『雑感』

稀に更新します。

4月1日(日)の金沢競馬予想など。

 

 

タマフル最終回の裏で、ドバイWCデーが無事終了。今年はカタール勢が不在。超高速馬場で施行されていた。
こうなると、ゴドルフィン軍団が強い。ドバウィ産駒が強い。モハメド殿下の好調は暫く続きそう。
日本馬はドバイターフ(2,3着)が惜しかった。ちょうど「タマフル」「オールスター裏感謝祭」を見ていたが…

 

さて、昨年同様の内・前有利というより、コース形態上「(物理的に)内優位に成らざるを得ない」様な気が。
完全に乾いた馬場状態では、(内○頭分が重い的ではなく)全体的に重苦しく、時計の掛かる条件に転じていた。上級条件は強い先行馬+内枠決着。追走に脚を使った馬&早目に捲り差した馬は人気馬であろうと脱落する。

脚質別に成績を見ると、1500m戦(全20戦)は逃げ馬9勝(2着・9回)。馬券内を外したのは僅か2回だけ。
1400m戦(逃3・先3・差7)は内差しが決まり、1500m戦(逃4・先10・差5)は好位前後が必須。一方、外枠の馬は先行優位の1400m戦(逃3・先6・差1)に対して、1500m戦(逃9・先11・差4)は差し馬も多少馬券になっていた。

f:id:beggaman:20180329002431j:plainf:id:beggaman:20180329002446j:plain

外枠の数字が悪くなる点は(頭数的に)致し方ない。単勝複勝回収率も内枠の方が高く出易い。
加えて、外枠の差し馬も道中・内々を立ち回っていたり、内枠の先行馬も外・好位に取り付けている。
枠別回収率を比べると、内枠重視で良いのかもしれない。開幕週は外枠に人気馬が集まっていた感もあるが…

f:id:beggaman:20180329020917j:plainf:id:beggaman:20180401062419j:plain

高配当の盲点は"外目の枠"。先日100万馬券を演出したのは"7枠"だったはず。
個人的には内枠の狙いたい馬から手広く…若しくは外目の手堅い先行馬から、内枠に網を張る感じで。
予想段階で馬券に寄せた予想はしないが、実際買う時は(生活に合わせて)自分なりのルールを作りたい。

 

騎手&厩舎別成績は地全協HPを参照。藤田弘治騎手(9勝)、金田一昌厩舎(9勝)が早くも独走態勢に。
(馬券的にもお世話になった)ベテラン・桑野等騎手が引退し、"伝家の桑野3着付け"が使用不可能となった。
畑中騎手、米倉騎手は韓国遠征中。平瀬騎手は休業状態(去就不明)。西国辺りから助っ人が待たれる。

血統別成績は出せるほど、数字・系統が偏っておらず。道悪成績が加わると、一気に傾向が変わるはず。
今のところ、キングズベスト産駒&パイロ産駒&アドマイヤマックス産駒が(2勝)同率首位。

 

こういった感じ。日曜(1日)は平成30年度・第1回開催。平常通り"2日×2週"日程で行われる。
中間も目立った天気の崩れは無く、砂補充もないので良馬場を想定。条件は変わらないでしょう。
今期初戦を迎えるヤマミダンディーとカトリーヌエミュー。そろそろノブイチの好敵手が欲しい辺り。

 

金沢1R:◎アゲットイモン
ヒストリーメイカー組中心。アゲットIは前走好位外を回し、上位2頭に潰された。良績のある1400m戦に短縮。発馬さえ決めれば、十分巻き返せる。プリンセスナナコは激しい気性を見せるが、先行力は高い方。
エイシンプレミアムは前走外を回されて、早い段階で脱落。休み明けのブルーフライと共に展開一つかなと。

 

金沢2R:◎ミスターエックス
全ての出走馬が連闘。ミスターエックスは休養明け(秋口)に減った馬体が戻り、笠松遠征時も好走。最下級なら実力上位で、前走もよく粘った。青柳騎手に乗り替わり、必勝態勢と見る。内枠に入った2頭も見直したい。
ヤマチョウマグナムは出鞭を入れて好位外追走。しぶとく脚を使えた…というより、惰性で残った感が。
 

