『雑感』

稀に更新します。

10月24日(火)の金沢競馬予想

 


久々に強烈な台風を体感しましたね・・・

 

これを沖縄・九州の人たちは毎年複数回経験しているんですから。

また、河川の氾濫・土砂崩れの情報が錯綜する事態に。選挙の開票速報を垂れ流すメディアに批判の声が挙がるのも分かります。そもそも選挙特番を開票時にやる意義があるのか。選挙期間前にやれよと(笑)
結果は概ね予想通り(思わぬ候補者も当選しているが)。地盤の強さが大きく勝敗を左右していますね。
与野党共に"中長期的な準備期間"を設けられそう。他方で政治家以上に"有権者の慢心"が気になります。

絶妙に台風が逸れた西日本ダービー(佐賀)は、断然人気のフリビオンが快勝。早目に鞭をしごかれる中、直線外を向いてから見事な末脚を発揮しました。少し気が立っていた感も、輸送の成功は大きいですね。

ムーンファーストは惜敗。吉原騎手は文句無しの騎乗。長く末脚を使う競馬が合いますね。古馬A級だと強い先行馬が揃う分どうか。ゴールドハリアーも首の上げ下げで惜しかった。倉富騎手はお見事でした。
この流れにヤマミダンスも続きたい。ダービーグランプリは好条件だと思います(浦和の方が合う気も)。

 

暴風雨の影響で"田んぼ馬場"が濃厚。下級条件は実力馬優勢も展開次第で消耗戦になり得ます。
上級条件は基礎SPに加えて、地力が問われる。淡白な先行馬を軽視したいです。後は馬場の乾き具合。

 

 

1R:◎クーロゼ〇シャトーレディー▲マグニフィセント
⇒前走勝ち馬に潰されたクーロゼ。間隔明け&藤田替わりのマグニフィセント。ペース配分が悩ましい。
道悪を踏まえて、快速の前者を選択。展開が嵌まれば、シャトーレディーやウインドティアーモ浮上も。

 

2R:◎マダムストーリー〇エノルメ▲ハクサンシップ
⇒再転入を決めたいマダムストーリー。好調続くエノルメと先手欲しいブランドチャームが続く。
ダート王者の半妹が流石に強そう。ハクサンシップの立ち回りにも期待。暑さが薄れて良化傾向にある。エノルメも更なる良化を期待したいが、序盤競りたくない。ブランドチャームは差しに回せないものか。

 

3R:◎ゼイタヴィクトリエ〇ジェイケイフージン▲クレールソレイユ
⇒クレールソレイユは規模の割に薄い馬体。基礎SP面は申し分ないが、耐久力に不安あり。ジェイケイフージンを除いて同型不在な点は楽しめそう。そのジェイケイも道悪で外々回される展開は辛いかも。
ゼイタヴィクトリエは良化しつつあり、展開次第。ディープサミットも安定株だが、連戦疲れを感じる。

 

4R:◎ココホレワンワン〇クリノアンボワーズ▲プレシャスパワー
⇒プレシャスパワーは前走2着で減量も効いていた。ココホレワンワンが早目に押し上げそうな構図。
クリノアンボワーズは外スンナリ先手を取れそう。短い方が良いはず。後はベニノラフィカなど。

 

5R:◎ケイツールピー〇ニーマルジット▲ハートリッチ
⇒再転入狙うハートリッチとニーマルジット。アガタピアス取消により、ケイツールピーが先行可能。
そのケイツーは前走外2から粘り込む競馬でハートリッチを完封。内枠短縮で上手く出し抜きたい。
外枠ニーマルジットも道悪の方が走り易そう(気持ち外枠過ぎるが)。ピーチェスは展開の助けが必要。

 

6R:◎フジサンショート〇アスカショウダイ▲ベルウッドカペラ
⇒フジサンショートは通過点でしょう。好調続くアスカショウダイとベルウッドカペラが先手を窺う。
デルマフユゲシキは良く映らない馬だが、相対的に着順を上げている。展開一つだろうけど、食指は…
転入2戦目ベルウッドカペラは田知騎乗。先行力は高い。ハクサングロウは気持ち外枠過ぎる感。

 

7R 河北潟ふれあいフェスタ特別:◎ボストンアプリコ〇ネオジェネラル▲スパイホップ
⇒ボストンアプリコ断然人気も同型が揃っている。ブルーオーシャン田知の分、出方が読めない。
内枠に入ったネオジェネラルとスパイホップ。他力本願になるが、立ち回り次第で浮上可能でしょう。

 

8R:◎デルマカマイタチ〇ハテ▲アレグロイモン
⇒先行力あるアザミと吉原騎乗ニホンピロフィートの先行争い。ポリードよりもハテの差し脚に期待。
転入初戦のサノマルも気になるが、アレグロイモンも発馬次第。何か間違って、デルマカマイタチをば。

 

9R:◎ムチャチャマヒカ〇スプリングボックス▲サイレンスディガ⇒◎出来悪く下げ:◎サイレンス〇スプリング
⇒連勝中のバショウと休み明けバニラキャンディが先手を窺う。外枠に有力な差し馬が入っている印象。
ムチャチャマヒカは馬体が安定してきた。好位から差せるし、持久力も高い。桑野騎手ならむしろ歓迎。スプリングボックスは転厩初戦。再転入を視野に入れている有力馬だが、何せ発馬失敗は怖い。
サイレンスディガは"漁夫の利"に持ち込む。バニラキャンディも吉原騎手なら同じ轍は踏まないはず。

 

10R 加賀白山賞:◎ウイングエンペラー〇ルールゴールド▲エーシンザピーク⇒ブラウンの捲り差しに期待。
⇒ウイングエンペラー再び。今回は中央馬が混戦模様。エーシンザピーク菅原⇒吉原の文字列が強い。
基礎SPと末脚を考えると、ブラウンアニマートとウイングエンペラーが優勢。共に発馬は課題になる。
タイセイプレゼンスは先行力ある馬。調教微妙な点と、外枠発走で同型が揃っている点は割り引き。

 

11R 新冠産駒杯:◎レイクルイーズ〇ミズーリスカイ▲ジェイケイステラ
新冠町産限定の準重賞。内からユンゼイ、ジェイケイステラが先手を窺う。レイクルイーズは先行勢を見ながら。ミズーリスカイとベニバナオンリーも好位を取り切りたい。ペースは比較的落ち着きそう。
レイクルイーズは安定した末脚を繰り出す反面、詰めが甘い。格上挑戦でも能力はA級相当かなと。
ジェイケイステラは成長著しい。2走前上手く逃げ粘るも、前走厳しい展開に呑まれての大敗。要再考。

 

12R 倶利伽羅源平の郷ござっさい祭り特別:◎ヤマカツバーバラ〇リノサンス▲トップメダリスト
⇒前走完勝したリノサンスが短縮。ベアームート、シゲルカンパチ、トップメダリストと先行馬も揃う。
ヤマカツバーバラの巻き返しに期待。前走は勝ち馬を捕らえ切れず。今回こそ好発&内差しを決めたい。
前走捲り差したクラシカルノヴァ、ノーモアベッドは外枠差しを狙う。立ち回りに工夫が欲しいところ