『雑感』

稀に更新します。

札幌2歳S

 

 

いかにも「最終週の馬場」になってきた札幌競馬場。先週より時計が掛かり、内差しは効かなさそう。
タイマン勝負が濃厚で、(脚質に問わず)タフな条件に強い地力が必要と見ています。血統も重視。
札幌2歳Sは「久々に面子が揃った」印象です。抜けた存在がいない分、どの馬にもチャンスがあるかなと。

 

 

 

札幌2歳S
◎カレンシリエージョ
〇ロジャージーニアス
▲ロックディスタウン,クリノクーリング
△ダブルシャープ,ファストアプローチ,ディヴァインブリーズ
前列想定:サージュミノル,マツカゼ,ヴィオトポス
⇒"芝替わり"のサージュミノルが先手を奪う。好位前後に取り付けたい馬は揃っており、発馬に不安がある点も一致している。"経験の浅い"クリノクーリングやマツカゼも十分先行出来そう。淡々としたペースを期待する。
⇒超高速条件で「B」相当を出したコスモインザハートと「C+」条件を出したファストアプローチは真反対の条件に(血統的には両者ともタフな馬場は合いそうですが)。マツカゼも順位ほど悪いTRじゃない気がします。

f:id:beggaman:20170902051153j:plain
☆やはり注目は「勝ち方が良かった」人気馬。ロックディスタウンの上がり性能は(怖い新潟組とはいえ)間違いないですし、血統的に地力勝負の方が向きそう。クリノクーリングは緩い展開で長く末脚を使い、(次走似た内容で勝つ)カレンシリエージョを完封している。ファストアプローチは高速条件で中団外から押し上げる競馬。ロスの多い競馬で"完全タイム差マイナス"は素晴らしい。この3頭の取捨選択が鍵となりそうです。

カレンシリエージョの良化を支持したい。新馬戦は余裕残しの追い切りで「素質だけ」の走り。前走8馬身差の完勝も「相手が楽な分」でした。半姉G1馬の非SS系で、追い切りも動いている。格上挑戦は素直に楽しみ。
ディバインブリーズは「E+」相当で勝ち上がるも、淡々とした流れで長く末脚を使いました。但し全5走は外国人騎手の騎乗(前走に至ってはモレイラ騎手が上手かった)。藤岡康騎手だと「溜め殺し」が怖いです。

ロジャージーニアスは血統的に買いたい。前走は「好位からジワジワと伸びる」競馬。力強い末脚を使えますが、エンジンの掛かりは課題。追い切り良く小回り条件で一変を期待。地方勢ならダブルシャープ。勝ち時計は遅いですが、緩い展開で(加速ラップで)長く末脚を使う勝ち方は好評価。不安は馬場条件と妙味の無さか。

ロックディスタウンは(血統的に)地力が問われた方が良いかも。前走の上がり性能は本物であろう。後はクリノクーリングと同様「2戦目」を熟せるか否か。この2頭は追い切りも動いており、末脚能力は高いです。
ファストアプローチは頭数とレベルが上がった状態での大外枠は厳しい。距離延長も不安ですね。
この人気3頭は勝っても負けても良い材料になりそう。ロードトレジャーも迷ったが、マツカゼは分からない。

 









・