『雑感』

稀に更新します。

エーデルワイス賞 2017年 予想

 

 

12月9日全国公開となる山崎貴監督『DESTINY 鎌倉ものがたり
最終予告編が公開されました。

youtu.be ロードオブザリング風のロゴと、恒例の「英語+日本語」文字列。

THE「山崎メソッド」に即した作品。観客の目を惹く印象的なシーンは、全て元ネタの素晴らしさあってこそ。"タトゥイーン市"と"ダイアゴン横丁"を髣髴とさせる鎌倉の露店街といい、"海原電鉄"と"大銀河本線"を髣髴とさせる緑の電車といい、どれもハリウッド大作や名作アニメの一部を切り取っただけ。
鬼の棲家が見えた瞬間、"鬼の篭手を付けた堺雅人"の殺陣を想像した人は間違っていません。
当然『リターナー』『スポーツマン山田』『永遠の0』『寄生獣』などにも通ずる特徴なんですが…

国内の映画賞を数多く受賞した『Always 三丁目の夕日』は「古き良き昭和の映画を作りたい!」という某制作会社社長のリクエストに応えた作品。山崎氏にとっては『ジュブナイル』『リターナー』制作支援時のお礼的意味合いがあったことは有名です。故に同作の舞台となる昭和30年代の東京は、(全て妄想とは言わないが…)極めて"思い出補正"が色濃い、欺瞞に満ちた世界観です。
山崎作品の大半は「昔はよかった」に溢れてます。少年時代、未来から見た現代、現代から見た過去… 

今回の最新作も、その延長線上にある。作品全体を包み込む「なんかいいお話オーラ」が凄まじい。
予告編の良きタイミングで流れる宇多田ヒカルの挿入歌といい、客入りは期待出来そうですね。
こうした作品で描かれる日本が、"美しい国"の理想形なのかも。
※某総理も著書で「三丁目~」に触れている

 

鎌倉記念はリコーワルサーが優勝。中団から早目に仕掛ける競馬で、後続に3馬身差をつけました。
森泰斗騎手は怪我明け復帰後初の重賞制覇となり、"リコー軍団"の土橋正雄氏は03年足利記念(シンボリメロディー)以来の重賞制覇かと思われます。すなわち「足利競馬最後のレース優勝以来の重賞制覇」を元足利競馬の所属騎手が成し遂げた事に。更に同馬は"テラザ軍団"の故・海野修太郎氏(某映像制作会社)が所有し続けていた血統。
そうした偶然こそ、人の「縁」や「運命」を感じさせますね。

作為的な心理描写・超自然現象とは空気の流れが違います。

 

さて、好調続く"リコー軍団"は二日連続の重賞チャンス。交流JpnⅢエーデルワイス賞を迎えます。
今年のJRA勢はダート替わり初戦の馬が多いです。流石に迎え撃つ門別勢もコロッとは負けられない。

 

 

エーデルワイス賞
◎ストロングハート
〇グラヴィオーラ
▲シャインカメリア,ボーダレスガール
△パキラパワー,リコーデリンジャー,コスモウーノ
前列想定:マサノスマイル,シャインカメリア,アンジュキッス
⇒発馬上手いシャインカメリア。テンの速いマサノスマイル。この2頭が先手を争う。アンジュキッスも基礎SP高いが、鞍上的に無理し無さげ。その後ろにJRA勢と門別上位勢が続き、この隊列が鍵を握る。
昨年はリエノテソーロが完勝。ダ替わりの成績は悪くありません。逆に門別勢も通用するレースです。雨の影響で速い時計が出ている印象。厳しい展開なら差しも決まる。インの使い方が重要になりそうです。

f:id:beggaman:20171012033014j:plain

ストロングハートの基礎SPと実績を評価したい。崩れた3走前は新馬勝ち後に体を緩めた&3角付近での不利が大きかった。前走も初内回り&マイル延長の厳しい条件で、淡々とペースを刻み、あと一歩まで粘り込む競馬。中間の追い切りも良く動いており、後は気性面と(展開的に)中央馬との兼ね合いか。前姉2着のリベンジ。
グラヴィオーラは前走の様な競馬が望ましいかも。状態面は良さそうだし、厳しい競馬も経験済み。追われて外に行く感は気になるが、JRA勢もいる速い流れで決め手を活かしたい。シャインカメリアは近3走の基礎SP面を評価。走り易い条件が続いており、内枠も含めて正念場。気性が前向き過ぎる分、後手を踏む様だと脆そう。

リコーデリンジャーは近走歯痒い競馬が続くも、しぶとい末脚は使えている。外枠短縮で、未だ見限れない馬。ボーダレスガールの前走は特殊な展開だった。それでも厳しい条件で力強い末脚を見せている。共に追い切りの動きは上々。パキラパワーは相手強化になる。近2走の基礎SPと末脚は評価出来るし、外枠の方が良さげ。
コスモウーノとウインジェルベーラは逆の枠なら違った。共に高素質馬だと思うが、気性面などに課題を残す。

 

 

旬の味覚!門別ししゃも祭り特別:◎メジャーシップ
⇒恒例の道営記念穴馬探し。ヘブンズゲートが逃げて、ウルトラカイザーは叩き台。内々を上手く立ち回って。

 

ハーツクライ・プレミアム:◎コールサインゼロ
⇒アウヤンテプイの出来次第も、ようやく自ら競馬を作れる条件が回ってきた印象。レッドより内枠は良い。
何気にメイショウノーベル大外は不安が見える。サクラインザスカイと上手く展開を運びたい。