『雑感』

稀に更新します。

2017年4月4日の金沢競馬(1回最終日)予想

 

今年も金沢競馬が開幕。1年間よろしくお願い致します。

日曜3Rで注目された「スーパーベルガーの子」マルカンベルガーは6着。出遅れ&道中苦労しており、長い目で見たいところです。日曜1Rを逃げ切ったハクサンジョイは良い基礎SPを持っていますね。馬場を考慮しても、勝ち時計は優秀かなと。日曜7Rを逃げ切ったレソルテも併せて(3歳)重賞戦線での走りに期待が掛かります。
また月曜9Rでは、14年の北海優駿馬ヤマノミラクルが約2年半ぶりに優勝。もう一花咲かせて欲しい所ですね。ちなみに門別時代の好敵手・スタンドアウトも、月曜の水沢7Rで約1年半ぶりの優勝。運命的な感じがしたり…

 

さて、日曜は開幕週だけあって、時計の掛かる良馬場に映りました。砂補充の影響でしょうか?

脚質的には"逃げ馬8勝"に対して、早仕掛けを狙った差し馬が伸びを欠いていた。好位勢は内を有効に立ち回りたいですね。月曜は僅かに雨が降る程度で、引き続き良馬場。但し歪な縦長馬群や凝縮馬群が目立ちました。
これに関しては「強風の影響」と見られています。逃げ・先行馬の優勢は変わらず、差し馬は引き続き、内目を有効に立ち回った方が良さそうです。馬場改修後の昨年・同時期に比べると、気持ち軽い馬場かもしれません。

新設の準重賞・スーパースプリント賞が行われました。唯一"希望出走登録"をしていた4歳馬スガノランバダが勝った点は喜ばしいですが、2着トウショウアパッチの後手後手振りには落胆しました。外枠も不運でしたが。
今年は若手騎手(中島,栗原,柴田)の台頭が鍵を握りそうです。2日連続売上は1億越え。ネット投票に感謝です。

 

 

金沢1R:◎ケージーアメリカン
C2級まで降級してきた古豪ケージーアメリカン。とはいえ、元重賞馬の地力は衰えていないはず。前残り馬場と外枠条件を乗り越えられるか要注目です。フェールボーの前走は外枠が響いた結果。位置取り次第で挽回も。

それにしても、1Rから外枠に"白山連合会"が連番という。朝から不穏な(笑) 特にスカイは馬体を見てから。

 

金沢2R:◎トミノバーディー
安定した末脚を持つ馬。内枠+短縮になるが、(長々と末脚を使わされた)前走より良い条件に感じる。アレグロイモンとミズーリスカイは(鞍上の)位置取り次第。サノライドが淡白な分、上手く出して行けば番手でも勝機。

 

金沢3R:◎レディームーン
レディームーンは昇級+大外+延長と"ネガティヴ三拍子"が揃うも、難なく押し切りそうな面子だったりする。メイショウユウヒの出方次第になりそう。サーブルレーヌも末脚に安定感があり、アランチャは内を使いたい。

 

金沢4R:◎サクラデスティーノ
外枠のエンパイアメーカー産駒が人気になりそう。外目に有力な先行馬が揃った分、内枠の馬を狙いたくなる。
賞金上「格上挑戦」の形になるが、時計面は通用している。外々を回らされた前走は参考外。スズランフェスタと迷った。共に詰めの甘さが心配だけど、今回の条件なら。アヤミズキ延長とシュガーラブも発馬次第で。

 

金沢5R:◎ドリームマークス
(前走元JRA馬に潰された)オーミリスペクトと安定感のあるイザナイは強敵ですが、基礎SP面では負けてない。距離短縮も効くと見ています。前走のヤマカツトップガンを凌ぎ切った7歳馬の粘り腰に期待を寄せたい。

 

金沢6R:◎ドナソレイユ
転入初戦の前走はヤマノミラクルに金星。ここもあっさり通過したい。クワイトファインとスプリングデジレも乗り方一つで面白そう。転入2戦目カタスミの末脚を抑え切るか。塚本弟は金沢武者修行になると良いですね。

 

金沢7R 能登桜まつり特別:◎ポルカ
マジックベルが最内からポンと出て一人旅…なんて簡単に行くのかな。ポルカは延長になるが、前走より条件は良化している印象。サンセドナやケープオブホープを見ながら、吉原が内枠を活かす競馬をしてくれそう。

 

金沢8R:◎クレバーフォース
ミサワゲーリーと迷った(松戸がこっちに乗るとは)。パープルパルピナが前を潰して"漁夫の利"を狙う。
ミサワも鮮度あるうちに狙いたい。昨冬は出来以上にお釣りが無かった印象。

 

金沢9R:◎オイヌサマ
目下4連勝中。昇級戦になるが、距離短縮は良い。雄大な馬体で良質な先行馬だと思う。2走前の勝ち時計なら、難なくB級も通過して欲しい。アルファジェイドとスガノタイトルの位置取り次第。特に後者の前走は…

 

金沢10R:◎オレカーニバル
ベニノアローは転入初戦。鞍上の工夫が欲しい。オレカーニバルVS金田厩舎の先行争い。前走は空馬の影響を受けて、後手に回った前者の巻き返しに期待する。距離短縮は好材料だし、5走前くらいに走れば勝機十分。
タイキガラハットは順調。昇級は形だけだし、多少出遅れても勝ち切った点は良い。僚馬との"談合"次第か。

 

金沢11R 曳山祭特別:◎マイネルリボーン
交流重賞馬のエトワールドロゼが逃げて、マイネルリボーンが潰しに行く形を想定したい。
そのマイネルリボーンが、2シーズンぶりに帰沢。約1年半勝ち星から遠ざかっているが、末脚は衰えてない。追い切りでも吉原騎手が騎乗して、上々の走り。悲願の重賞制覇に向けて、先ずは連敗を脱出したいところ。
最内枠に入ったトニーポケットと転入初戦となるトゥヴァビエンの取り扱いが難しい。共に状態は良さげ。

 

金沢12R げんぞまいり特別:◎メイショウオニグマ
メイショウオニグマ中島…と思ったら、ラディアーヌ栗原か…と思ったら、シゲルエイサー吉原。なんだこれ?クラシカルノヴァは距離短い分、何か付け入るとすれば(先行力ある)メイショウオニグマか。素質も高いはず。
リッシンハレルヤとシゲルエイサーは、クラシカルノヴァの立ち回り+内枠を上手く生かしたい。

 

最終レース名にある"げんぞ参り"って、石川県でも(地域によって)行われる時期が違うんですよね。
他所から来たお嫁さんが地元の寺社参りを行う、いかにも「ムラ社会的な」アレですが。