『雑感』

稀に更新します。

POG 2018-2019 上位指名されそうな2歳馬メモ①

 

 

今年もPOG休止中なので、気になった馬の一言メモだけ載せておきます。

ディープインパクト産駒、ロードカナロア産駒、オルフェーヴル産駒、ハービンジャー産駒などが多い。新種牡馬ジャスタウェイ産駒も人気を博しています。早い時期の移動や厩舎方針で取材出来ない馬も。
また「非社台のディープ産駒」「ND系の非主流血統」「新興勢力」を指名する流行があるようですね。

今年は母GI馬や、兄姉が活躍した馬の関係者評が良い気もします。躊躇なく獲り易いが、被りやすさも。
個人的に競走馬の早期デビューは思う所があるので、POG的には面白くても、昨今の風潮は複雑です。

 

シーザリオの16(ロードカナロア) 牡 キャロットF 角居
関係者の評判は一番良い。上の姉より背中~腰のラインは好み。NHKマイルCには出走していそう。

 

◇ラドラーダの16(ロードカナロア) 牡 キャロットF 藤沢和
⇒兄姉より屈強な体つき。適性距離は短そうだが、気性面と走法の評判を聞くと、期待はしたくなる。

 

ヴィルシーナの16(キングカメハメハ) 牡 佐々木主浩 友道
⇒噂の"和解となる馬"。何となく品があり、夏頃までに鍛えれば「友道四天王」入りもありそう。

 

スタセリタの16(ディープインパクト) 牝 社台RH 藤沢和
⇒超良血配合。いかにも「社台産のディープ産駒」っぽいが、逆に良い気もする。何もしないことが。

 

◇タピッツフライの16(ディープインパクト) 牝 サンデーR 藤沢和
⇒厩舎の先遣隊長になるが、府中コースは合いそう。母も仕上がり早く、息長い活躍をしていました。

 

プラウドスペルの16(ディープインパクト) 牡 サンデーR 藤原英
⇒馬体重が増える。完成は遅そうだが、全兄も重賞を勝てそうだし、後は似てない部分を評価すべきか。

 

◇アドマイヤテレサの16(ジャスタウェイ) 牡 近藤利一 須貝尚介
⇒兄姉と異なり、いかにも走りそうな感じ。何せ「父にそっくり」と評判。新潟デビューも視野にあり。

 

◇シルヴァースカヤの16(ディープインパクト) 牡 キーファーズ 池江寿
⇒この一族は脚元との戦い。一つ上より、オリハルコンらに似ている。無理せず、長い目で応援したい。

 

◇ミスアンコールの16(ディープインパクト) 牡 金子真人HD 藤原英
⇒ダービー馬の全弟になるが、個人的には「堅実に走る血統」という感じ。中~下位で欲しい感じよね。

 

◇マルペンサの16(ディープインパクト) 牡 里見治 堀
⇒この血統は気難しさとの勝負。一つ上とは似ておらず、厩舎も変わっただけに"新起動"といきたい。

 

◇ミスエーニョの16(ディープインパクト) 牝 サンデーR 堀
⇒天栄の期待馬。力強い馬体で体重と気性面も信頼出来そう。まぁ厩舎が信頼出来ないですけどね。

 

◇イルーシヴウェーヴの16(ディープインパクト) 牡 里見治 池江
⇒牡馬に出て、馬格が大幅アップ…し過ぎじゃないか。3歳未勝利戦で初出走を迎えてもおかしくない。

 

ジェンティルドンナの16(キングカメハメハ) 牝 サンデーR 石坂
⇒初年度から評判上々。体重が増えてきて、体幹がしっかりしている的なコメントも好材料なのかなと。

 

◇サミターの16(ディープインパクト) 牡 ダノックス 池江寿
⇒骨太そうな馬体で既に入厩済み。真っ直ぐ走って欲しい点と、海外向きっぽい配合は悩ましい限り。

 

◇ロベルタの16(ディープインパクト) 牡 近藤英子 音無
⇒こちらも入厩済み。もう少し馬体重は欲しいが、早い始動は好感持てる。後は厩舎がね、どうかね。

 

