『雑感』

稀に更新します。

12月26日(火)の金沢競馬 予想

 

 

今春、TBS×TX×WOWOW×D社&H社による有料配信動画サービスの誕生が話題となりました。昨日ようやく「Paravi (パラビ)」なる名称で始動。テレビ離れ(若い)層にも"電通力"は通用するのか、興味深いです。
「逃げ恥」「カルテット」「孤独のグルメ」「MOZU」「ドラマW作品」辺りが見放題になるのは良さそう。

 

ところが、そのサービス開始の目玉が『ケイゾク』『SPEC』に続くシリーズ最新作『SICK'S 恕乃抄~内閣情報調査室特務事項専従係事件簿~』なんだとか。確かに視聴率が見込めない地上波でやるよりは…って。

natalie.mu いや、短髪の木村文乃にしか見えないんだが…違うのか?あと、徳井優は出ないのか?

堤幸彦、もう勘弁してくれよ。堤(×U田博樹P)といえば、直近の『ヤメゴク』『神の舌を持つ男』が振るわず。単体作でも『イニシエーション・ラブ』『天空の蜂』『真田十勇士』は当たらなかった上に酷評。そもそも『20世紀少年』『BECK』の時点で辛かったけど…彼を信奉するU田氏も『安堂ロイド』『IQ286』『A LIFE』は期待外れに終わり、SPEC続編の制作は"困った時の神頼み"にも映ります。この人の言動が真面ならなぁ…

 

とか言いつつ、結局見ちゃうんですよねぇ。ケレン味っぽい演出、敢えて(?)外した要素、ダサい加工に台詞。TVショーを通すと映えるし、クリエイティブっぽく見える。そりゃ熱狂的な信徒たちを生み出すわけです。
動画配信サービス向きの作風かもしれません。ここ数年の作品クオリティを鑑みるに不安しかないけど。

 

 

 

金沢競馬の最終週を迎えます。とりあえず、雪の影響で開催に支障をきたす心配は無さそうです。
この時期は砂の入れ替えもないし、雨雪の影響が酷いし、時計は出るけど馬場状態は宜しくないはず。
逃げ馬5勝(8連対)の番手馬4勝(10連対)からも先行馬優勢。ペース次第(上級条件?)で差し決着もある感じ。
なお、木曜は1枠2勝(4連対)の2~3枠3勝(7馬券内)に対して、7枠3勝(4連対)の8枠3勝(7連対)。要は中目の枠が…

 

 

1R:◎ハクサンキャノン
⇒ハクサンキャノンVS転入勢。初出走ジュウワンローズは実馬を見てから。レディオブザレイクは上積み薄。パラレルワールドは前走の様に揉まれなければ。フラットコードも内差しを狙えるが、如何せん発馬次第。
今期"白山連合会"が所有する2歳馬は(全体的に)早い始動だった。ここまでの戦績は【2・1・4・9】と奮わず。但しハクサンフエロとハクサンベルは近いうちに美味しい馬券を演出してくれそう。ここも3着以内なら。

 

2R:◎グレイン
⇒金田厩舎4頭出し。転入2戦目セブンスコードと久々&大外の"金髪"シルヴィウスが対抗する。正直グレインが逃げを打って、僚馬が邪魔すると思えない。距離延長と集中力に課題残すが、ここは素直に好走を期待する。
トミケンムトルは番手で厳しい流れにされると…それならアンクルブレイクorヤマチョウスパークに寄せたい。

 

3R 金のなる木賞:◎カンカン
⇒2歳牝馬の下級特別。最内カンカンと安定株フォンダンショコラの先行争い。オーゴンアレッタも絡めるか?トーセンフローラとローザルーナは(差すにも)発馬を決めたい。戦績の割に大きな差はない面子だと思う。
カンカンの巻き返しに期待。前走は競られて潰れる。中島騎手に替わって、スンナリ行ければ。

 

4R:◎ワンダフルセンス ⇒思ったより上位2頭が好状態。差せるか不安なので様子見。
⇒放牧明けのミスターエックス、転入初戦のノアキャッスル、新たな"難敵"ミヤギノセンスに加えて、井樋厩舎4頭出し。ワンダフルセンスとアイラヴキャンディは発馬次第になりそう。1400m戦というのが難しい。
コントルアタックは休み明け中止からの連戦は気がかり。せめて内枠が欲しかった。

 

5R:◎ケイアイアン
⇒ケイアイアンを脅かしそうな先行馬はディアライドオンとスパイホップくらい。
アスカショウダイが"漁夫の利"差しを狙いそうだが、意外と人気になりそう。ディアorスパイの残り目に期待。テンエイリードも大外に入るが、序盤で内好位に取り付ければ。ここは手堅く網を張りたい。

 

6R:◎アイムホーム
⇒キタカップの初速が速い分、アンジュノワールとの先行争いは楽しみ。ホウヨウジーナスと金田勢が続く。
外短縮のアイムホームを狙いたい。前走溜める競馬が出来た点は高評価。新馬戦の勝ち方を考えても、下級条件で苦しむ馬ではない。内々を立ち回れないが、そこは基礎SPと地力の高さに期待する。人気の盲点なら。

 

7R:◎リテラルフォース
⇒先行力が戻ってきたアヤミズキに掻き回してもらいたい。リテラルフォースが何処まで戦えるか。能検時計は及第点だと思うし、揉まれない大外が良い結果をもたらしそう。それよりテラフォーマーの鞍上が色々と心配。
パールオブウエストの"漁夫の利"差しも理解できるが、アヤミズキの変わり身に期待したい。

 

8R:◎ライヘンバッハ
⇒前走後手に回ったウインアルディー。案の定「八〇長」と喚く輩もいた様だが、過剰人気も明らかであった。この日はファーストV×鈴木長×藤田の勝負日。応援(?)馬券が大量に入っていた分、歪な人気順ではあったが。
昇級戦となるライヘンバッハ。出負け気味の隣枠ジェイケイフージンに砂をかけたい。時計面は通用するはず。サンダーブラスト&ハートリッチが届く展開は期待薄だと思う。このレースが今日一番難しい気がする。

 

9R:◎ボーンストーン
⇒ドリームマークスがスンナリ先手を奪いそう。アンフォルタス、マイネルパロサント辺りも前付けしてくる。ボーンストーンで戦えそう。冬の速い馬場は苦手そうだし、同型も多いが、叩いて行きっぷりが戻って来た。
アマザン、マイネルパロサント辺りが好位置を取り切れば、それなりに戦えそう。アンフォルタスも安定株。

 

10R 能登部上イルミネーション特別:◎フランチャイズ ⇒トゥルースカイも重視
⇒前走(最内枠の恩恵か?)久々に先行出来たオイヌサマ。間隔明けヒカルカミヒコーキとメイカーズムービーを相手取り、今回も主導権を握れるか?転入初戦セイプレジールも中島騎手を擁して、前付けを狙う可能性。
フランチャイズの安定感ある末脚を狙いたいが…人気を背負いそう。元々A1級で勝ち負けしていた馬ですし。

オイヌサマ、メイカーズムービー、ゴールドハリアーもっと戦える馬でしょう。ただ、ここ数戦の内容だと…

 

11R オッズパーク杯:◎エスピエーグル ⇒カルチャーバリューに変更
⇒涼しくなって良化傾向に有るエスピエーグルにドラゴンランスとマヤノチャクリが絡んできそう。展開一つ。
香ばしい差し馬が外に揃う。イソノプレシャスは外目の方が走り易そう。カルチャーバリューも位置取り次第。