『雑感』

稀に更新します。

POG 2018-2019 上位指名されそうな2歳馬メモ②

 

 

さくっと第2弾。人気2歳馬の一言メモを載せておきます。故にPOGドラフトの役には立ちません。

今年は藤沢和厩舎といい、友道厩舎といい、角居厩舎といい、有力厩舎の始動が早い印象ですね。
池江厩舎も割と早い。その一方で、堀厩舎や藤原英厩舎はマイペース。

開幕週の新馬戦では、グランアレグリア・アカネサスらが優勝。特にグランアレグリアの圧勝ですかね。
良い馬だと思います。ただ、ダノンファンタジーも緩い中で上々の走り。今後の成長次第では…。

 

 

◇ラヴズオンリーミーの16(ディープインパクト)  牡  DMM  矢作
⇒よく1億5千万円を出したなー大聖寺と。そこに尽きる。まぁ成長次第で勝ち上がれるでしょう。

 

◇ディラローシェの16(オルフェーヴル)  牡  G1R  戸田
⇒この一族は課題がハッキリしている。久々の牡馬で体つきも良い。心肺機能の褒められ方は良き哉。

 

◇スピニングワイルドキャットの16(ディープインパクト)  牡  ロードHC  中内田
⇒綺麗な馬体だし、入厩後も順調そう。脚元&距離リスクを伴うが、スピード感のある牝系は良き哉。  

 

◇リトルブックの16(ディープインパクト)  牡  猪熊広次  角居
⇒いかにも落札&育成の経緯は「隠し玉」っぽい。問題は何処を勝てるのか?年内に仕上がるのか?

 

◇モシーンの16(ロードカナロア)  牝  シルク  木村
⇒力強い馬体。晩成型で距離適性も短そうだが、良い走りをしている。実は出資したかった1頭。

 

◇ガールオンファイア(キングカメハメハ)  牡  小笹芳央  矢作芳人
⇒"擬似"レイデオロ配合。落札時からの力強い馬体は変わらず。ゲート試験も通り、焦らずとも確実か。

 

◇バランセラの16(ハーツクライ)  牡  小笹芳央  奥村武
⇒初年度から応援している厩舎。遅生まれで完成形は楽しみだが…慌てて仕上げる必要も無いよねと。

 

◇ウィキウィキの16(ディープインパクト)  牡  金子真人HD  友道
⇒兄姉より距離持つのかは兎も角、時間が掛かるかは兎も角、大外れは無いかなと。若駒S狙いなら。

 

◇ヴィアメディチの16(ダイワメジャー)  牡  近藤利一  友道
⇒この父にしては妙にスマートな体つき。厩舎ラインも良いし、半兄も堅実に勝ち上がっている。

 

アイムユアーズの16(ロードカナロア)  牡  ユアストーリー  手塚
⇒ユアの子どもが走る時代とは。面白い配合だし、先の頓挫も札幌照準で影響無さげ。先ずは堅実に。

 

◇リッスンの16(ディープインパクト)  牡  里見治  池江
⇒兄姉より纏まった体つき。それでも完成は遅そうだが、そろそろG1が欲しい血筋ですよね。えぇ。

 

◇リッチダンサー(ディープインパクト)  牝  キャロット  藤沢和
⇒去勢しようのない牝馬で王道配合。今年の藤沢和厩舎は早期始動組が多い。フラワーC狙いなら。
 

 

◇グローバルピース(クロフネ)  牝  山紫水明?  角居
⇒文字列で人気先行する典型例とはいえ、悪い噂は聞かない。良い噂も聞かないが、
堅実に走る血。

 

◇カンビーナの16(ディープインパクト)  牡  島川隆哉  角居
⇒そろそろトーセン×角居組もGIタイトルが欲しい。ゲート試験に合格し、ゆるりと成長に期待する。

 

◇ミクロコスモスの16(ルーラーシップ)   牝  サンデーR  矢作
⇒力強い馬体と兄姉の活躍から、勝ち上がりは確実か。問題は芝かダートか…或いは晩成型か。

 

