『雑感』

稀に更新します。

南部杯 17年 予想

 

 

3連休の最終日は良いお天気に。少し暑いくらいですが、"体育の日"日和とは言えそう。

マイルチャンピオンシップ南部杯は好きなレースです。ブルーコンコルドヒシアトラスの年が忘れられない。
ちょうど金沢競馬も3日間連続開催中で、南部杯の発売に合わせて早い時間帯にレースが終わったはず。
あんまりこれだ…という出来事を覚えていませんが、現地で南部杯を見た記憶は有ります。

 

 

 

マイルチャンピオンシップ南部杯
ゴールドドリーム
ベストウォーリア
▲カフジテイク
コパノリッキー,キングズガード
前列想定:ノボバカラ,ベストウォーリア,コパノリッキー,ウインフルブルーム
ノボバカラコパノリッキーは発馬次第。ベストウォーリアは内ポケットを取り切りたい。ウインフルブルームも砂を被りたくないだろうし、(無理しない程度に)先手を窺う。上記4頭は確実に流れを引き寄せたいはず。
☆基本的に府中1600m戦よりもタフな条件ですが、雨の影響を受け易く、高速化は避けられません。昨年の"チート感"は薄れるも、直線の外有利は変わらず。残り1Fで確実に伸びる持続力と決め手が問われる一戦かなと。

ゴールドドリームは休み明けの割に動いている模様。帝王賞は後手に回り潰された。今回は左回り短縮、鞍上も川田騎手に戻り、決め手と底力を出し切りたい。自ら外を使っていく展開が望ましいし、地力強化にも期待。
ベストウォーリアは良い条件で戦える。高いスピード能力を備えており、上手く内枠を立ち回れる馬。近2走と違い、同型のモーニンが不在&道悪の高速条件で戦える。後は状態が戻って来れば。カフジテイクは帰国後順調な過程を踏んでいる。上がり性能は最上位だが、発馬と追走面に不安がある。枠含めて条件的には悪くない。

コパノリッキーも走れる状態。かしわ記念は見事な競馬であったが、昨年の同競走も凄まじい内容だった。今年は明確な目標がいない(むしろ目標にされる可能性?)。発馬を決めて、揉まれない外を上手く立ち回りたい所。
ノボバカラとキングズガードの取捨選択が明暗を分けそう。前者の参戦&鞍上は良い。追い切りは動いており、持ち前の基礎SPを発揮して欲しい。但し発馬と距離延長に不安はある。後者はどの条件でも渋とく差し込んでくる馬。発馬&追走面と左回りでモタれる面を鞍上の腕に委ねたい。出来に関しては前走の方が良いかも。

 

 

グリーンチャンネルC:◎ロワジャルダン
⇒逃げ候補のゴーインググレート、ウインムート、キタサンサジンが内枠に。ラインシュナイダーも先手を窺うだろうし、同条件だとアキトクレッセントやラストダンサーが好発を期待出来る。非常に展開は読みにくい。
☆高速適正が問われる軽い東京ダート。基礎SPと上がり性能が求められる。先行馬の"お見合い"には注意を。

ロワジャルダンが"覚悟の短縮"。元々高速決着で結果を残した馬。この距離だと内目を誤魔化す競馬ではなく、漁夫の利作戦で差し込みたい。大外枠の分は割り引きたい。イーデンホールは乗り難しい馬。左回りでの操縦と仕掛けどころが鍵を握る。転厩後初の遠征は厩舎に自信アリと見たい。ラストダンサー隼人も楽しめそう。
後は先行馬の取捨選択になりそう。馬券的にも、キタサンとラインの騎手に"得意ぶって"欲しい。

 

京都大賞典:◎スマートレイアー
サウンズオブアースと迷ったが、臨戦的にも信頼。操縦手に委ねたい。
トーセンバジルとハッピーモーメントは穴で狙い易いが、意外とストライクゾーンは狭い気がする。