『雑感』

稀に更新します。

新潟JS&ひまわり賞 2017年

 

 

新潟ジャンプステークス
◎ハギノパトリオット
〇グッドスカイ
▲ホーカーテンペスト
△リスヴェリアート,タマモプラネット,タナトス
前列:タマモプラネット,グッドスカイ
⇒長期休養明けのタマモプラネットを制して、グッドスカイの単騎逃げを想定。少し離れた好位(前後)にハギノパトリオットホーカーテンペスト。雨の影響を強く受けそうで、混戦模様からも波乱決着を想定したい。

◇新潟の障害コースは外回り⇒内回り。飛越地点でのスピード減速が重要で、置き障害(竹柵)だけの使用。難易度は低いが、スタンド前と向正面にある連続"置き障害3つ"は上手く通過したい。
⇒後半の内回りコースは殆ど平地戦。上がり性能と飛越後のスピード維持力を評価したい。

ハギノパトリオットの巻き返しに期待する。前走は直線ヨレ気味で(厳しいマークも受けて)伸びを欠いた格好。単騎休養を挟んで、追い切り良化は好感が持てる。飛越自体は悪くないが、決め手より機動力を活かしたい馬で新潟内回りコースは仕掛け易いはず。置き障害の方が飛びやすいだろうし、後は自分との戦いになりそう。 

ホーカーテンペストは「脚部不安の解消が見られた」なら楽しみ。中間は好調の石神騎手が調整に関わり、主戦の五十嵐騎手に代わって手綱を取る。(外厩調整の影響もあるが)調子は良さそうで、2走前より減量は好材料
グッドスカイは飛越スキルが上がり、ここ数戦は安定した成績を残せている。技術面の向上が見られるなら次のステージでも楽しみなんだが、現状は先行力を活かす感じが良い。この面子なら鞍上の自滅さえ無ければ。

リスヴェリアートは「意外とチャンス」かもしれない。道悪の左回りで芝内回りコース。機動力を活かせそう。とはいえ、後方から追い上げる競馬は辛い。北沢騎手に工夫を求めるのも…。
タマモプラネットとタナトスは休養明けで仕上がり次第かなと。人気もないし、相手では押さえたい。

 

 

 

ひまわり賞
◎レグルドール
〇ショウナンタクト
▲キリシマアスカ
△ヒトモジノグルグル,プリンセスブーケ,ニコルハイウェイ
前列想定:コウエイユキチャン,ヒトモジノグルグル
⇒使って良化見込めるコウエイユキチャンと安定した基礎SPが持ち味のヒトモジノグルグルの先行争い。ある程度ペースは流れると見たいが、九州産馬戦だけに実力差が大きく出そう。基礎SPと上がり性能の比較が重要。

f:id:beggaman:20170826031951j:plain

まぁレグルドールが最上位なんですけど、2戦連続「E」相当です。そもそも、本競走で「D」相当を出したのはカシノマストくらい。上積みもクソもない…が、今年は「変則的な直行組」の取捨選択が鍵を握りそう。

レグルドールとショウナンタクトは上積み薄も時計通り走れたら、馬券外は考えにくい。共に道悪向きの血統。後者の方が鞍上交代と馬体重面で不安がある。ニコルハイウェイは末脚一辺倒。この鞍上だと…。
コウエイユキチャンとキリシマアスカの「変則直行組」をどう評価するか。このレースは完全タイム差2秒台の低レベルで、同日レグルドールの新馬戦の方が内容は良い。上がり性能も平凡で、一気の上積みはどうも…。
人気薄だと先行力あるヒトモジノグルグルとプリンセスブーケ。前者は砂血統で、淡白な印象。後者は気難しく詰め甘い馬。こちらの方が、道悪で外枠を引けた点は評価出来る。後はテイエム2頭の上がり性能に期待する。

 

新潟7R:◎スピアザゴールド
⇒大分気性は良くなった。道悪新潟で上がり性能が活きそう。

札幌8R:◎ダブルミステリー
⇒発馬次第。テンプルツリーと迷ったが、上手く流れに乗れたら。

札幌9R:ドルフィンマーク
マイネルクラフトと迷った。この面子なら積極策を期待。マカヴォイ騎手は追えるので。