『雑感』

稀に更新します。

河北門カップ 2017年 予想

 

 

土曜日の金沢は記録的な大雨(特に能登地方)。競馬場も能検の時刻を引き延ばす事態になりました。
週中に砂補充をやっておいて良かったのでは。久々に振り切れた"田んぼ馬場"を想定します。
基本的には"先行馬重視"。逃げ馬はペース&地力次第。差し馬は"上がり性能"重視。後は藤田騎手ですね。

 

日曜メインは3歳牝馬準重賞の河北門C。昨年から現在の体系になりました。
恐らく大半の馬が年末開催以来の不良馬場。スピード負けしそうな馬が続出しそうです。
今日の気温が夏に近いので、夕方頃には"乾きかけの馬場"を警戒。すなわち「内優位」を想定しつつ。
※1,2Rで(金沢不良御用達の)ベーカバド産駒が連勝。やはり基礎SP重視の馬場かなと。後は乾いてどうか。

 

 

3R:◎レオネル
道悪&外枠のケイムホーム。"忖度"無ければ大丈夫だと思いたい。
サクラトップビクト、ブルブルブルの先行力とノアタン、オレノヴィジョンの末脚に期待。
馬単8⇒1,2,3,7 3複8-7-1,2,3 ワイド8-1,2,3

 

4R:◎ハクサングロウ
デルマキミコイシの近3戦は水準を高く超える走り。血統的は高速向き。道悪で後手を踏まなければ。
やはりハクサングロウを買いたくなるが、この乗り替わりがどうか。後は内枠勢を。
3単3,5-3,5-1,2,6 3,5-1,2,6-3,5

 

5R:◎グランデヴェーネレ
アマゾンダンス自体は高速持続向き。道悪に振り切れた馬場は対応できると思う。
問題は他のスピード馬の動き。クレードラリュンヌの不調続くなら、血統的にもこの馬を狙いたい。
馬複5-1,4,7 3複4-1,5-1,2,7

 

6R:◎バルダッキーノ
この想定は面倒臭い。が、ムーンファーストを巡る争いになりそう。道悪でスピード面が如何か。
そろそろバーバリアンが復調しても良い頃だが、バルダッキーノとレソルテに期待してみる。
馬複4-1,2,3,5 9-1,2,3,4,5

 

7R:◎リバースフォンテン
困った時のアジュディケーティング。何度も利用した格言だが、それも10年近く前のこと。
内枠の2頭が上手く立ち回ると変わり身在りそう。プレシャスパワーも改めて狙いたい。
馬複5-1,2,6 6-1,2,5

 

8R:◎ハヤブサキセキ
ダイシンアレッタが思ったより人気。だけど、ゴールドウォッチ1番人気じゃ変わらない。 
血統的にも買いたいのはガイナとハヤブサキセキ。立ち回り次第で馬券内を狙えそう。
ワイド1,6-3,6,8

 

9R:◎エンパイアフリート
再度"スピード一辺倒"のエンパイアフリートを。クリノアンボワーズは最内&西森。流石に主張するとは…。
後はベニノラフィカ辺りが変わり目ありそう。前走先行出来たのも大きい。
馬複3-1,2,4,7 7-1,2,3,4

 

10R 石動山開山祭特別:◎ステージナーヴ
トウショウアパッチが取り消し。ロミオが転入初戦。オレカーニバルの主張次第になりそう。
ステージナーヴはA2戦で壁にぶち当たるも、B1戻りで少し走り易い馬場なら。後は脚元との相談。タイキガラハットは前走1700m戦で外枠からハナ取り切れず。今回は最内枠になるが、隣馬との兼ね合い次第。
馬複6-1,2,4,8,10 1-2,4,8,10

 

11R 河北門カップ:◎ヴィーナスフェイス
例によって"田んぼ金沢のベーカバド"を買おうと思ったら、最内&出来良好で1番人気。なるほどねぇ。
カトリーヌスリジエの出方次第になるが、1500m戦だと気性を考慮して構える競馬かなと(と思うが、青柳よ)。そうなるとヴィーナスフェイスの残り目。エングレイグも立ち回りだが、吉原じゃないと内に潜らなさそう。
サッキーヘラクレスは基礎SPに不安も、他が差して強くない点は楽。これも位置取り次第。
3単1,6-1,6-4,7 1,6-4,7-1,6 1,4-1,4-6,7,10 1,4-6,7,10-1,4

 

12R ジェットスキー特別:◎クラシカルノヴァ
メイショウオニグマが最内で、逃げ濃厚。スガノタイトルが内枠で西森。ドロダンゴが外枠で吉田晃。うーん、意外と"額面通り"の展開にはならなさそう。前者は内を立ち回りそうだし、後者は外捲り入れそうだし。
平瀬と堀場の出方次第だが、ある程度中盤緩んで、好位から押し上げる競馬が出来ればクラシカルノヴァ有力。
問題は距離短縮なのと、青柳さんの"位置取り"勘が微妙なこと。他だとアウズが4着っぽいくらい。
馬複3-1,2,5,8