『雑感』

稀に更新します。

5月23日(火)の金沢競馬 予想

 

 

 

オークスソウルスターリングが優勝。フランケル産駒が初年度で結果を残しました。2着はモズカッチャン。皐月賞2着のペルシアンナイトと共にハービンジャー産駒。逆に社台F以外から成功例が出たパターン。
この辺り社台Fは種牡馬戦略の幅が広がりそう。今後も試行錯誤が続きます。


石川四冠の始まりにあたる重賞・北日本新聞杯は、ヤマミダンスの5馬身圧勝で終わりました。

中川調教師の思惑通り、馬体重は11㎏回復。気性面を矯正すべく、シャドーロールを着用しての出走。万全を尽くし、見事スタートを決めましたが、直後落馬したアルタイルキララと金田厩舎の3頭に終始絡まれる展開。キックバックを受けなかったのと、中盤息を入れられたのが勝因かもしれません。最後は周りを競り潰す競馬。5馬身差とはいえ、今後も課題の多い馬だなと思います。一先ず悪い流れを断ち切れたのは良かった。

2着は"B2走目"サッキーヘラクレス。気性面で苦労するも、鞍上の檄に応えた形。硬い身体つきですが、調教は良かった馬。人気薄3着のゴールドハリアーと共に「近走外を回して最後伸びを欠いていた」印象が強いです。ディターミネイトとナゲッツは返り討ちに遭った格好。力は見せています。一方レソルテは落馬の不利を受け、後手後手の競馬に。見せ場無かったラブフルーツ共々、次走以降は見直し。後者の方が距離延長向きか。

開催後半は百万石賞前最後のA1競走などが予定されています。
日曜は乾いた良馬場。砂補充により、やや時計の掛かる状態。内有利も緩和されて、より基礎SPと上がり性能を重視したい。逃げ馬5勝も、ペースが流れると差し決着になり易そう。先ずは能力の見極めから。
今日も同様の馬場状態を想定。馬体減や発汗など、パドック状態を見極めたいところです。

 

1R:◎オレノヴィジョン
ハクサンオダイリの状態面と、カルサイトイモンのゲート次第。気性の難しい馬で、終始追い通しになりそう。最後は良い末脚を使う。先約の関係か乗り替わりも、枠は戦い易い。ハクサンは中央時代の期待通りなら。

2R:◎マルカンベルガー
中川厩舎3頭出し。久々のカタマチコマチと前走完勝ライヘンバッハは共に小柄で、状態を見たい。カネトシは立ち回り次第。ジェイケイは鞍上強化に期待。マルカンベルガーは間隔明けの格上挑戦。馬的に外枠は歓迎。

3R:◎ムーンファースト
二の足が速いサクラトップビクトを行かせても、中盤緩むなら直線再加速で決めたい。外替わりベリルイモンは延長で鞍上のリカバー次第。マイネルデュミナスは内枠&中島替わりも、砂被ると位置落とすリスク。

4R:◎フクノバイオレット
ガンバレアナコンダと迷った。前走は内目で後手後手の競馬。外枠に入った先行馬の動き次第かなと。

5R:◎アクティブムーン
間隔明け2走目のクレードラリュンヌが吉原戻り。ルナフォースと迷ったが、配置的にアクティブムーンをば。格上挑戦になるが、先行馬の体力が消耗される展開なら。バルダッキーノも同型で中盤緩むと強敵。

6R:◎ネオジェネラル
近走は逃げ馬を追いかけ、末脚を無くす競馬。この面子なら緩むだろうし、差し馬を上手く交わしたい。

7R:◎クリノアンボワーズ
隊列が読めない。ダイシンアレッタの前走は捕まえに行って崩れた格好。マヤジョワイユとの配置は気がかり。プチテアートルとエレスペールは状態次第。特に後者は乗り難しい馬。Twitterで「出遅れは八百長」と言ってる人が有料予想を売っているのが、興味深い。クリノアンボワーズの前走は上手く逃げた。配置は謎だが…。

8R:◎ツヴィンガー
パールオブウエストと迷った。共に外枠と体調面に課題。内の先行馬とオズマが押し出る。クイニーアマン次第だが、柴田君も桑野騎手も工夫可能な配置。状態面と実力的に勝ち負け出来る方を本命に取る。

9R 金沢城賞:◎マルクデラポム
JRA交流競走だが、注目は転入初戦トウショウギフトとカトラス。ツーエムカイザーが行き切ってくれるなら、この2頭とスマートダイバーを上手く使いたい。不安は距離延長と"前との距離感"。今年は厄介な面子が揃う。

10R:◎ヤマチョウルンバ
前走は内目で後手に回る。落馬で好機を逃したアウズ共々改めて狙いたい。

11R:◎ルールゴールド
順当そうなメンバー構成。メイショウオニグマが楽な展開だと諦める。

12R 揚げ浜式塩田特別:◎マイネルクロノス
これも内枠の先行馬が行き切ってくれるなら。かなり拮抗した面子。