◇ジョリージョコンドの16(ディープインパクト)  牡  窪田or山本  藤沢和
⇒この血統が「持ち込みは走るのにディープ産駒は走らない」のも今だけか?夏~秋の成長に期待。

 

ヒルダズパッションの16(オルフェーヴル)  牡  キャロット  木村
⇒何だかんだ、上の兄達も全てOP入りしそう。「大型馬のオルフェ産駒」云々で過剰人気しそうだが…

 

レディアルバローザの16(ディープインパクト)  牝  ロードHC  藤原英
牝馬の方が走る血筋ですし、育成も順調そうですし、遅くとも勝ち上がるはず。その先がねぇ。

 

エレクトラレーンの16(ディープインパクト)  牡  嶋田一成  大和田成
⇒二ノ宮先生の置き土産かな?何気に安定感ある血統で、馬格もあり早期デビューも視野とくれば…

 

◇キングスローズの16(ロードカナロア)  牡  (株)NICKS  堀
NHKマイルCの日は割と雨降るイメージ。厩舎的にポカ負けは避けて欲しい。無理もし無さそう。

 

◇ウィルパワーの16(キンシャサノキセキ)  牝  吉田勝己  高野友
⇒速攻系で人気の祖母トキオリアリティー。いかにも短距離馬という感じ。気性が暴発しなければ。

 

◇マイグッドネスの16(ディープインパクト)  牡  ダノックス  萩原
⇒お馴染みのダノン血統。厩舎替わりと空港育成をどう捉えるか…気性的に使い詰め無そうな点は良い。

 

◇キトゥンカブードルの16(ディープインパクト)  牡  フクキタル   藤沢和
⇒力強い馬体で、鈍重さも強く感じない。そろそろクラブ的にも「大当たり」を引きたいところだが…

 

ドバウィハイツの16(ディープインパクト)  牡  社台RH  石坂
⇒馬体の成長次第になるが、牡馬に出て厩舎も「盲点」に感じる。京都新聞杯を狙いたい1頭。

 

◇クルソラの16(ディープインパクト)  牝  キャロット 堀
⇒"王道の"ディープ牝馬。順調そうだが、脚元に不安のある血統。厩舎的にも無理はしないはず。

 

ミスパスカリの16(ディープインパクト)  牡  金子真人HD  国枝
⇒去年も「こういうのを中~下位で…」な人が優勝しているはず。但し"絶望的に切れない"血統。

 

◇シユーマの16(ディープインパクト)  牝  サンデーR  萩原
⇒そろそろ大当たりが欲しい"アルマームードの塊"。厩舎替わりで…余計に数を使わないかも。

 

◇クロウキャニオンの16(ディープインパクト)  牝  金子真人HD  堀
⇒母の活力云々より、体質面と脚元が気になる。厩舎的にも無理しないはず。スイートピーS狙い。

 

◇ジュモーの16(キングカメハメハ)  牡  キャロットF  池江寿
⇒よく見せる血統なのもあるが…気性面の操縦さえ効けば。今期の人参で出資したかった1頭。

 

◇スノースタイルの16(ディープインパクト)  牝  LEX  奥村武 
⇒遅い上に馬体重は軽い。でも、それで嫌われるなら盲点では?雰囲気ある馬体だと思う。

 

◇マラコスタムブラダの16(ブラックタイド)  牡  野田みづき  音無
⇒正直「ミッキーの隠し玉」は狙い疲れた。こういう時に当たりが来るんだろうなぁ…とか(笑)

 

◇サロミナの16(ディープインパクト)  牡  シルク  池添学
⇒何気に安定して走る血統。牡馬に出て馬格(太め?)もあって、確変するなら同馬かも。仕上がれば。

 

◇ウィステリアアーチの16(ディープインパクト)  牡  山紫水明  中内田
⇒ここ2年"隠し玉"だったから、そろそろ大化けしてもとは。ゲート試験は合格済み。後は情報待ち。

 

◇ウィンターコスモスの16(ディープインパクト)  牝  金子真人HD  池江寿
⇒王道のディープ牝馬。勝ち上がり率は高いし、池江厩舎なのが嫌われるなら。押さえて損無し?