 

金沢3R:◎カミノライデン
カミノライデンが転入初戦を迎える。テン遅いが、長く末脚を使える馬。この面子なら、追走出来ても。
ロワサーブルとカワキタグロワールは速い先行馬でないが、相手に恵まれた。積極策で馬券内に残せるか。
ブラウンアジタートは最内枠&延長。ズブい馬で仕掛けどころが鍵を握る。この面子なら通用しても良い。

 

金沢4R:◎サンキューゴッド
今期初戦を迎えるハクサンシップ。先ずは惰性で流れ込んできそう。ファイトプラス組の2頭が先行争い。
ヒロノオンリーワンとサンキューゴッドが外枠に入った点は興味深い。共に休み明けから良い走りを見せていた。但し前者は内枠の恩恵が大きく、勝ち馬と併走し潰された後者も上積みは無さそう。どちらが先に行くか…

 

金沢5R:◎テンエイハヤブサ
転入初戦から先行力を見せたランドロワ。取消明けクリノアンボワーズの出方次第になりそう。
テンエイハヤブサは前走内を立ち回って好走しており、今回は大外枠。強気の競馬を敢行できるか。
ウインドティアーモは淡白な先行馬。スンナリ行けないと延長はどうか。ウインログロも叩いて前進期待。

 

金沢6R:◎デルママンハッタン
今期初戦を迎えるデルママンハッタン。前走は極悪条件でほゞヤ○ズ。むしろ外を回って敗退した2走前の方が期待外れ。久々の内枠で馬体の成長度も見計らいたい。前走出負けしたスタークライナーも再考可。
アムールフェイスは渋とく末脚を使えるも、外枠は割り引き。コスモエクセレントがテン速く初戦から楽しみ。

 

金沢7R:◎カイジンファルコン
エムザックヒーローが故障明け復帰戦。前走は勝ち馬に不利を受ける。怖がりな面を考えると内目の枠は…
カイジンファルコンは正直、中間の成長度が薄く(行きっぷりも悪く)短縮するしか無さげ。クロスアヴェニューも初戦から飛ばして行くには(時計面を含めて)不安。バトルローアも時計短縮が必要。前走は強い競馬だった。

 

金沢8R:◎ペンテコステ
ペンテコステの先行力に期待。前走は楽な展開だったが、最後まで良い末脚を使えていた。同距離なら。
マナレアは前走外差す競馬で粘り込む。小柄だが、地力ある馬。ハクサンキャノンは隊列次第になりそう。

 

金沢9R 弓引祭特別:◎ヤマミダンディー
カトリーヌエミューとヤマミダンディーが出走。前者は安定して末脚を使う馬。もう少し馬体が増えて欲しい。後者は先行力が高く、ノブイチにも肉薄した馬。やはり馬体重が増えて欲しい。何より外枠で塚本騎手とは…
シオジスターは発馬さえ決まれば。ホウヨウバルキリーは"5/18のFC組"。浦和でも勝ち、潜在能力は高そう。

 

金沢10R 蛇の目神事特別:◎グランパルファン
ミスアバンセとヤマカツトップガンが今期初戦、グランパルファンが転入初戦を迎える。先行争いが楽しみ。
ディターミネイトの飛び出し次第だが、グランPの復活に期待。状態は万全そうだし、スピード能力は高い馬。ミスアバンセも最内枠は良いと思う。末脚の使い方次第。タカラブネクイーンも良化傾向に。道中の動き次第。

外枠に入ったスプリングボックスも、前走は好内容だった。距離延長は歓迎だし、漁夫の利作戦に期待。
 

 

金沢11R:◎ルールゴールド
シンプリースパーブが単騎条件に見えるも…エイシンカオスorハートブレイクという可能性も。
ルールゴールドが最内枠に入ったので。叩き良化&完全良馬場は良いと思う。ドゥスールと迷った。

大阪杯は池江厩舎+スワーヴリチャードで良いんじゃないですかね。とりわけ、ペルシアンアルアインを。