『雑感』

稀に更新します。

1月16日(火)の船橋競馬 予想

 

 

あれから23年が経ち、その街の子どもは大人になり、どこかの街で子どもを持っていたりするのでしょう。

今年の漢字は「伝」後世に伝えていかなければならないという人々の想いが、より一層強くなっています。
ジャーナリストの竹田圭吾さんが亡くなられて、先週2年が経ちました。最後になるはずだった「Jam the world」を聴けなかったのが、未だに残念でなりません。そして、当時と世界の情勢は様変わりしてしまった。

2018年も「タガが外れた様な」一年になりそうな気がしてなりません。
そして、その反動がいつやってきてしまうのか。漠然とした不安が付き纏います。

 

 

久々に船橋競馬を予想しています。大井と違って、手は付けやすいんですけどね。

 

 

2R:◎タイムレスタイム
バックドアルートが2戦目&内枠。逆張りしたくなりますね。タイムレスタイムが左短縮で先行したいはず。
基礎SPは(船橋下級なら)通用する。レオエタニティー、スピカプレイスの末脚にも期待したい。

 

3R:◎スマートメニル
先行馬が揃っている。気性面を考慮すると、フォルナシスの短縮は合いそうですが…
スマートメニルの短縮&鞍上強化に期待。前走は強い先行馬に競り潰されて失速。元々1150m戦すら持たない馬だったが、体重も増えて一変を期待する。マラン吉原も基礎SP面は優秀。後は7,10の"漁夫の利"差し狙い。

 

4R:◎ザッカリーアorアサクサイイヤツ
転入馬の性能が分からず。想定的にパノラマとティアップポケットが勝負っぽい。
ザッカリーアとアサクサイイヤツを狙いたい。共に外枠は好位を取りやすく、末脚の使い方次第で楽しめそう。

 

5R 水仙賞:◎ハングリーハート
レオハイスピードが最内枠に入り、キタノシャガールは外目の枠に入る。セイントハンターは実馬を見ないと…
内枠替わりのハングリーハートで誤魔化せないかな。ガーネットノームもしぶといが、小柄な分どうだろう。

 

6R なんちゃってBAR庭カップ:◎コパノアーデン
ハクサンジョイと迷った。基礎SP面は優秀に感じるし、キャプテン&リュウノを相手に誤魔化せるか?
いかにもイルミオクオーレ、タケデンアプローズ、クレアーフォンテンが最後届かなさそう。

 

8R 田久保売店もつ焼き5賞:◎ポップレーベル
この中だとドンレッドローズが速い。後は体力的にどうなんですかね。後続は皆同じことを考えていそう。
そう簡単にリュウノファンタジを出し抜けるのか?セノーテ、ポップレーベルの決断一つ。騎手の分、後者に。気性面と足元さえ無事なら出世出来た元PO馬。コンパッシオーネとブリッジシップは臨戦過程が嫌い。

 

9R ヒヨドリ賞:◎ハクサンエルモ
ハクサンエルモの千二先行⇒千五吉原が目をひく。但し同型が揃っており、冬の船橋馬場も堪えないか不安。
流石にスガノラッシュは厳しいと思うが、ワタシニマカセテは鞍上次第。ネオユニと同牝系で地力背景もあり。ルーセントオーデとウインドフォールの枠が逆ならなぁ…サダムノンノも脚抜き良い方が走り易そう。

 

10R フレンドリーサドル特別:◎ジャストフォファン
ジャストフォファン張田なんだ(笑)差し馬が揃った印象で、大外から上手く出し抜けないか?
中野栄2頭、ミストレス譲治、ランブル吉原と続く文字列が気になる。今年も石崎親子の連番が見られるとは。

 

11R チバテレ盃:◎キャッスルクラウン
重賞戦線で足りない馬が揃った。ニチドウリュンヌが最内枠&真島でも、淡々とペースを刻んできそう。
その後が問題に。モリデンルンバやアサヤケを見ながら、ヤンキーソヴリンとキャッスルクラウンが虎視眈々。フィールザスマートが初戦から誤魔化せても不思議ない。それくらい混戦に映る。騎手買いします。

 

12R 房総スプリント:◎ヴェイルドスケール
ヴェイルドスケールが人気必至。前走はいかにもね。ハッピーブーケとイントゥゾーンも攻めてきそう。
ハウライト、マイティキング、ルックスグー辺りを狙って良いものなのか。そういうことだと思いたいが。