『雑感』

稀に更新します。

39thホワイトクリスマス賞 予想

 

 

 

遂に『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』が全世界で公開され始めました!

色々言いたいことはありますが…その辺りは後程。本当に「衝撃」というか「予想外」もあったりと。
何よりエンドロールで「プリンセス・レイア キャリー・フィッシャーに捧ぐ」の文字が流れた瞬間に、劇場は拍手に包まれました。様々な意味で新たなスター・ウォーズ・サーガが始まったんだなと感じた作品です。

そんな感じで。本年度の川崎競馬最終日は、毎年恒例のホワイトクリスマス賞。白毛芦毛馬の限定戦です。
スター・ウォーズ同様(?)こちらも世代交代が進んでいる感ある面子。ギンザグリングラス、リブストロング、イクノタキシード、シルクスノーマン、ピーエムイレブンといった常連勢が引退する中で、新たる希望を抱く。

 

 

ホワイトクリスマス賞
◎ブレイブブロッサム
〇ギンガメテオール
▲ステイツマインド,アルファベット
△ライブロック、フリッツァー、ベルサーリオ
前列想定:アルファベット,ベルサーリオ,リュウノチーノ
積極的に逃げたい馬は見当たらないが…ギンガメテオール、ウォースパイトも(発馬なりで)好位前後は欲しい。レースの性質上、臨戦過程がバラバラ。C2級の馬は軒並み"格上で通用しそう"な有力馬という点も厄介。
ブレイブブロッサムを本命に。昨年の3着馬は転入初戦の前走で復活。エンジンの掛かりが遅い馬。展開の助けは必要だと思う。既に激走している分、妙味は薄く反動も気になるが、真面なら通用する。
ステイツマインドと迷った。共に気性の悪さと馬体重で(転入後は)苦しんでいたが、近走復活の兆し。強そうなクロフネ産駒2頭を上手く利用したい。その一頭、ギンガメテオール交流重賞ブルドッグボスの調教相手。内隣の〇外を見ながら、どういった競馬を選択するか。とはいえ、アルファベットも鞍上が難なくこなしそう。

 

 

最後に。我々にとって永遠のスーパーホース 金沢競馬の絶対王者 ナムラダイキチに捧ぎます。