『雑感』

稀に更新します。

4月15日(日)の金沢競馬 予想

 

 

グランドナショナルはAuthorized産駒のTiger Rollが優勝。ゴール前は大接戦になりました。

終わってみれば、愛国調教馬のワンツー。勝ち馬はチェルトナムFでクロスカントリー準重賞を制覇しており、人気の一角に。手綱を取ったD.ラッセル騎手はCF開催も好成績でした。なお、マリンズ叔甥は惜しくも2着。
R.ウォルシュ騎手が古傷の悪化で休業中という点は残念でした。ダニーでなく、彼が2着馬に乗っていたかも?

タイガーロールというのは、アメリカの創作寿司らしい。アボカド, 海老天, キュウリを巻いた上にとびっこが塗されて、たっぷりとマヨネーズがかけられた巻きずし。美味しそうですが、日本の寿司職人が作るかは…
当然ながら、江戸前寿司≠寿司な訳で。海外発の創作寿司が、もっと日本国内に広がって欲しいものです。

 

週中と打って変わり、土日は春の嵐が到来している金沢。道悪条件、田んぼ馬場を考慮しておきたい。
逃げ有利は変わらず、追い掛けた馬が好位勢に食われる想定で行く。ペース次第で捲り差しも決まりそう。
強風の影響に関しては、どこまでか分からない。(海が近く)競走に支障をきたすレベルは避けられないかも。

 

金沢1R:◎エイシンクウカイ
エイシンプレミアムは近2走、外々を回されて(早々に)脱落。そろそろ見直したかったが…他馬の動向次第。
長期休み明けのエイシンクウカイ。前走・直線半ばで不利を受ける。能検の動きは良かったが、気性の危うさ(外に逃避気味)と出足の鈍さは課題。この面子なら。ブルーフライも煩い馬だが、叩き良化を期待したい

 

金沢2R:◎マルカンベルガー
ミスターエックスが大外枠で吉原騎乗。ラファエラが最内枠(のジャッジアンジェルーチ)で転入初戦。馬体重戻れば。
マルカンベルガーは休み明けの能検で動き上々。母は"アラブ馬の女王"。頓挫の影響と気性面が鍵を握りそう。出足鈍い馬なので、(外過ぎない)外目の枠は歓迎。メイショウユメジは発馬を決めて、基礎SPを活かしたい。

 

金沢3R:◎プレシャスパワー
最内枠に入ったジャジャと、叩き3走目のカワキタグロワールによる先行争い。テンの速さは前者に分があり。但し入れ込みの激しい馬で、後手を踏むと競馬にならない可能性も。使い詰めを考慮すると、そろそろ結果が…
プレシャスパワーは相手関係が楽になった。(シャルムポワントと共に)内伝いの競馬で着取りを期待する。

 

金沢4R:◎サンキューゴッド
サンキューゴッド、ゴールドニコニコ、ブラウンアジタートの並び。上位拮抗レースで、発馬次第になる。
延長で行き脚付けば、サンキューGが渋とい末脚を使う。但し連戦で馬体重の増減は心配。ブラウンAは前走の様に後手に回らなければ。気持ち外枠に入ったので、発馬を決めたい。ハクサンシップはもう少し様子を見て。

 

金沢5R:◎デルママンハッタン
レディオブザレイクが大外枠に入り、ティアマト、ハタノルミエール辺りも発馬次第で先行争いに加わる。
デルママンハッタンを見直す。元々高素質で状態も引き続き良さげ。前走は競馬にならず、外枠替わりで発馬を決めたい。モリトカチグリは気難しい上に引くと競馬にならない。トミケンムトルは淡白な馬で位置取り次第。

 

金沢6R:◎マイネルリノセロス
外枠勢の動き次第。キタノカイダンジとウワサノオンナは発馬を決めて、自分の形に持ち込みたい。
マイネルリノセロスが堅実に走ってきそう。長く末脚を使えるが、発馬に難があり、エンジンの掛かりも遅い。脚抜きの良い条件が合うのか、外を回り過ぎない方が良いのか、いずれにせよ"立ち回り一つ"かなと。

 

金沢7R 22番柱の会来場記念:◎インサイドアウト
インサイドアウトとジュウワンローズの先行争い。特に前者の伸びしろ。(流通時から)悪くない馬体で、上手く先行出来れば圧勝続きも。後は発馬時、両隣に挟まれなければ。北日本新聞杯に滑り込めるかは微妙そう。
エムザックヒーローは再び内枠に。素質は重賞級だと思うし、何とか外に切り替えて欲しいところ。

 

金沢8R:◎ノブイチ
ノブイチが(前哨戦に)自己条件を選択。ペンテコステとハクサンキャノンが先手を奪い、出し抜きを狙う。
ノブイチは堅いと思うが、ペンテコステの走りに期待。馬体減りは気になるが、前目から良い末脚を使える馬。アルファーティハは気持ち外目だが、上手く潜り込んで漁夫の利を狙う。コスモエクセレントも叩き良化なら。

 

金沢9R 川島祭特別:◎ミスアバンセ
フェイトアンサーとヒカルカミヒコーキの先行争い。ツェーゲンは控える気もするが、ジッテは競ってきそう。ミスアバンセで漁夫の利を狙う。やり方は前走と同じ。A1級だと足りないが、降級で(1700m戦の)内枠なら。
ジッテは淡白な先行馬。南関B1級でノブワイルド辺りと競り合っていた馬。この面子なら通用してきても。

 

金沢10R スポーツニッポン杯ノトキリシマ賞:◎シオジスター
カイジンファルコンが大外枠に。サツキブライド、ベストロマン、シオジスターと先行馬が数多く揃った。
シオジスターは走る順番かな?前走も後手に回りながら、最後は内々を差し込んできた。ゲートさえ決まれば、大きく負けることはない。サツキブライドも大井留学を経て先行力強化。競る展開になって、どう粘り込むか。
ホウヨウバルキリー、ヒートアップ、カトリーヌエミューの叩き良化も期待。但し漁夫の利狙いまで。

 

金沢11R:◎ルールゴールド
エイシンカオス、シーユーアゲン、スカイリモーネ、クレバーフォースと先行馬が揃う。かなりの大混戦。
ルールゴールドの上がり性能に期待。内伝いの競馬で着取りを狙う。最内枠のドゥスールも叩いて良化すれば。ナリタノヘア、スカイリモーネらと共に発馬~位置取りが重要になる。上手く外・好位を取り切りたいが。