『雑感』

稀に更新します。

東京ダービー 2017年 予想

 

 

 

時間がないし、リアルタイム視聴が出来ない可能性もあり、手短に。

 

 

東京ダービーが「特別なレース」である事は言うまでもありません。

今年はリアルタイム観戦が出来ないですけど、参加しないという選択肢はないので。
羽田盃は中央からの移籍初戦キャプテンキングが制した事で"多少"物議を醸しました。とはいえ「地力の差」を逆転出来るのがこのレース。地方各場とは違い、横綱級が存在しない分、実力は拮抗している印象です。

注目の的場文男騎手は、阪本厩舎のブラウンレガートに騎乗。キョウエイプライドの雪辱を誓います。羽田盃馬キャプテンキングを始め、船橋勢と小久保勢が主な相手。社台馬は1頭で、中央騎手の参戦もありません。

馬場は"絶賛変動中"。月曜の"内前高速状態"が乾く事で火曜は"差し易く"なり、今日は重馬場施行を想定。下級条件は"競艇"だと思うが、上級条件は地力が問われると推測。基本はスピード勝負、ペース次第で差し決着と。
最も大井2000m戦は"タフになり易い"。加えて"風"。道中余程恵まれないと先行決着は難しい気がします。

 

東京ダービー
ミサイルマン
〇ヒガシウィルウィン
▲クラトリガー,アンジュジョリー
△カンムル,キャプテンキング,ブラウンレガート,シェアハッピー
⇒クラトリガー繁田なら本命だった。キャプテンキング文男なら本命だった。

大外ポッドルイージが鍵を握る。以前から"今年の指標はサイバーエレキング"だと書いていたが、今回も先手を取る可能性が高い。これを見ながら有力馬の位置取り争い。厄介なのは"泰斗&矢野前受け"の展開。
大外からポッドルイージが加わると面白そう。過剰人気にビビる瀧川騎手ではないと思う。

中盤緩む様なら、カンムルが押し上げそう。今の馬場で仕掛けるのは"半信半疑"だけど、この辺りペース次第。東京ダービーらしい"極端策”に賭けたいですね(だからこそ、省吾や繁田を買いたかった)。

本命ミサイルマンという"奇策"を思いついた。といっても、鞍上が"奇策"を選択しないよね(笑)
個人的に「カネヒキリ産駒の極端」を注目していた時期があり。ロンドンタウン、ミツバ、レイディルアレナ、トロヴァオと何れも鋭い末脚を持ちながら、正攻法では勝ち切れない印象があった。そして、高速持続向き。
カツラドライバーの血統は、3歳までなら距離の融通が利く。近走を見ても、正攻法では厳しいだろう。調教は良化傾向にあるし、後は…というか、鞍上とのシンクロが一番期待でき無さそう。ドリームスカイ作戦。

というのも、買いたかったクラトリガーとアンジュジョリーが条件的に厳しくなってきた。共に着取りの意識で乗った方が良さそう。末脚を活かせる馬場だとは思う。マーク的にも戦いやすいとは思う。
ブラウンレガートも戦いやすい馬場だと思う。後は位置取り。基礎SP勝負は(ディープスカイだし)色々恵まれないと厳しい。前走は末脚を図る良い負け方だったと思う。この点はヒガシウィルウィンも同じ文脈。

キャプテンキングは序盤の位置取り次第。自ら潰しに行って完勝なら仕方ない。
中央時代の様に「漁夫の利」勝負に徹した方が良さげ。この辺は人気的にも逆らっていきたい。
カンムルは長く末脚を使うタイプ。道悪サマーバードはそそられますけどね。後はシェアハッピー

いずれにせよ、中央G1がスロー競馬続き。地方競馬の雄「大井」競馬場から別勝負の提案を期待します。

もちろん文男のダービー制覇も、祈念しつつ。