『雑感』

稀に更新します。

川崎記念 2018年 予想

 

 

今日から『ゲーム・オブ・スローンズ』が"Amazon プライム・ビデオ"で配信されています。最新シーズンを視聴するには追加料金を払う必要がありますが、それにしてもAmazonとHBOの大型契約は興味深いです。
Amazon プライムはコンテンツ不足(吉本贔屓)などから、Netflix,ディズニー(Fox,Hulu)に押され気味でした。ここに来てサザエさん』とのスポンサー契約も成功するなど、2018年の巻き返しに期待がかかります。

とはいえ、あの気分が悪くなる(選民思想)お笑い番組は要らない。本当に不快だ。

 

早いもので川崎記念。冬のタフな川崎。加えて内有利傾向。これがG1戦でどうなるか・・・

 

 

川崎記念
サウンドトゥルー
ケイティブレイブ
アウォーディー
アポロケンタッキー,グレンツェント
前列想定:ケイティブレイブ,メイショウスミトモ
⇒(帝王賞みたいに)後手を踏まなければ、ケイティブレイブの単騎濃厚っぽい。中盤弛んで残り4F勝負。昨年と同様"2列目の位置取りと動き次第"で着順が変わる。長く末脚を使えるか、機動力のある馬を狙いたいが…
冬の川崎は(例年通り)タフな条件。下級だとポテンシャルが問われ、上級だと展開に左右される。インの使い方が重要。乾きかけの内有利パターン。冬血統でも、持続特化型(デュランダル,ティンバー,グレイソヴリン,ロベルト)を買いたい。

サウンドトゥルーを狙う。鋭い末脚とエンジンの掛かりは変わらず。少頭数なら(内目に拘り)失策するリスクも低いし、勝負所の加速難しいコースを考えると差し損ねる可能性は高いが、2年前に近い運びで馬券内確保を。追い切りは動いているし、気性面と馬体面に支障無ければ、他馬の動きに合わせて競馬し易いはず。

ケイティブレイブも近2走は逃げ馬に上手く乗られていた。今回は自らペースを握れる。詰め甘い点と不定期に出遅れる点は致し方ない。極端に緩め過ぎず、2列目以降を上手く出し抜きたい。厩舎の気合は伝わってくる。
アウォーディーは出遅れると後手に回りそうだが、少頭数+冬の川崎+中盤弛み易いコースで好転を期待する。前走は最悪の展開で善戦。2走前は内々を上手く立ち回ったが(特有の)ズブさと右回りの分、あと一歩届かず。追い切りは走らなくても大丈夫。逃げ馬との距離感と仕掛けどころは課題になるが、自分の競馬に徹して。

グレンツェントの近2走は残念だったが、大きく負けていない。冬の川崎替わりで中盤弛む展開は追走し易い。外厩調整&南関騎手起用も好材料。上手く漁夫の利を得たい。アポロケンタッキーの前走は勝ち馬にやられる。冬の川崎は(後手を踏めなければ)対応出来そう。後は位置取り。好調の内田博騎手に託したい。
期待度(条件替わり,血統,調整など)は前者の方が良い。ただ、グレンツェントの方が勝ち切れるかは分からん。
メイショウスミトモの持続力と血統面は買いたいが、決して先行力はないし、自ら競馬を作る程の馬でも…

 

 

8R ジョイホース浜松賞:◎ビートフォーセール 
⇒ ベルサーリオ盤石を脅かしたい門別組の先行馬が揃った。ただ、ヘブンズゲート増田ってのがなぁ…。
ペプチドブラッサム赤岡と迷った。内々を上手く立ち回って、鋭い末脚を活かしたい。

 

9R ガーネットフラワー賞:◎トキノアビー
⇒900m戦短縮で馬券内に。気性&馬体的に距離が持たない馬。この面子ならタフな馬場を熟しても。
中央勢の取捨選択に尽きる。アラウン大外は好材料。ラッシュウィンは展開次第。ポステリタスは走る気が…

 

10R 猛虎特別:◎キョウエイドラゴン
⇒ 矢野厩舎×猛虎特別って意外と久しぶり。一戦飛んだ点は気になるが、どう見ても勝ちに来ている。
先行馬が揃った。変に動く差し馬こそ脱落しそう。最内枠は気になるが、引退前の江川騎手に期待。

 

12R ロジータ追悼特別:◎ハレカイ
⇒ 7枠が不気味。叩き3走目ビッグスターとエルブルースの動き次第。叩き2走目で改善あれば。末脚は最上位。
エヌティボタンは最内枠から誤魔化したい。リアルファイトも叩き3走目で走り頃。ただ、位置取りがなぁ。