 

リップルスメイドの16(ディープインパクト)  牡  ダノックス  高野友
⇒これもダノン×三嶋×ND育成。入厩済みで人気必至だが、全姉の様に前向き過ぎ無ければ。

 

◇メイキアシーの16(ディープインパクト)  牡  廣﨑利洋HD  藤原英昭
⇒これが困るタイプ。ディサイファ級に走って欲しいけど、期間内は無理されても、ねぇ…

 

◇チェリーコレクトの16(ディープインパクト)  牝  キャロットF  石坂正
⇒ふっくらした体つきの印象だが、北海道で使えるなら面白そう。POG的には盲点の1頭かなと。

 

◇ガーネットチャームの16(ロードカナロア)  牡  サンデーR  鹿戸
⇒とにかく順調そう。配合的にも、追い切りからも、人気先行型の一角。前向きさが空回らなければ。

 

◇ペルヴィアンリリーの16(ジャスタウェイ)  牡  三田昌宏  高橋忠
⇒ゲート試験に合格済み。一つ上も勝ち上がり遅いが、まぁ順番でしょう。早く使える時点で妙味。

 

◇フラーテイシャスミスの16(ゴールドアリュール)  牡  レッドマジック 金成
⇒ダート短距離型の体つき。2歳~3歳時は距離持つ…のだろうか?園田重賞を狙いたい1頭。

 

◇ウェイクミーアップの16(オルフェーヴル)  牡  サンデーR  国枝  
⇒順調そうだが…少し思う所はある。馬格の面で嫌われるなら、むしろ指名したい系。早期組だし。

 

◇レディスキッパーの16(ヴィクトワールピサ)  牝  亀井哲也  田村
⇒こういうヴピサ配合が好き。動きも良いし、府中も得意そう。後は脚元がねぇ。厩舎的にも。

 

ショウリュウムーンの16(オルフェーヴル)  牡  上田瓦  佐々木晶
⇒初年度産駒から良い馬が生まれた印象。距離適性は短そうだが、気性面が褒められている点は良い。

 

◇タイムトラベリングの16(ディープブリランテ)  牡  サンデーR 杉山
⇒みんな大好きAlzaoクロス。力強い体つきも良い感じ。高校生の時の僕なら上位指名だった。

 

◇ペイトンドーロの16(ディープインパクト)  牡  金子真人HD  奥村武
⇒金子馬の早期組。王道ディープ系で動きもまずまず。一度使って飛躍する可能性もありそう。

 

◇スカイディーバの16(ディープインパクト)  牡  キャロットF  藤原英
⇒この血統は体質面が辛い。厩舎的にも無理はしないはず。それでも期待は大きい。頑張れ。

 

◇モルガナイトの16(ルーラーシップ)  牝  サンデーR  池添学
⇒力強い馬体で順調に育成過程を経ている。安定して走る血統だが、少し緩々な点は気がかり。

 

◇ディヴィナプレシオーサの16(ディープインパクト)  牡  雅苑興業  西浦
サラサーティー先生の高いお買いもの。P.マークセンみたいに息長い活躍をするタイプかも。

 

◇アビラの16(ハーツクライ)  牡  キャロット  池添学
⇒ゲート試験に受かり、そのままデビューする予定。緩さが解消されれば、十分勝ち上がれそう。

 

◇プリモスターの16(ロードカナロア)  牡  シルク  矢作
⇒これも出資段階で人気だった。頓挫の影響は少なそうだが、大型馬特有のリスクを回避出来れば。

 

◇クライフォージョイの16(スクリーンヒーロー)  牡  キャロットF  奥村武
⇒セレクションS落札組。遅生まれだが、順調に育成過程を経ている。気性次第だが、出資したかった。

 

 

後は気が向いたら、気になるラインや種牡馬メモを書き残すかも。どうせ使わないし、無意味ですが。
ちなみに金沢競馬の予想ですが、暫くお休みしております。百万石賞の日は書く予定です。