『雑感』

稀に更新します。

富士S 2017年 予想

 

 

 

富士S
ロードクエスト
ペルシアンナイト
エアスピネル,マイネルアウラート
△クラリティシチー,クルーガー,サトノアレス,イスラボニータ
前列想定:マイネルアウラート
⇒夏競馬は暑さで苦しんだマイネルアウラートが逃げる。久々出走ミュゼエイリアンも行きたがりそう。それ以降の隊列は見えない。特にイスラボニータエアスピネルは折り合い重視で行くのか気になる。
マイネルアウラートが淡々と緩いペースを刻む。東京新聞杯の様に極限の上がり勝負とはならないか。道悪で"地力ある差し馬"の台頭は有り得ますが、休み明け&短縮ペルシアンナイトが早目に動く場合は…

ロードクエストが走り頃。前走は高速良馬場で出遅れ&中団追走も先行勢を捕らえ切れず。1年以上勝ち星に見放されているが、日本ダービーを除いて"0秒5差以上の負け"は無い。左回りだと反応鈍い(手前も変わらず)が、近走馬も変わりつつある。道悪のAコース最終週で「極限の上がり勝負」にならなければ。
ペルシアンナイトが秋初戦を迎える。淡々とした流れで長く末脚を使える馬。デムーロ騎手の位置取りと仕掛けどころが重要。追い切りは動けているし、これも「極限の上がり勝負」でなければ楽しみ。

エアスピネル秋天を使って欲しかったが、スワンSよりマシ。非常に賢く心肺機能はG1級も、器用貧乏な馬。安田記念は最後の進路取りで後手に回る。武豊騎手の失策だが、厳しい流れになり易い同競走を見越しての戦略は間違っていないし、春先も「好き勝手乗っていた」訳ではない。前走は休み明け&外枠延長でロス多く、馬が異なる対応を迫られた分、一杯一杯に。今回はマイルCSに向けての仕込み。淡々と流れそうな点は歓迎かと。

人気薄なら逃げ込みを図るマイネルアウラート、前受け&機動力で誤魔化しが効くクラリティシチー辺りを。クルーガーも(高野厩舎らしく)追い切りで動く。但し鞍上が…前走悲願を達成したグランシルクと最内枠に入った2歳王者サトノアレスは"漁夫の利"作戦で何処まで。イスラボニータは年齢の割に動けている。道悪の大外は割り引きも、先行馬が少ない分、戦い易いかなと。