『雑感』

稀に更新します。

5月2日火曜の金沢競馬予想 ~天皇賞(春)と金沢スプリングカップが終わっての雑感~

 

 

先週の天皇賞(春)は大いに盛り上がりましたね。

レコードの話はさておき、"伝統の盾"に相応しい戦いでした。(正直、この言い回しは好きじゃありませんが)
これで春天の「距離短縮論」も暫く影を潜めそう。結果として、大阪杯のG1昇格は正解だったのかも。

キタサンブラックみたいな"伝統保守"指向の馬は例外ですが、今後も長距離で戦えるディープ産駒やハーツ産駒は増える気がします。(未検証の憶測ですが)配合面や育成面の向上は、着実に産駒成績の幅を広げている感じ。
オルフェーヴル産駒もデビューしますし、後はアドマイヤドンの様に"非サンデー"で面白い種牡馬がいたら…。

世界的に長距離戦は下火の傾向ですし、適性観と既成概念を壊す事は難しいですが、ある意味"ガラパゴス"的な日本競馬が"不協和音"となって、変化をもたらす事が出来たら良いなと。何かこんな歌詞の曲あったなぁ。

あぁ、調和(大阪杯との棲み分け)だけじゃ危険ですしね。
このまま廃れていくのは、"僕は嫌だ!"って感じ。

さて、金沢スプリングカップも行われました。今期最初の重賞を制したのはアドマイヤドン産駒のメイジン。
これで転入後3連勝。序盤から主導権を奪うと、休み明けの"王者"ジャングルスマイルが2番手に付けて、理想通りの隊列。上手く行きましたね。血統の字面とは裏腹に、中央時からゲートと位置取りセンスは良かった馬。小柄で非力な馬体も、全身を使った柔らかい走りをする印象。平坦&地の軽い金沢は合うのかもしれません。

後はティンバー特有の乗り難しさ。他馬に競られたり、被されると脆いかも。つまり、敵は「同じ厩舎」か。
今期初戦となった11歳馬ジャングルスマイルは8着。最後は流す格好となり、叩き良化を期待します。

トウショウプライドは自分の競馬に徹した形。道中上手く立ち回ったマイネルリボーンを封じている点も評価出来ます。寿希也騎乗のアイナは直線挟まれた?(最後まで映っていませんが、クランキングアップと下がってくるジャングルスマイルと交錯気味)感じで、道中内を立ち回ったのは悪くないかなと。セイカアヴァンサは条件を考えると、気性的にアレしか出来ないので仕方なし。百万石賞も「素直に決着」とはいかなさそうですね。

日曜は逃げた馬が8勝。徐々にタフさが解消されて、水準寄りの時計が出る良馬場。
基礎SPと地力優位の先行馬が堅実に結果を残していますね。先々週の砂補充を境に、直線は外>内に比重気味。それでも内目は使い方次第かなと。近走インが好走要因だった馬の取り扱いには注意したいところ。

 

1R:◎ウインアイリス
ダイシンアレッタだと面白くないので。今年は成績不振が続く。先行力は高いし、少頭数でこの面子なら。

2R 里美金沢エメラルド記念:◎オズマ
前走はエレスペールに後れを取ったが、短縮+位置取りで逆転を狙う。今期絶不調の鞍上は心配ですが。

3R:◎サンライズブーケ
ベネフィットユーじゃ面白くないので。前走は内外を上手く使っての差し込み。ウインスマイルの出方次第。

4R:◎フクノバイオレット
前走乗り替わりは案の定。栗原君に戻っての仕切り直し。ベリルイモン有力ですが、最内枠で吉原&金田は怖いなぁ…怖いなぁ…(稲川淳二の物真似をする西野七瀬)。アマゾンダンスは注目の2戦目。目下不安のゲートも、少頭数なら大丈夫だとは思いますが。

5R:◎ゴールデンリーフ
上位拮抗の面子。サーブルレーヌでは面白くないので。人気のヴァリアントアローに何処までハイドロポリスとトーアアサヒが圧を掛けられるか。午後には良馬場でしょうし、上手く差し込めないかなと。

6R:◎レイズアセイル
イザナイの乗り替わりはオーナー指示っぽい。同じく乗り替わりで、大外枠ですが、上手く差し込みたい。

7R:◎ベルウッドレオーネ
コウユーカゲムシャと迷った。ヤマカツトップガンを上手く活用したいですね。

8R 浅野川・鯉流し特別:◎パワーオブワード
この馬とクレバーフォースが欲しい。近走は不利もあった。短縮が効けば。

9R:◎ケージーアメリカン
ドナソレイユとヤマノミラクルの対決。古豪で「漁夫の利」狙い。

10R:◎シゲルカンパチ
外枠替わり。金田厩舎の動向を見つつ。ベニノアローが差し込んでくる可能性も展開次第かと。

11R とも旗祭り特別:◎コスモマイギフト
メイカーズムービーと迷った。トウショウフリークが転入初戦。ここは難なく先行して欲しいものですが。

12R:◎ミリノカイザー
アンフォルタスと迷った。今の沖騎手なら内々を上手く立ち回れそう。ガッテンキャンパスを上手く使いたい。