『雑感』

稀に更新します。

中山大障害 2017年

 

 中山大障害は中山GJよりも飛越の回数と砂コースを横切る回数が多く、末脚の使い所が難しいのが特徴です。

長丁場ながら、SP持続力以上に「飛越」が鍵。これが春秋の傾向違いに繋がると言えそうです。また、明らかに実力不足という馬は後半の厳しい流れで脱落します。「漁夫の利」狙いの馬は瞬発力を重視。
要点は「序~中盤の過ごし方」、「2度目の大障害⇒第2&第3障害での詰め方」が重要になります。
「第4⇒バンケット⇒第5の流れ」でバテた&射程圏にいない馬は「脱落」に相違なしでしょう。

 

オジュウチョウサンは完走してくれれば。昨年「GJより大障害向き」かなと考えていたが、そうしたレベルの馬ではなかった。飛越は確実慎重に熟すタイプで、多少フォームを崩しても修正が効く。激しい起伏を乗り越える馬力と勝負所での加速力は"ステゴ産駒"らしい。ネックは仕掛けるタイミングと大きなプレッシャーか?
⇒前走は休み明け&重馬場&外枠と厳しい条件。それでも最終飛越後に突き放しての完勝。脚元の心配も残る。中山GJよりも持久力が問われる中山大障害ならば、自分との戦いかなと。とにかく無事にクリアして欲しい。

アップトゥデイトは約2年ぶりの勝利を経て、昨年と同じローテで挑む。実績に併せて、飛越も安定してきた。基礎SP面は「オジュウより上」だと見ている。障害飛越で容易に後れを取らない馬。気性面&持続力を考慮すると難易度は高いが、やはり逃げる形が望ましい。スピードを活かす競馬で、オジュウ以下を出し抜きたい。
⇒前走は逃げる展開になり、後続を寄せ付けなかった。 強い先行馬に競られると、終盤甘さを見せる馬。

 

シンキングダンサーが2王者に挑戦権を得た。前走は好位後ろを追走。2週目の連続障害付近から人気勢を徹底マーク。直線入口は内に進路を取り、最終飛越後に加速して、残り2Fきっちり伸び切った。61kgを苦にせず。馬体も絞れて、叩き良化を見せた格好。力の要る馬場は問題無さそうで、一戦毎に競馬ぶりは良くなっている。
⇒元々右回りの方が得意とされ、ペガサスJSでも(展開的に)前を捕らえ切れなかったが、3着に健闘していた。折り合いは付くし、飛越も高い馬。初の大障害コース&長距離戦&63kgは気になるが、挑戦者の心づもりで。

スズカプレストはOP級でも堅実に走る馬。3走前は夏負けがあった分。 

ルペールノエルは昨年3着馬。基礎SPの高さを一完歩目の遅さで活かし切れておらず、故に中山GJは後方からの競馬に。但し飛越は良化傾向にあり、好位前後で立ち回れば、今年も上位に食い込めそう。鞍上も信頼できる。
⇒昨年と異なり、先行できる重賞馬が揃った点は影響するかも。とにかく位置取りと仕掛けのタイミング。

サンレイデュークは休養明けを叩いての臨戦。屈腱炎明けも安定した走り(4着)を見せており、不安定な発馬と位置取り面に課題は残りますが、持続力とスタミナ面は引き続き上位級かなと。前走は調整遅れも響いた感。
⇒未だ衰え知らずの戦績。7度目となる大障害コースはお手の物。最も大障害は中山GJと異なり、勝負所で押し上げにくい。馬群が凝縮しないと"漁夫の利"は決まらず、今年も掲示板の真ん中から下になりそう。