『雑感』

稀に更新します。

日本ダービー 2017年

 

 

日本ダービーの広告に関して思う所はあるけど。

とりあえず、国歌斉唱が(CMで印象付けておきながら)木村カエラじゃない点は嫌いじゃない。岡本知高さんは本当に凄いソプラニスタ。CXのフィギュアスケート中継で流れる「ボレロ」の歌手といえば分かり易いか。
ちなみにキングカメハメハが勝った年も岡本さんでした。この年もさんま師匠のCMが叩かれていた記憶。

 

そもそも日本ダービーには思い入れが全くなくて。むしろ馬券的に「相性が悪い」レースだったりします。
今でも、エピファネイアキズナ馬単ドゥラメンテサトノクラウン馬連が外れた意味が分かりません。遡ると◎フサイチホウオーの年は前受けを期待するも、後方のままだったり。

"大混戦"と評される2017年度の東京優駿ですが、とはいえ「どの馬にも勝機がある」様には感じず。昨年より絞り辛い程度の印象です。注目は池江厩舎、音無厩舎、総帥の3頭出し(地味にノースヒルズも2頭出し)の動向。こういう時は「違う厩舎から勝ち馬が出る」のが、セオリーの気はしますが。

 

例により近5走のタイムR比較ですが、アルアイン,ペルシアンナイト,レイオデロの3頭は皐月賞に続き最上位。
これに、4戦中3戦が「A」相当というアドミラブルを加えた構図。次点も、皐月賞同様のスワーヴリチャード。

f:id:beggaman:20170527115644j:plain

皐月賞3着ダンビュライト、同4着クリンチャー。この2頭は良い競馬を見せました。ダイワキャグニーの前走は好時計ですが、 超高速馬場を考慮すると「水準より高い」程度。ベストアプローチまでが圏内と見ます。

 

一方、去年の出走馬はこんな感じ。

f:id:beggaman:20170527115813j:plain

去年の予想印は◎サトノダイヤモンドエアスピネル
順番通り買えば良かったのに、どうしてこうなったのか…。

 

先行馬のタイプ予想は当てにならないかもしれませんが。

f:id:beggaman:20170527182321j:plain

アルアインは引き続き「ゲート不安」候補。今の松山君なら冷静に対処しそうだが。クリンチャーの逃げは展開の助けが欲しい。トラストが「逃げ宣言」を行っているが、アメリカズカップも他馬の動向次第で分からない。

前走レベルの発馬なら、マイスタイルとスワーヴリチャードは「番手~好位」に取り付けられそう。問題は他頭出し勢の動向。音無厩舎と総帥勢は持続差し展開が望ましいはず。逆にノースヒルズ勢はスロー展開が欲しい。
池江厩舎もペース補正が入る展開を所望しそうだが、アルアインを上手く扱えそう。何か先行馬が飛ばすなら、クリンチャーやスワーヴリチャードと隊列を形成出来る。逆に序~中盤緩すぎるなら、早目に仕掛けて行ける。一番厄介なのは「典ちゃん,藤岡兄,武豊,四位」が番手~好位を占める展開。そのまま決まっちゃいそう。

 

f:id:beggaman:20170527215229j:plain

例年に比べて「内側」「3,4角」の痛みが回復しきれていない様子。外枠の馬は「より外」を回されそう。
基本的には「決め手勝負」上がり性能を重視しつつ、基礎SPと持続力を注視したい。
以上から勝ち馬はアルアイン,ペルシアンナイト,アドミラブル,レイオデロ,スワーヴリチャード,ダンビュライト,クリンチャー,サトノアーサー,カデナの中から出てくると予想する。ダイワ,ベスト,ウインは3着狙いで。

 

日本ダービー
◎アドミラブル
〇スワーヴリチャード
▲レイオデロ,ペルシアンナイト
アルアイン,ダンビュライト,クリンチャー,ベストアプローチ,カデナ

これがしっくりきた。
大外枠もナリタブライアン,ジャングルポケット,トウカイテイオー級は克服している。アンライバルドに関しては"別ベクトル"。最後入れの方が大出遅れの可能性は低いし、腹を括って大外末脚勝負に臨める。それで良し。

"音無谷46"に代表されるバレークイーンの一族は体質が弱くて、順調に使えなかったり志半ばで引退するなど、不運だったりする。Sunny Valleyの一族まで広げると、エリンバードやアドマイヤラピスの一族がいます。
今回のアドミラブルは「最大のチャンス」だと思います。一戦毎の内容が濃い。青葉賞の内容も、時計の出方を考えると「A」相当は十分。後はポテンシャルが問われる厳しい展開なら。大外枠で出遅れたら諦めます。

スワーヴリチャードの皐月賞は脚を図る様な負け方。右回りで真っ直ぐ走れなかったのも敗因。これが大きい。今回は左回り内枠延長。新馬戦から四位騎手と課題をこなしてきた。後はスタート&位置取りを決めるだけ。
とはいえ、フサイチホウオーを本命にした年と同じ文脈なので、後方待機になったらお疲れ様でした。

余談ですが、母ピラミマの牝系は、ある意味アドミラブルとは「正反対」になりますかね。

最近は見られないが、インティライミアサクサキングススマイルジャックの様な工夫で残す先行馬も多い。
この文脈でクリンチャーに期待する手はある。逆にベストアプローチはバテ差し3着狙い。共に4着候補。
ペルシアンナイトは素晴らしい馬。テン乗りが残念過ぎる。デビュー戦から和田さんなら勝ってた(適当)

カデナとレイオデロはペース次第。共に内枠が欲しかった。レイオデロに至っては皐月賞が盲点になる。
他にも切り口はあるけど、その辺は割愛。とりあえずパドックを見て、買い方を決めます。