◇ライフフォーセールの16(ディープインパクト) 牝 ダノックス 中内田
栗東での動きは無問題。元々距離は持たない血統だと思うし、逆に言えば「朝日杯向き」かも、とは。

 

ホエールキャプチャの16(オルフェーヴル) 牡 ビッグレッドF 畠山吉
⇒今年の"英ダービー候補"。馬体重&脚元には目をつぶり、動きの良さと総帥の夢にかけたい。

 

◇プリティカリーナの16(オルフェーヴル)  牡  KTレーシング  大久保龍
⇒入厩後も好時計を連発し、開幕週勝利を狙う。兄姉と異なり、過度に脚元と体質面は気にしなくても。

 

ライラックアンドレースの16(ディープインパクト)  牡  サンデーR  手塚
⇒全姉より雄大な馬体。育成過程も悪く無さそう。関東入厩になるが、堅実に走ってくれるでしょ。

 

ドナブリーニの16(ディープインパクト)  牡  サンデーR  国枝  
⇒小柄で体力面と体質は課題になりそう。少し物足りない(鹿みたい)方が成功する血筋ですしね。

 

◇スカーレットの16(オルフェーヴル)  牝  近藤英子  角居
⇒均整な体つき。厩舎が変わり、じっくり鍛えて強くなりそう。気性面は動かしてみないと分からない。

 

レーヴドスカーの16(ロードカナロア)  牝  シルク  斉藤崇
⇒兄姉よりも丈夫そう。小柄だが、ゲート試験は合格済み。マラソン景品+血統的にも堅実に走りそう。

 

ダンスインザムードの16(キングカメハメハ)  牡  社台RH  松永幹
⇒手術明けと情報の少なさは怖いが、ようやく指名し易い配合&人気になった。距離適性は短いはず。

 

クィーンズバーンの16(ロードカナロア)  牝  林正道  浅見
⇒この厩舎の追い切りは信頼出来ないが、サングレーザーに食らいつく。開幕週出走が逆に悩ましい。

 

◇スカーレットベルの16(ロードカナロア)  牝  キャロット  国枝
美浦で良い動き。ND&天栄の評価も高く、マラソン景品で堅実に勝ち上がりそう。後々ダートでも。

 

◇マジックストームの16(ハーツクライ)  牡  サンデーR  堀
⇒顔立ちが良い。晩成血統だが、素質は高そう。じっくり育てて秋冬デビューか。青葉賞に間に合えば。

 

◇オーサムフェザーの16(ディープインパクト)  牝  サンデーR  友道
⇒兄より分厚く、姉より纏まった馬体。堅実な血で、何かと敬遠されそうだし、早目に獲るのもアリ。

 

マンデラの16(ディープインパクト)  牡  大塚亮一  友道
⇒いわく付きの馬名だが、久々の牡馬で走りそうな配合。王道のディープ産駒だと思う。

 

ブエナビスタの16(キングカメハメハ)  牝 サンデーR 池添
⇒毎年異なるタイプが出てきて、キッチリと勝ち上がる。少なくとも堅実だし、獲る価値はあると思う。

 

◇レ―ヴディソールの16(ロードカナロア)  牝  サンデーR  松下
⇒兄は鈍足過ぎ。馬体重と脚元は引き続き心配。切れ味が増して、力強さと相待つなら。厩舎も上昇中。

 

スイープトウショウの16(ハーツクライ)  牝  シルク  藤沢和
⇒遅生まれで気性面の不安は拭えないが、天栄での動きは悪くない。馬体重も増えてきた模様。

 

◇ミクロコスモスの16(ルーラーシップ)  牡  サンデーR  矢作
⇒半兄がダービーで激走するなど、安定して稼ぐ血筋。厩舎も変わり、今年は人気が殺到しそう。

 

◇ヒアトゥウィンの16(ディープインパクト)  牡  里見治  池江 
⇒下河辺の一番馬。非社台ディープ産駒の人気と全姉の活躍で人気必至。早いデビューも期待される。

 

グルヴェイグの16(ハービンジャー)  牡  サンデーR  角居
⇒今年のハービンジャー産駒は良血揃い。但し情報は少ない。成長次第で楽しみ。意外と盲点では?

