『雑感』

稀に更新します。

サラブレッド大賞典2017年 予想

 

 

本日は短縮版にします。

予想も馬場など、不確定要素が多いので…どうですかね。

 

週中こそ"十分に降っています"が、週末の夏日(高温)で馬場は乾き切るかなと。
加えて、金土(2日)に分けての砂補充。馬場整備側も「最内チート馬場」の解消に苦心していますね。
正直、分からないですね。殆ど改善が見られない可能性もある。先週は雨風の影響を受けていた様な傾向変化。差し馬の3着内率は上がりましたが、根本は変わっていない気が。今回の工夫にも過度の期待は出来ません。

日曜メインは"北陸四県畜産会長賞 サラブレッド大賞典"。
石川ダービーの創設と加賀友禅賞との兼ね合いが、割と各陣営に影響していそう。
それにしても、1R~4RとC2最下級のレースが続き、8R,9Rは転入馬だらけという編成。本当に相変わらず。
最終レースの冠名が「第一回逆転満塁サヨナラホームラン賞」なのは唯一の救い(?)ですかね…
 

 

 

 

サラブレッド大賞典
◎ヤマミダンス
〇ヴィーナスアロー
▲ムーンファースト,サッキーヘラクレス
△ゴールドハリアー,アマゾンダンス,デルマキミコイシ
前列想定:ムーンファースト,アマゾンダンス
⇒外からムーンファーストが先手を窺い、デルマキミコイシは(ムーンファーストorヴィーナスアロー?)援護に回る。アマゾンダンスが分からなくて、(ヤマミダンスを気にせず)強行策に出る可能性を感じる。序盤は淡々と流れつつ、中盤"息の入り方"が展開を左右しそう。馬場整備の影響が出る様なら、差し馬有利に働くか。

ヤマミダンスは"ハーツ×ティンバーの内枠延長"。血統的には「勝ち切れない法則」に該当するが、陣営的には「ライブザドリーム作戦」なのか。近走不振(気性面,発馬)は"2歳時のツケ"が回ってきた感。加えて"展開,馬場,ローテ"に恵まれず。(敗因は明確な分)見直したいが、戦略的に乗り難しい。もう一度、強気の競馬で。
ムーンファーストは8枠に入るも(発馬~3角迄直線長い)2000m戦なら先手を取り切れる。外追走時の不安はあるが、上がり性能は十分で"切り替え"差しもアリかなと。過度の期待は寄せられないが、中距離延長に期待。

ヴィーナスアローは最内枠に入り、狙いすました調整も楽しみ。前走は論外の競馬で力負けは感じない。上がり性能は最上位だし、淡々と流れるなら儲けの幸い。馬場調整も味方すると良いですね。ゴールドハリアーの延長の方が効きそうな感じはする。長く末脚を使える馬で、(展開次第だが)漁夫の利を期待できる。
サッキーヘラクレスは好位差しの正攻法で有力どころを倒せるか。大舞台だと買い辛い。アマゾンダンスは前走ペース過多。飛ばし過ぎると不安も、仮に楽な展開だとしぶとい。先日取り上げたデルマキミコイシも押さえ。

 

 

金沢1R:◎プレシャスムーン
⇒プレシャスムーンを巡る争い。サンマルグロウも先行出来る"低調な面子"だが、馬場次第。ハヤブサキセキやサンマルグロウを重視する方向で、ヤマカツエイトやエリタージュゲランの「漁夫の利」を観察したい。

 

金沢2R:◎エイシンソニック
⇒前走「失策」のトップザサブライは栗原騎手に。とはいえ、最内枠&隣にクリノアンボワーズは厄介。
エイシンが不出来だと"仕切り直し"になるが、降級&吉原替わりのベニノラフィカに期待する。8枠と迷った。

 

金沢3R:◎マイネルクロノス
⇒エクセレントロードが真面なら本命だった。テンエイリードも外々を回す形は避けたいところ。
馬場と展開が向けば、マイネルクロノスの"漁夫の利"に期待。アイラヴキャンディの先行力と迷った。

 

金沢4R 正院の秋祭り特別:◎ネオジェネラル
⇒サンダーブラスト対ネオジェネラル。最内の動向も気になるが、やはりネオの方が基礎SP的に上手か。
ウインドエーデルと迷ったが、塚本替わりは半信半疑。結局、内枠をケアせざるを得なくなるやつ。

 

金沢5R:◎ミリノカイザー
⇒復帰戦のナムラジョフレが大外。アイトラッキングやユンゼイ相手に先手を取り切れるか。
ウインドワルツの吉原替わりを狙ってみたいが、流石にミリノカイザー外替わりか。これも馬場次第。

 

金沢6R 新潟県畜産協会長賞:◎アルコ
⇒前走楽な面子で外先行のブランドチャームと転入初戦を番手から粘り込んだヒロノオンリーワンの対決。
"隠れレオ軍団"のアルコは最内枠に入る。一戦毎に末脚は見せており、上位勢に食い込むなら楽しみ。

 

金沢7R 福井県畜産協会長賞:◎バイアウト
⇒クリノロワイアルが逃げられそう。ジャジャも(序盤張れば)戦える。何が酷いって当該距離実績馬がゼロ。
バイアウトは距離伸びても戦えそう。前走は外々を回された。この面子ならクリノを目標に攻めたい。

 

金沢8R 富山県畜産振興協会長賞:◎ニーマルジット
⇒今年も転入馬が殺到する季節。事前に考えるより、調教とパドックを見た方が良い。
ニーマルジットは馬主が中田会長。ムーンファーストとの併用調教で好内容。とりあえず、初戦は買う。

 

金沢9R 石川県畜産協会長賞:◎トーアウラシマ
⇒ここも転入馬ばかり。ハートリッチが(株)ファーストビジョンなのは複雑の極み。
デルマイヨマンテの出来次第だが、フェリシアルチア組とダイヨコヅナを優先的に買いたい感じ。
アクロスザシャインとデルマイヨマンテは馬体に不安ある馬で(高素質?でも)常に注意した方が良い。

 

金沢10R 柳田大祭特別:◎ラストノート
⇒ロミオでも先行出来そうな面子。とはいえ、ルールゴールドがインベタするのだろう。
このタイミングで最内枠を引き当てたラストノート。3走前は先行馬場だった分。ここで再考したい。

 

金沢12R 第一回逆転満塁サヨナラホームラン賞:◎サンケネット
⇒金田厩舎4頭出し。どれが先行するか読めない。とても難しい。
意外とスピードある馬。これを狙いたい。