『雑感』

稀に更新します。

百万石賞 2018年 予想

 

 

ワールドカップといい、AKB総選挙といい、ラストアイドルといい、何かと話題の消耗が激しい日本。
その裏で厄介な法律が可決されたり、深刻な社会問題が浮き彫りになったり、何かと見逃されがち。
目を凝らしながら、広い視野を取りながら、平成最後の梅雨時を過ごして行きたい。そんな、この頃。

金沢競馬場は春の大一番・百万石賞。今年は波乱含みの面子が揃った。ゲストも豪華で楽しそうだ。 

 

砂補充後(水曜)に降雨はなく、時計の掛かる良馬場を想定する。コースの形態上、内前有利は変わらず。勝ち馬は"逃げ先行"。1400m戦は"外回し不利"、1500m戦は"先行馬+内差し"の定型復活も有り得そう。
但し百万石賞は2100m戦とイレギュラー。発馬後の直線距離は長く、先行争いの激化に注意したい。
⇒直線若しくは3~4角が重いのか、逃げ馬すら苦戦している。内2~3列目を立ち回った馬が強い傾向。

この日は高知優駿も行われる。金沢からノブイチが出走するも…未知数な面が多く、苦戦必至か?

 

 

百万石賞
マイネルリボーン
〇メイジン
スプリングボックス,ムーンファースト
△トニーポケット,ディアグリスター,ノースウッド
ジッテの方が出足が速い。メイジンと競る展開になった場合、前者は"砂を被らずに"先手を取りたいが、後者は"厳しい展開でも"先手を取り切りたい。これが2頭+後続に与える影響は頭に入れておきたい。
⇒2周目の1角~向正面が勝負どころ。これ以後に動くと、位置取りの差が出る。(死んだふりの方が良い)

そんな「2~3列目」の争いもムーンファースト(大外&間隔明け)、ディアグリスター(延長&鞍上替わり)、マイネルリボーン(内延長)、マヤノカデンツァ(転入3戦目)、ノースウッド(重賞&鞍上替わり)と熾烈に。馬場状態を考慮しても、内3~5番手を取り切った馬が展開利を得るはず。力差は大きく変わらない。
後方待機策はトニーポケットとスプリングボックス。前者は消耗戦が欲しい。後者は漁夫の利狙いで。 

メイジンは調子上げてきた。昨年もハイペースの消耗戦を粘り込んでおり、ジッテに楽はさせられない。ムーンファーストは間隔を開けて、大外枠から控える競馬も。自分から動く展開は苦手そうだが…
ジッテは基礎SP高く、持ち時計もメンバー随一。同型に競られない(砂を被らない)展開で息入れたい。
そうなると、古豪・マイネルリボーンが相手人気しそう。ここ数戦は脚を計る様な負け方。内枠+延長で動きも良い。但し機動力が低いのと、同じ競馬を狙う馬が多い点は怖い。1列後ろになる可能性も。
ディアグリスターは機動力&持続力に長ける。湿ったダート延長なら、本命視していた。状態は良さげ。

マヤノカデンツァ、ノースウッド、プラチナバディは自分の競馬に徹する。先行力と位置取り面は優秀。
スプリングボックスとトニーポケットは展開次第。前者は漁夫の利狙い。後者は長く末脚を使いたい。
金田厩舎と鈴木長厩舎が競り合っている18年度の重賞戦線。ここは第三の厩舎を(敢えて)重視していく。

 


1R:◎コンノートヒューズ
サンビリングスとトーセンヴェントに金田勢がプレスをかけられるか。コンノートヒューズを再考する。前走は(大勢決していたが…)不満の残る2着。鞍上替わりと内枠+距離を詰めての良化に期待したい。
トサイチとデルマグラッパも叩き良化を望めるが、位置取り面に半信半疑。ヴァイサフォイルも改めて。

 

2R:◎デルマキール
デルマキールの吉原交代は厳しい。この枠と面子なら(発馬次第で)勝ち負け。但し腰の甘さが気になる。
グラスキューティーとサンドーバーの2頭は前走・勝ち馬に虚を突かれる。後者は"妙な"乗り変わり。

 

3R なおや・みさきちゃん結婚おめでとう!杯:◎コントルアタック
井樋厩舎3頭の出方次第か。テンエイリリー畑中は興味深い。ゴールドニコニコも相手的に先行し易い。コントルアタックの調子良さに期待。但し内2列目に付けないと、スズノレイチェルに遅れを取りそう。そのスズノは直線外に出したい。ウラドラブルースも相手関係は楽になるが、如何せん枠が厳しい。

 

4R:◎エムティサラorリュイザン
プレシャスギフトが転入初戦。脚部不安&気性難との戦い。スタート次第の競馬になってきそう。
エムティサラとリュイザンを狙いたい。共に好調継続中。ホーリーバーンとナカザルオーを押さえたい。

 
5R:◎ブラウンアジタートorベネフィットユー
ヤマチョウマグナムの単騎条件。仮にマイネルクロノスが競り駆けて…共倒れは避けて欲しい。ブラウンアジタートは内短縮。ベネフィットユーより前に取り付けたい。ポルカは枠が遠すぎる印象。


6R:◎シンゲキ
シンゲキを防げそうなのは、アイラヴキャンディとユメミルチカラ辺り。外枠勢は強引に行きたい。
サンキューゴッドとプリンセスナナコが内伝いを狙うが、アガタティアラとハーフパンツも工夫次第で。

 

7R:◎ウインドティアーモ
ワキタカスタマーの単騎濃厚。何せ元はB級馬。カミノライデンとハイドロポリスは枠が痛い。
ウインドティアーモは前走・好位追走から手間取る。間隔を明けて2戦目。内延長で上手く立ち回れば。リコリアーノとカジノノーブルは出足が課題。カワキタKもだが、カミノRも残せる余地はある。

 

8R:◎ツヴィンガーorクワイトファイン
ハクサンナチュラルが絶好枠を引くも、アガタピアスとハーモニーゲイリーに主張されると苦戦必至か。とはいえ、ガッテンキャンパスも近走・安定しているが、この内替わりは半信半疑。かなり難しい。
ツヴィンガー、クワイトファインも状態を見て。特に前者は乗り替わり。外々を回さなければ…


9R ビッグゴールドSC杯:◎ミリノカイザー
先行馬が揃った。テンエイハヤブサの出方が気になる。コウユーカゼニノリとパラボラッチョが妥協する様だと、あっさりも有り得るが…ミリノカイザーに期待する。潜在能力は高く、ここも展開一つ。
アンフォルタスは格上挑戦になるが、やはり妥協すると厳しい。とにかく好位後ろを取った馬が強い。

 

11R 古九谷修古祭特別:◎トウショウコマンチorラッキーポイント
何とも隊列読みが難しい。ラッキーポイントに3頭が絡み、ファンタサイズも虎視眈々と差しを狙う。
トウショウコマンチとラッキーポイントは近走・後手に周りがち。この辺りで巻き返して欲しい。コスモタウロスは転厩初戦。浦和よりタフな条件で、同じような競馬が出来るか…それなら既存の2頭を。