読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『雑感』

稀に更新します。

兵庫チャンピオンシップ 東京湾C 2017年 予想

 

 

かきつばた記念はトウケイタイガー。2着に4馬身差を付ける完勝でした。
内枠がネックも、人気の中央馬に隙がありそうだったので、岩手のラブバレット共々期待はしていましたが。

序盤から促して主導権を奪うと、中盤は上手く息が入る"理想通り"の展開。ラブバレットやタイニーダンサーの動きを伺いつつ、再加速して上がり最速。直前に砂が入った良馬場を考えても、勝ち時計は十分でしょう。
タガノジンガロ以来の地方勢に軍配。「ソルテの全弟」「元中央馬」等と言われていますが、この馬に関しては園田に移籍&川原騎手が主戦を務めなければ、交流重賞を獲る事は不可能だったと思います。

川原騎手は昨年も交流重賞を2勝。その"相棒"でもあるローズジュレップが先週残念な事になり…。

 

 園田ウインターカップの時に色々書きましたが、こと"馬を育てる"レースを川原騎手歯意識している感じ。

beggaman.hatenablog.com そりゃ、短距離馬で「結果重視」なら追える騎手を乗せておけばよい訳で。

この辺り、浮上の過程はどんな感じなのか、知りたいですね。誰か陣営にインタビューしてくれないかな。
その内"ネットケイバ"はやりそう。ラブバレットはプロキオンSで、ドリームキラリは欅Sでお待ちしてます。

 

兵庫チャンピオンシップは地方勢、とりわけ「園田上位」が揃っての回避。
例年通りとはいえ、この姿勢はどうなのか。実力が足りない事は「百も承知」の上で、問いたいところ。

 

兵庫チャンピオンシップ
◎クイーンマンボ
〇リゾネーター
▲シゲルコング
△タガノディグオ,ノーブルサターン
⇒出遅れ癖あるシゲルコングとタガノディグオ。園田の深い砂は厄介だが、ノーブルサターンとリゾネーターは先行候補。クイーンマンボも最内枠から好位には取り付けられそう。ある程度"固まった隊列"を想定している。
例年兵庫CSは「4角先頭からの押し切り」が決まり易い。高速向きの馬や後方待機の馬は展開の恩恵が欲しい。

伏竜SはTR「C」相当。比較的序~中盤が落ち着き、リゾネーターが好位から押し切った。間隔を明けながらも(天栄調整)3走続けて「C」相当の走りを見せている。馬場傾向も偏っていないが、高速決着は未経験ではある。
シゲルコングは出遅れながら果敢に先頭を奪うも、失速し8着。ノーブルサターンは最内枠から先手を窺うが、4角で一杯になり7着。この2頭は淡白な競馬が合う。ガツガツした展開を期待…するには厳しい面子か。

クイーンマンボの前走は、TR「A」相当。一頭だけ"別次元の末脚"を繰り出している。問題は"反応の鈍さ"が、短い直線&コース条件で不利に働く可能性。隣枠に地方馬が並び、序盤被されるリスクが低い点は良さそう。
タガノディグオも、近3走「B」相当で走る強豪。踏み出しが弱いのか、常に出負け気味も最後は良く伸びる。持続馬場とスロー展開の対応は未知数。自分から捲っていく競馬なら…その際に"お釣り"はあるのか?

互いに様子を見合いながら、タガノディグオ辺りが早目に仕掛ける展開を想定。クイーンマンボは流れに乗じて他馬を射程圏に捕捉。決め手を活かしたい。リゾネーターは初連戦&遠征。向正面外から横綱競馬を取りたい。
内田戻りで好調のシゲルコングも乗り方一つ。馬場は合うし、(仮に)厳しい展開になっても歓迎。

 

 

東京湾カップ
◎マルヒロナッツオー
〇カンムル
▲クラトリガー,サイバーエレキング
△キャッスルクラウン,ノースガッツ,スカイサーベル
⇒マルヒロナッツオーの基礎SPならサイバーエレキングにも対抗出来る。グランウブロは近2走と異なる条件。これに内目からセイジーニアスやソッサスブレイが続きそう。外枠替わりカンムルの出方と戦法が鍵を握る。
そのカンムルは前走内枠に泣いた。小柄だが、長く末脚を使える馬。勝ち負けは別にして、持ち味を活かす事は出来る。サッとレース結果を見た限り、後手に回った馬は苦しい印象。雨も無いし、明日は地力勝負だな…。
本当はスカイサーベルを"サルベージ"したいが、流石に厳しい条件。キャッスルクラウンも前走同様に向くか。船橋ならノースガッツはソッサスブレイに逆転可能。クラトリガーも前走より悪くない。後は先行勢の取捨。