 

◇リリーオブザヴァレーの16(ディープインパクト)  牡  社台RH  堀
⇒山元で順調な動き。力強そうな馬体は全兄を髣髴とさせる。ダービーに間に合うかは分からないが…

 

◇アナスタシアブルーの16(オルフェーヴル)  牡  サンデーR  藤原英
⇒やけに始動が早い。かなり馬格もあって、関係者の評判は良い。未知数の配合だが、嵌まれば大きい。

 

◇リアアントニアの16(ディープインパクト)  牝  シルク  角居
⇒大崩れの無い配合だと思うし、動きも悪くない。クラブ的には「走らないと困る一頭」でしょう。

 

ポルトフィーノの16(オルフェーヴル)  牡  サンデーR  萩原
⇒父が変わり、厩舎が変わり、体質面と脚元に改善が見られれば。余計に始動は遅くなりそうだけど。

 

◇ヘアキティーの16(ディープインパクト)  牝  里見治  藤原英
⇒セレクト高額馬で好馬体の印象。情報の少なさと始動の遅さは気になるが、上位で消えるでしょう。

 

ヒルダズパッションの16(オルフェーヴル)  牡  キャロット  木村
⇒気性面は悪くないとか。俄かに信じられないが、一つ上より馬体は好み。厩舎で人気落ちるなら。

 

◇ウェイクミーアップの16(オルフェーヴル)  牡  サンデーR  国枝
⇒雰囲気ある体つき。天栄から入厩して少し減ったが、それ以上に気難しさを見せている点が悩ましい。

 

◇レイズアンドコールの16(ジャスタウェイ)  牡  大和屋暁  須貝
⇒力強そうな馬体。いかにも短~中距離向きで堅実に走りそう。オーナー自ら期待を寄せている点も。

 

◇プリンセスオブシルマーの16(ディープインパクト)  牡  ダノックス  関東
⇒また面倒な配合。母は米ケンタッキーオークス勝ち。個人的には「関東で良かった」とも感じる。


◇シャンロッサの16(ディープインパクト)  牡  石川達絵  角居
⇒三嶋生産×ND育成のディープ産駒。馬格もあり、前姉の活躍からも期待高い。脚元の負担軽減が課題。

 

◇サンデースマイルⅡの16(ロードカナロア)  牡  サンデーR  田村
⇒ND空港でも評判の馬。経歴を含めて"アーモンドアイっぽい"ので、まぁ人気になりそう。

 

◇ヴァレリカの16(ディープインパクト)  牡  S.モハメド  藤沢和 
⇒遅生まれだが、やけに始動が早い。藤沢和厩舎の方針かもしれないが、坂路の動きは悪くない。

 

◇ファーストバイオリンの16(ディープインパクト)  牝  社台RH  矢作
⇒兄姉より体つきはスッキリしている。何気に安定して勝ち上がる兄姉。馬体重も許容範囲でしょう。

 

ラストグルーヴの16(ディープインパクト)  牡  山本or窪田  藤沢和
⇒セレクト高額馬。全兄も勝ち上がっており、少ない情報を逆手に上位指名もあり。後は馬名かな…

 

◇ジョリージョコンドの16(ディープインパクト)  牡  窪田康志  藤沢和
⇒こちらも情報は少ないが、良い評判らしい。もう少し鍛えれば、入厩の話も浮上してきそう。
 
 

◇シーズアタイガーの16(ディープインパクト)  牝  サンデーR  池添
⇒お馴染み「飛ぶディープ」だが、体つきは縮こまっていない。秋までに完成してくれば…

 

第1回は某競馬サイトや某雑誌で人気上位の2歳馬中心。ディープ産駒、誰もが知る良血揃いですね。
逆に「走る可能性を秘めた未知の良血馬」「非主流血統の良血馬」は情報少なくて、何とも悩ましい。
情報過多もアレなので、それくらいの状況下が指名馬探しは燃えるんですけどね。まぁ、やりませんが。