートゼーヴィント辺りは動き欲しいし、サトノダイヤモンドが動く可能性も考慮したい。
16頭中6頭が"NFしがらき"調整。遠征帰り組、春天惨敗組、サトノダイヤモンドと香ばしい面々だが…

 

ストロングタイタンが悩ましい。前走・鳴尾記念のレコード勝ちは「むしろ盲点」になるかもしれない。楽な形だったし、デムーロ騎手だから成せたのも言えるが…道悪でも好走しており、力の要る馬場条件が合うと見ている。Distorted Humor系は"エンドスウィープよりパワー過多"の印象。ミスプロ&ダンジグ配合からも切れ味不足は否めない。そういう意味では宝塚記念向きではないか?馬体も良化しているし、追い切りも悪くない。内伝いの競馬で着取り狙い。ペース緩い競馬や出遅れが無ければ。

 

過去データから「ディープ牝馬」人気も理解できる。上記の通り京都(2200mより)2000m、中山2200m、中山2500mで好走した馬が2頭。ヴィブロススマートレイアーは押さえておきたい。前者は東京向きと思われがち。全姉同様のムラ馬で(末脚を活かしづらい)前哨戦を除いては優秀な成績を残している印象。追い切り時計も降雨直後を考慮すると問題なし。乾きかけの(水分飛んだ)馬場なら地力で押し切れる。
スマートレイアーは盲点だが、総合力型という印象で一歩足りない。前走は良い脚を使えていた。発馬を決める必要こそあるが、思い切りある松山騎手なら。外目の枠だが、3列目に押さえて損はない。

 

ワーザーをどうするか。頓挫の影響で過密ローテになるが、香港馬特有ので不安はない。欧州感ある血統だが、ヌレイエフ&ダンジグ配合で非根幹巧者らしい。軽い馬場だとタイムワープ辺りに完敗している。後は馬体重が戻っていれば。究極の仕上げなら全盛期の走りを期待出来そう。ボウマン騎手も心強い。

 

サトノダイヤモンドは長く末脚を使える馬。2走前は前を捕らえ損ねるも、上がり性能は衰えていない。前走は内枠スロー展開で何も出来ず。中間は(坂路など)工夫を凝らしており、後は動くタイミングだけ。
但し敗因が身体的か、精神的か、条件面か…少しハッキリしない。内枠&道悪も懸念材料になりそう。

 

キセキは良い馬だが…エンジンの掛かりと気性面に課題あり。近2走は「約束が反故」になってしまう。中間調整も密に行い、単走一杯の追い切り。大外枠を引いただけに好位取り&直線捲りを決めたい。
昨年の覇者サトノクラウンだが、ドバイ帰り&精神面の克服次第に。1週前~直前追いで仕上がった点は凄い。乗り慣れた鞍上とはいえ、揉まれ弱さの解消と当該コースの立ち回りは「得意ぶると」難しい。

 

パフォーマプロミスは体質改善と共に台頭。力強い馬体と末脚を持ち、操縦性も高く評価されている馬。2走前は緩い展開で、時計の掛かる条件も苦にせず。前走も好位から長く末脚を使えていた。底見せず。
但し藤原厩舎×戸崎騎手とステゴ血統で、オッズが過剰気味。それでも心肺機能と追い切りは良い。

 

ダンビュライトは道悪&非根幹延長の好条件。前走は馬体重減と勿体無かった。乗り慣れた鞍上に戻り、追い切りも遅れ気味(動き自体は良いのだが…)だが悪くない。立ち回り一つだが、好走条件は揃う。
ミッキーロケットも同様。但し(平坦&中盤緩む)京都非根幹の方が向いている。追い切り時計も良いが、急仕上げ感は否めない。乾きかけの馬場で内枠を引いた点は幸運。こちらも流れ一つで面白そう。

 

以上より、伏兵陣を狙いたいが…最後は馬場の回復傾向とパドックを見て買い目を決めたい。
ストロングタイタン、ヴィブロス、ワーザー、パフォーマプロミス、ルーラーシップ産駒を重視したい。
サトノ2頭は課題多いが…一応「ダイヤモンド優勢」かなとは思う。個人的には新星誕生を期待する。