『雑感』

稀に更新します。

5月20日(日)の金沢競馬 予想

 

 

とても嬉しい。第71回カンヌ国際映画祭是枝裕和監督『万引き家族』が最高賞パルムドールを受賞。

遂にこの日が…そして、このタイミングで順番が回ってくるとは。前評判では巨匠ゴダールの最新作、イ・チャンドン監督×村上春樹原作『バーニング』などが挙げられており、興味深い作品が目白押し。
コンペ外では、テリー・ギリアム監督が(例の)最新作を公開に嗅ぎ付けたほか、カンヌに帰ってきた鬼才ラース・フォン・トリアー『The House That Jack Built』が期待通り(?)の物議を醸している模様。

東京フィルメックス出身・濱口竜介監督の初商業作品&初選出『寝ても覚めても』も快挙と言える。
例のオフィス北野騒動で「お金にならない映画に…」などと言っていた媒体が、手のひらを返しそうだ。

 

金沢競馬場は思ったより(内目から)乾きそう。稍重~重馬場を想定する。基礎SPと上がり性能を重視。
メイン競走は百万石賞に繋がる一戦。ミキノグランプリ、バルタンセージ辺りが何処まで戦えるか。
それにしても、食指の伸びないレースばかり。個人的にはオークスの方が買いたいですね。

 

 

1R:◎ディーズパーチェス
前走・先行して潰れたスロットマシーンとディーズパーチェス。後者の方が叩いて伸びしろを感じる。
トーセンハルカが休養を挟んで転入初戦。中央でも期待された馬。出足と馬体重が気になるところ。

 

2R:◎ゴールデンサラ
サンワラワラ組の取捨選択となる。ゴールデンサラは脚抜き良い馬場が奏功したか。ミフラーブは先行し潰れた分、同じく距離短縮(カネコメハナコヨ組より好枠に入った)トミケンミルトと共に再考したい。

 

3R:◎エイシンプレミアム
クリノアンボワーズの発馬次第だが、そろそろエイシンPに順番が回って来たかも。距離短縮になるが、後手に回らなければ渋とい末脚を発揮できる。カネトシモナカも見直したいが、大外枠は痛いところ。

 

4R:◎エムティサラorハクサングロウ
メイショウユメジ組を再考する。エムティサラとハクサングロウの発馬次第になるが、先行力は(元重賞馬の)前者か。ハクサンは乗り替わりも割り引きか。ケイジートレジャーも漁夫の利作戦で再浮上を。

 

5R:◎ニーマルジット
ニーマルジットとパルクールダンサー。カフジリバーとマニワプリンセス(他2頭)の兼ね合いが難しい。内枠に入り、騎手継続のニーマルを重視したいが、如何せん末脚鈍い馬。状態面は維持していそう。
パルクールダンサーの素質は高い(発馬次第)。カフジリバーは枠が微妙。共に末脚溜まれば。

 

6R:◎マルカンベルガー
ミスターエックスは昇級戦となる。マルカンベルガーも最内枠に入り、内伝いの競馬を狙える。
マルカンBは好位から長く末脚を使える馬。(同じアラ系の血を持つ)ゴーディー優勝の勢いに乗りたい。ベネフィットユーは発馬が致命傷。コウユーモエルコイは外延長の分、騎乗に工夫が欲しい。

 

7R:◎アンフォルタス
ウインドウィスパー、プリンセスナナコ、マイネルクロノスなどが先行争い。かなり混戦ムード。
アンフォルタスが内伝いで前進する。プリンセスNとクイニーアマンは脚抜き良い馬場を活かしたい。

 

8R:◎ツーエムブルーム
先行馬&昇級組が揃った。(発馬決まれば)デルマI、ツーエムB、テンエイHがテン速い印象。
ツーエムブルームの安定感を買う。好位から粘り強い走りを見せる馬。デルマIも上積みありそう。
 

9R 卓球サークルGAPPA岡野団長卒団記念:◎ステイクロース
ペネトラーレの安定感か、ブルーセレクションの先行力か。ステイクロースが内伝いで浮上狙えそう。
 

10R 白山信仰の道探訪特別:◎バルタンセージ
バルタンセージが控える競馬出来れば…もう少し工夫の余地ありそう。カネコメも叩き良化を期待する。メイカーズムービーも良い馬。内伝いの競馬が出来る点は好材料だろうか。手広く行きたい。

 

11R 若葉まつり特別:◎ドラゴンランス
という手はあるよなぁ…とか。先行力はある。大外枠から行き切れば。

 

 

おまけ

優駿牝馬
◎アーモンドアイ
〇マウレア
▲ラッキーライラック
△リリーノーブル,オールフォーラヴ,サトノワルキューレ