『雑感』

稀に更新します。

石川ダービー 2018年 予想

 

 

相も変わらず、TBSラジオ『アフター6ジャンクション』を殆ど欠かさずに視聴していますが、昨夜のNBA特集は「NFLを取り巻く社会問題を引き合いに出して、NBAを持ち上げる」という一方的な内容。日大のタックル問題があるとはいえ、何よりNBAの特集で、もう少し上手くやれませんでしたか?

NFLの国歌斉唱問題は最悪で、抗議活動すらし辛くなっています。本来は同放送局「荻上チキSession-22」に有識者("ポンコツじゃない方の生島"こと生島淳さんら)を招いて取り上げても良い問題でしょう。しかし、そうした方針ではない。片方の素晴らしさを伝えるため、片方の醜態を取り上げるというだけ。

GSWが表敬訪問を取りやめ、レブロンら現役選手が挙って差別的な政治言動に異を唱え、ジョーダンらOB選手が後押しする光景は"日本が日本なだけに"羨ましくもあり、凄く頼もしい行動なんですよね。
だからこそ、ああいう薦め方はフェアじゃない様な。しつこく"比較"をする必要は無かったと感じます。

何せ『タマフル』にカルチャーを人に薦める難しさを教えてもらっただけに、少し残念でした。

 

日本ダービーの回顧は後程。金沢競馬場は注目の重賞・石川ダービーを迎えます。
とにかく馬場が乾いている。月曜に散水…しても、良馬場かなと。内先行有利は変わらず。

日曜は逃げ馬8勝(10連対)。とはいえ、逃げ馬が定まらないレースばかり。傾向的に仕方ないのですが、どの先行馬も逃げたいし、強引な仕事も出来ない。2,3番手集団の5連対(3着2回)はそう多くありません。以前より(速くはないけど)時計自体も出ています。特にペースが流れると…単純に信頼は出来ないかも。

注目の同厩舎対決。サノイチは藤田騎手続投、サノノツルギは岡部誠騎手が騎乗します。
サマルカンドブルー不在(大敗)は残念ですが、リュウノムーンの転入で少し層は厚くなりましたかね。
なお、この後3日間のB級~C級には特別編成線(近走の成績重視)が組まれています。かなり難しいです。

 

 

石川ダービー
◎サノノツルギ
〇ノブイチ
▲ロンプフェイス,エムザックヒーロー
リュウノムーン,アルファーティハ,マナレア,アイキャッチング

サノノツルギも、ノブイチも、自分のペースで走りたい。故に強引な展開は作らないだろう。
やはりサノノツルギ。近2走の勝ち時計は破格だが、中央でも調教は動いていた。気性面に課題があり、既に去勢済み。その辺りは間隔詰めて心配される。"無敗"という点も買い辛いが、強気に乗って欲しい。

ノブイチは延長云々より展開が嵌まるか否か。前に馬がいた方が集中力は切れ無さそう。直前追い切りも動いており、枠番もベスト。課題は発馬失敗と、4走前の様な強引な仕掛けか。こちらは慎重に。
ロンプフェイスは長く末脚を使える馬。エンジンの掛かり遅く基礎SPも低いため、距離延長&強い先行馬のいる条件は悪くない。追い切り強化が図れており、集中力も増してきた印象。畑中騎手に期待したい。

エムザックヒーローも延長策は悪くないはず。一戦毎に良化しており、脚元の状態も再悪化していない。気性面は課題で、近3走の枠順と展開は最悪だったが、中島騎手は上手く対応していた。まだ上積みも。
リュウノムーンは転入初戦から結果を残す。出遅れと延長策は懸念材料だが、展開と内伝いの競馬で。

アルファーティハは良い末脚を使う反面、追走力に疑問あり。外枠に入り、吉原騎手の腕にかかる。
マナレアも小柄で粘り強い馬。栗原騎手が上手く潜り込めれば。アイキャッチングも内延長は好材料

 

金沢1R:◎シンゲキ▲3,5△4,7,8
シンゲキは発馬後に手こずるが、先手を取り切った後は脚色違った。1400m戦も難なく突破して欲しい。ハクサンシップとウラドラブルースは良い状態をキープ。勝ち馬を見ながら、内伝いで入着狙い。
ゴールドトランシェとクリノロワイアルは発馬次第。それにしても、ロワサーブルは枠に恵まれない。

 

