『雑感』

稀に更新します。

京都2歳S 2017年 予想

 

 

 

京都2歳S
◎タイムフライヤー
〇グレイル
▲マイハートビート
△シスターフラッグ,スプラッシュメタル,ケイティクレバー
前列想定:ケイティクレバー,アイトーン
⇒ケイティクレバー若しくはアイトーンが引っ張る。グレイルが早目に仕掛ける(好位に取り付ける)かも。
基本的には決め手勝負になるのでは?と。ヘンリーバローズがいれば、本命でした。

タイムフライヤーの前走・萩Sは頓挫明け。道悪で淡々と流れる中、後方内から早目に促す。直線外を回してジリジリと伸び切った。道悪を苦にせず、4馬身差の圧勝は評価に値するが、時計&上がり&ラップは平凡止まり。
この面子なら良い"ものさし"になりそう。消耗戦は歓迎。先ずは発馬を決めて、ある程度の位置に取り付けたい。追い切りは坂路(同競走で人気を裏切った)ロライマ併走。二週続けて良い動き。状態は申し分ないかと。

グレイスの新馬戦は史上稀に見る不良コンディション。中盤非常に緩い展開となり、早い段階で好位まで押し上げた。殆ど追われることなく先行馬を差し切り、(小差ではあるが)余裕ある勝ち方で相手関係も悪くなかった。
半兄(ロジチャリス)ほど重苦しくないが、発馬、基礎SP、走法などに課題は残る。追い切りは栗W一杯で併走馬を突き放す好調ぶりで、騎手の状態の方が心配だろう。ペースが上がった場合に同じ競馬をできるか。 

マイハートビートの初戦は良血ルーカスに敗れ去ったが、未勝利戦は緩い展開を長く末脚を使っての外早仕掛け勝負、他馬を寄せ付けなかった。前走・紫菊賞も出負け内後方から、3角~4角で逃げ馬が脱落していく(馬群が凝縮してきた)ところを狙って進出。トゥザフロンティアを最後交わした(C相当)。半兄同様、気難しい面が多々ある。切れ味勝負では不利も、長く末脚を使える面は評価に値する。レース適性はともかく、賞金を稼ぎたい。

 

 

 

キャピタルS
ロードクエスト
〇サトノアレス
▲ダイワキャグニー,ダノンプラチナ
△ダイワリバティ,ロジチャリス,レアリスタ

前列想定:マイネルアウラート
⇒今秋の府中開催(Cコース)最終週は内側芝の痛みは止むを得ないとしても、速い時計を見込めそう。マイネルハニーとマイネルアウラートの隊列形成が濃厚。これを見ながら、ダイワキャグニーと好位狙う有力馬が続く。割と速い時計で推移すると思うが、(先行馬の基礎SPを考慮しても)スローペースは避けられないかも。
コース設定上、早仕掛けも難しく最後の決め手勝負は濃厚。切れ味のある馬と1400m再加速戦(京王杯SCなど)で好走する組を拾いたい。ロードクエストを再度狙う。追い切りでも三浦騎手が騎乗しており、高速良の外枠は歓迎。スローでも"1400っぽい流れ"になれば、反応の鈍さ(手前変化なし)が改善するかも。鋭い末脚は一線級。

サトノアレスは叩2良馬場の府中替わりで人気必至。高速条件の分、仮にスローでも追走面は気がかり。先ずは発馬を決めたいですね。ダイワキャグニーも前走ほど条件は揃わないが、鞍上交代で競馬力向上を見込める。
ダノンプラチナは好条件で仕切り直す。昨年の富士S的(ロンスパ)流れは考えにくく、エクイパット影響による追い切りの遅れが競馬に響かなければ。ダノンリバティの外枠府中替わりも良いが、戸崎騎手の慎重さは仇になるかも。昨年の様に消耗戦だと厳しいが、高速条件で好位から末脚を出し切りたい。後はロジチャリス。
万全ならば、マイネルアウラートの残り目を考えた。長期休養明けのレアリスタも、短縮でムーアは興味深い。