『雑感』

稀に更新します。

白山大賞典 2017年 展望&同日予想

 

 

政治と"誠司"間違えた グシャ

 

目先の票は気にしないない

 

事前の支持率…え!?1桁?

 

でも いつか上がるかな徒歩ホホ…

 

 

ようやく伊藤万理華(乃木坂46)が、ようやく枝野幸男(仮面女子推し)が立ってくれた。

古着好きのべびたん。まりっか'17の衝撃。グループ随一の身体能力と共に、独特の個性を意識し始めた辺りから台頭。間近で見るほど、パフォーマンスは抜きん出ていた。面倒臭くて、多趣味な感じも良い。
福田陽平『アイズ』や『バレッタ』PVでの演技も良かった。本当にこれからの活躍が楽しみです。

えだのんも月末の選挙結果は厳しいでしょうが、しっかりと憲法に立脚した民主政治を推敲して欲しい。
自民党も「保守本流」復活を期待していますが、現状は厳しい。清和会と水月会による低い次元での争いが続きそう。下手をすると野田佳彦蓮舫が同党に所属してもおかしくない、ポピュリズムな現状です。

しかし、立憲民主党の党名ロゴ一つで(尾崎行雄への敬意,護憲(という造語)を払拭,"国民"優先,民主党からの拘り)を打ち出した辺り、web戦略が上手くなったなと。思想・感情ベースの視点であったり、物事を記号化・単純化して思考停止に陥る傾向に歯止めはかけられないけど、流されないことが重要です。

 

 

砂補充が功を奏しました。乾き切らない良馬場施行。スタンド前の発馬と馬群隊列に変化が見られ、後続も差し易くなりました。月曜は集中豪雨。火曜も天気が崩れる予報。高速化は免れないでしょう。
内有利の傾向は変わらず。外押上げる競馬が(平時通り)通用し始めたと言えそうです。

 

率直に申し上げて、白山大賞典の面子は寂しい。中央馬の遠征は水物ですが。
不満の元は地元勢。グルームアイランド、メイジン、トウショウプライド、3頭共いないのは残念です。マイネルリボーンとミスアバンセも着拾いは十分期待出来ますが、そこは本質じゃないです。
個人的にはトウショウフリークを武豊で見たかった(在厩はしている様ですが…)。

 

 

白山大賞典
◎タガノディグオ
インカンテーション
▲カツゲキキトキト,クリノスターオー
△コパノチャーリー,ナムラアラシ
前列想定:クリノスターオー,カツゲキキトキト,コパノチャーリー
⇒好調続くカツゲキキトキトとコパノチャーリーの先手争い。前者の方が"テン力"は高い。クリノスターオーも外好位には取り付けたいが、大外のインカンテーションは鞍上が"内収納"を狙いそう。
白山大賞典はダ2100m戦でも、向正面発馬から緩い3角~4角で落ち着き易い傾向。例年通り「向正面から仕掛け」の場合、
タガノディグオとナムラアラシの動き出しは失策に繋がります。

タガノディグオは前走(流れに乗れず)大敗を喫すも、初の左回りで条件&状態は悪かった。仕切り直しの一戦で、当日の気配確認はマスト。道悪の高速持続馬場(想定)で道中"内外の切り替え"を意識した差し競馬を期待。気性面と馬場を考慮しても、テン乗りは避けて欲しかった。斤量差は気にならず。
インカンテーションの大外枠は発馬地点と出遅れ癖を考えると悪くない。斤量と位置取り面は心配していない。夏場から乗り込んでおり、序盤の立ち回りで後手に回らなければ馬券内は堅いはず。

一歩落ちるコパノチャーリーとカツゲキキトキトは同斤量。共に自分の形に持ち込みたいが、下手に先手に拘ったり仕掛けのタイミングを見誤ると崩れそう。比較的"相手が楽"な点は恵まれた。
ナムラアラシは差す競馬に工夫が欲しい。一先ず、出遅れが怖い。クリノスターオーは状態面こそ心配無さげ。後は乗り方と馬の気持ち次第なんだろうけど、他力本願になりそう。地力は最上位だし、ローテも一昨年の勝ち馬(マイネルバイカ)に近い。追い切りからも状態は申し分ないはず。

 

 

1R:◎ブランドチャーム〇ディープサミット
⇒ハタノコンフリクトとアスヘノキボウの配置が気になる。前者は叩いての変わり身を期待したい。
ブランドチャームの連闘短縮は"勝利が至上命題"。前走は後手を踏み、ロスの多い競馬だった。地力は高い馬。道中ロスなく僚馬と距離感が大事になる。ディープサミットの短縮&内枠も工夫次第。

 

2R:◎ゴールドノーブル〇ウワサノマリー
⇒内目に人気馬が犇めく。デルマフユゲシキとウワサノマリーは後手踏むと巻き返しが効きづらい。

先行力が安定するゴールドノーブルは"淡白な馬"。位置取りに失敗すると崩れるリスクも。デルマフユゲシキは気性面に課題残る&内を突けない馬。米倉騎手で新味を期待したいが…。