金沢2R:◎エスピオンヌ▲ゴールドシオン△1,3,4,8
ゴールドシオンが単騎を狙えそう。テオドルス、エスピオンヌ辺りと位置争い。何れも番手は避けたい。ディープサミットは連闘策&延長で出遅れは避けたい。ネオジェネラルも鞍上交代は興味深いが…
ゴールドシオン重視が定石とはいえ、エスピオンヌを狙いたくなる。叩き5走目&内替わり延長策。

 

金沢3R:◎ショコラシュクレ▲カワキタグロワール△1,2,4,8
ワキタグロワールの逃げ濃厚。ショコラシュクレとベニバナオンリーが、叩いて競り合いに持ち込む。アトムフェニックスの前走は参考外。相手関係の良化と鞍上面から、ショコラSを狙ってみる。
ワキタGとショコラSは発馬を決めたい。ウインドフェアリーは気難しい。エレスペールという手も。

 

金沢4R:◎インパクトレディー▲8,9△1,5,6
ジャジャとベアトリスがテン速く、イノレンジャーも最内枠から出して行きそう。何れも淡白な先行馬。インパクトレディーも先手を取り切れば、久々に上位進出を狙えそう。ここ数戦は相手も強かった。
ベアトリスは好調子をキープ。ケイジートレジャーも発馬を決めて、好位前後に取り付けたい。

 

金沢5R:◎カネコメハナコヨ▲2,9△1,3,4,8
ゴールデンパレス岡部誠の文字列。ケンロククイーンら先行馬が揃い、厳しい展開も。コウユープリプリとハクサンキャノン(短縮)は差しに回しそう。実力も拮抗しており、本当"流れ一つ"で変わってくる。
カネコメハナコヨは詰め甘いが、他馬を見ながら差せる条件。キングバゴスターも内替わりで再考を。

 

金沢6R:◎アイムホーム▲1,5△2,3,6,7
ロイヤルティーが金沢で復帰戦。アイムホームとコスモエクセレントの先行争い。共に延長策がどうか。ウワサノオンナは競り合っても崩れないが、後手に回ると差し辛い。モリトカチグリは内目が欲しい。
前走圧勝のアイムホームから。ハイペースで崩れた3走前は引っ掛かるが、差し競馬にも対応出来る。

 

金沢7R:◎マイネルリノセロス▲1,6△2,4,5,8
サノノツルギ、ロンプフェイス(同)組の取捨選択。ベストロマンが逃げて、サンワラワラとソウタロウが動けない様だと、マイネルリノセロス以下が捲り差して来そう。先行有利の金沢1700m戦だが…
距離が伸びて良さそうな鈴木長厩舎2頭から。ゴールデンサラも内延長は歓迎。但し発馬を決めたい。

 

金沢8R:◎エイダイムーン▲5,6△1,3,7
恒例のB1特別編成戦。順調さに欠けるトミケンタルモと転入初戦ベルウッドデナリの取捨が悩ましい。エイダイムーンとハニーブーケが出して行けそう。前者の方が長く末脚を使える反面、詰め甘い。
チェリートレジャーも内短縮は良い。好位前後に取り付けられれば。ハートクレストは実馬を見たい。

 

金沢9R やきはた体験:◎ナンヨーアイリッド▲1,3△5,6,7
前走好時計のナンヨーアイリッドが昇級してきた。(最内枠だが)ドゥスールとシーユーアゲンは速そう。ソリッドボートとノアキャッスルも(脚抜き良い方が?)立ち回り一つ。当日の状態を見て。
ナンヨーアイリッドは発馬不安と内枠を克服したい。好位から外目に切り替える競馬がベストだろう。

 

金沢11R 加賀百万石ツーデーウォーク特別:◎ディアグリスター
ヒカルカミヒコーキとトミケンフリンクの先行争い。タツミリュウとオイヌサマは近走不振が割り引き。ディアグリスターは前走・勝ち馬を追いかけた反動が気がかり。この面子なら、内伝いで上昇を。
トミケンフリンクも近走は相手強かった。ヒカルカミヒコーキと同様、先行力はA1級でも通用する。

 

金沢12R 加賀温泉郷菖蒲湯まつり特別:◎エムティサラ 
珍しいC2級の特別戦。マニワプリンセスとリュイザンが内枠に入り、外枠勢との先行争いは見もの。
かなり拮抗している。エムティサラがそろそろ良化してこないか。鈴木長厩舎4頭の取捨選択が難しい。