『雑感』

稀に更新します。

かしわ記念 with 兵庫大賞典 予想

 

 

(当たり馬券を握りしめながら…)

 

ティーメローくん、ありがとう。

 

ガノタイトルくん、ありがとう。

 

ガトリングくん、ありがとう。

 

プロセッラくん、ありがとう。

 

…みんな、ヤってくれてありがとう!

 

効率的な"サトケン&カネヤン"狙い。

 

充実した"海馬澤&矢野"観察。

 

どうも、「こちらM下サー○スセ○ター」です。

 

 

かしわ記念
◎ブラゾンドゥリス
インカンテーション
コパノリッキー,ベストウォーリア
△モーニン,リッカルド,オメガスカイツリー
⇒最後1Fは地力勝負を想定。フェブラリーS武蔵野S東海Sの結果で勝負付けはしない方が良さげ。

"GW"という名の地方競馬大型連休開催(庵野作品みたいな文字数)は、G1かしわ記念で締めくくり。
今年はオッズもバラつく大混戦。毎年"順当"決着の印象ですが、フェブラリーS等とはレースの質が異なるため、着順がそのまま反映する事例は少ない。ホッコーも引退し、着実にダート界の世代交代は進んでいます。
サッと今開催の結果を見る限り、中間雨も無く"地力が問われる"馬場。後手に回った馬が苦しい。こうなると、基礎SP+位置取り優位。仕掛け所「3,4角」で減速少なく、下手に動いた後続を十把ひとからげに叩き潰せる。

ソルテフリオーソが好走を見せたり、いかにも地力ありそうな馬が結果を出すG1。今年は"それっぽい馬"が不在なんですよね。コパノリッキー船橋に嫌われているのか…今年も内枠。鍵を握るのはインカンテーションとブラゾンドゥリス。特に岩田は"被せてくる"可能性。本質的には外2理想(恐らくコパノも狙う)なんですが。ブラゾン内田は出たなり。外枠から基礎SP活かして好位辺り。ベストウォーリアも似たような位置狙いかと。

そんな感じで、モーニンが逃げる可能性まで考えたいなと。平均~ハイで流れるとは思います。

普通に考えるとベストウォーリア。ところが、頓挫明けで調整も不安。元々地力で劣る訳で。コパノリッキーは前走"色々可哀想"とはいえ、一時期の勢いは感じられません。モーニンは見た目「スランプ」の感じは薄いが、ヘニーヒューズは"それ"があるから困る。展開次第で残り目は十分ありそうな点も悩ましい。うーん。

インカンテーションは"外2"セオリー通りなら。下手な"コパノ潰し"や"岩田騎手の逃げ"は墓穴を堀りそう。で、ブラゾンドゥリス内田。好位差しを狙う…には厄介な条件。ベストが帰ったら大手を振れるんですが。

後は意外とリッカルドが状態良さげ。エルムSの内容も悪くない。但し、今の馬場だと位置取り次第かな。
適性面を考慮すると、インカンテーションかブラゾンドゥリス。前者が岩田で後者が内田。

 

ブラゾン内田か…。

 

一目ぼれは"インスピレーション"。気になった時点で、本命馬は決まっている。

 

ブラゾンドゥリス、速くない?

 

ちなみに"本命"って字の画数、知ってる?

 

「35画」

 

うそ、13画。

 

 

兵庫大賞典:◎バレーナボス

 

新春賞以来の最内枠。

 

…4着じゃない?

 

アサクサセーラが先手有力なら、インディウムの出方次第。エーシンクリアーは吉村だし、ハルイチバンが延長効けば復活期待なんですが。バズーカは結構乗り難しい馬。寿希也は正直色々心配になります。