 

3R:◎アガタピアス〇レイズアチアー
⇒アガタピアスが恵まれた配置に。レイズアチアーの外に有力馬が揃い、集中力に懸念が生じる。

そのアガタピアスに残り目を期待。レイズアチアーは仕上がり次第。ミヤギノセンスも"湿った馬場のパイロ"。2走前は怠慢(?)騎乗、前走も"単純に伸びない外々を回したヤラズ"では無く…。
フクノバイオレットは(道理とはいえ)栗原継続。大外枠は課題も馬場変化で多少マシかなと。

 

4R:◎フォンダンショコラ〇コモンセンス
⇒転入馬中心になると思う。中でもコモンセンスは当歳時に直で見ている馬。スピードはありそうです。
外枠に入ったフォンダンショコラは見直せる。栗坂で古馬相手に好時計。血統&馬体的にも"芝馬"のきらいも、近2走は単純にスピード不足が響いた。地の浅い金沢移籍は適当で、この面子なら。

 

5R 愛犬ヤマト誕生記念:◎サムキー〇スカットダムール
⇒ここも門別組の取捨選択が厄介。地の浅い競馬場に移り、一変する馬がいても不思議じゃない。

そのヴァンテラスは小柄で(追走難も)鋭い末脚を使える馬。いかにも金田厩舎っぽい。人気だと丁半かな。本命はサムキー。前走は勝ち馬を外々追走する厳しい形。それでも2着に粘った点は評価。
スカットダムールも前走は"特攻"競馬。最内枠は懸念も見直せます。しかし、重賞日に凄いレース名だこと。

 

6R:◎エイトワンダー〇ヘヴンオンアース▲マイネルデュナミス
⇒ヘヴンオンアース最有力も、初混合戦&延長で出し抜く手立てはある。外枠勢の出方一つになると思う。
ベネフィットユーと迷ったが、エイトワンダーの延長&栗原替わりは興味深い。どちらかの"漁夫の利"に期待。今年は(昨年に引き続き)中田会長と関副会長が重賞日に勝負の様相。

 

7R:◎ツヴィンガー〇アメリカンイーグル▲スターカプリーヌ
⇒逃げ馬のスターカプリーヌを、カワキタグロワールが脅かす。ウインドフェアリーは案外控えるかも。
ツヴィンガーは確実に差し込んでくると思う。アメリカンイーグルも間隔明け&内枠は興味深いです。スターカプリーヌは(本質的には)外枠スンナリの方が良いと思う。内枠で先行出来ないと脆い。

 

8R 千枚田あぜのきらめき特別:◎クリノロスメルタ〇アザミ▲グランデヴェーネレ
⇒外枠の(脆そうな)先行勢が、意外と流れ込めても不思議はない。内2頭の位置取りは重要になってきそう。
アザミ有利とは思うが、ハイドロポリスの存在は不気味。一周して、クリノロスメルタ本命が無難かも。
良血のバトルエニシは気性面に課題あり、(厩舎的にも)長い目で見たい。グランデヴェーネレも押さえ。

 

9R 九谷焼ロディ杯:◎ハテ〇カルチャーバリュー▲ナリタシーズン
⇒再昇級となるナリタシーズンと転入馬ハテの争い。パルクールダンサー取消で混戦模様に。ハテは配置的にも楽しみ。血統的にも地軽い方が良さそう。カルチャーバリューも"着取り面では"期待出来る。
ナリタシーズンが楽々先手を奪う様だと何も無さげ。こういう時にハクサンナチュラル外枠は案外…?

 

10R やましろ湯の曲輪浪漫特別:◎ヤマチョウルンバ〇クレバーフォース▲トミケンアールト
⇒クレバーフォースが昇級初戦で、ルールゴールドとの対決は興味深い。久々トミケンアールトが先手を奪い、ドゥスールやスガノランバダ(前走控えたのは気がかり)も殺到すると厳しい展開を期待。
ヤマチョウルンバが潜り込むと面白いなと。前走の崩れ方は気がかりも"内収納"を狙える。むしろ気性的に外枠を歓迎したい。スマイリーキュートはもう一戦挟んだ方が良い。
このレースが、今日一番難しく(買いたい馬が多くて)困りました。後は馬場傾向を見ながら…ですね。

 

12R のと鉄道フェスティバル2017:◎レイクルイーズ〇ツェーゲン▲コンノートスリー
⇒上位拮抗。(前走の勝ち方からも)コンノートスリーは人気を博しそうだが、時計比較では大差ありません。
レイクルイーズの前走は地力を見せた。古馬相手にも強気の競馬を期待する。ツェーゲンは最内枠を克服出来るか(この馬も早々に再転入したいだろう)。厳しい流れなら叩き良化のムチャチャマヒカとレイズアセイルも。米倉騎手が戻った事で、リーディング争いも藤田優位になりそう。中島は確実にお手馬で結果を残したいです。

 

あいにくの雨日ですが、お客さん入ると良いですね。
当日は「まりなるぅ~!?トレクァルティスタ」的な人も来場する様です。という事は…えぇ。