『雑感』

稀に更新します。

ドバイ競走の感想と高松宮記念 2017年 予想

 

 

まさかの雨となったドバイミーティングは、アロゲートが出遅れから完勝する"衝撃"で幕を閉じました。

ロングリバーが逃げて淡々と流れる展開。ガンランナーが早目に仕掛けて4角突き離しに掛かるも、最後方からアロゲート捲って更にひと伸び。考えられる上で一番厳しい形を強いられ、いとも簡単にそれを乗り越える。

アメリカンファラオカリフォルニアクロームに続く"第三の矢"は、僅か3戦(BC,ペガサスWC,ドバイWC)で2頭に勝るほどの結果を残しました。紛れもなくアンブライドルズソング産駒"最後の最高傑作"と言えるでしょう。
追い切りを見ても、走法から格好良い。天性の身体を持つ馬で、血統的にも是非芝で見たいところ。

無念のリアルスティール直前取り消しで暗雲が立ち込めていた日本勢も、ヴィブロスドバイターフを優勝し、エピカリスUAEダービーで2着に健闘。特にヴィブロスは流石"マジックマン"J.モレイラの騎乗でした。
何と言っても"直線の進路取り"。応える馬も流石ですが、人馬共に素晴らしいパフォーマンス。エピカリスも、相手が強かったとはいえ、前走の苦しい勝ち方から挽回となる良い競馬だったかと(馬券買いたかったなぁ)。

雨の影響で砂はスピード決着、芝は地力決着という印象。馬券的にも興味深い開催になりましたね。
アルクォーツスプリントを勝ったザライトマンはロペデベガ産駒。ドバイターフ2着のエシエムがフットステップスインザサンド産駒。そして、シーマクラシックを勝ったジャックホブズはホーリング産駒。
血統面からも"道悪向き"が好走。逆に米独系は苦戦して、この辺り取捨選択はし易かった。反面参考外ですが。

ホーム開催のゴドルフィンは2勝。エピカリスを倒したサンダーストームは米戦線で通用するか楽しみですね。
見所の多いドバイミーティングでしたが、馬券の売れ行きも上々だった模様。正直"買い辛い"3レースだったと思います。来年はもう少し間口を広げて欲しいですが、アラブ馬限定戦のカハイラクラシックは無理です(笑)

 

さて、中央競馬高松宮記念。春のG1シーズンが始まります。
残念ながら生憎の天気。ここ数年は超高速馬場だったり、田んぼ馬場だったり、極端な印象ですね。 

 

 

高松宮記念
◎セイウンコウセイ
シュウジ
レッドファルクス,ソルヴェイグ
スノードラゴン,メラグラーナ,ワンスインナムーン,ラインスピリット
前列想定:トウショウピスト,セイウンコウセイ,ワンスインナムーン
⇒正直"雨"と知ったのは数時間前。馬場も変わるでしょうし、ゲート一つで展開も違うはず。
オーソドックスに前哨戦からの巻き返し組を狙いたい。セイウンコウセイは勝ち馬の決め手に屈するも良いスピードを見せた。ここに来て本格化した印象。中間"残念な事"もあったが、ネックは同型の多い点。
シュウジソルヴェイグも同様に前走から巻き返しが効きそう。其々ネックはあるが、上手く位置を取りたい。穴はスノードラゴンとラインスピリット。フィエロは高速良なら考えた。後は実績的にもレッドファルクス

 

 

マーチS
◎メイショウスミトモ
〇ピットボス
▲コスモカナディアン,ロンドンタウン
△アルタイル,リーゼントロック,ディアデルレイ,アスカノロマン
前列想定:ショウナンアポロン,アスカノロマン
昨年はショウナン単騎で見事なレース運び。今年はアスカノロマンがいるし、インカンテーションやコクスイセンもいる。そこに"捲り候補"のディアデルレイとリーゼントロック。となれば狙うは…皆まで言うな。
とはいえ、メイショウスミトモも乗り替わりが気がかり。ピットボス同様4,5着争いになりそうで怖い。

 

しかし、買いたい馬の鞍上がアレ。特に高松宮記念。大作何やってんだよ、ホント。
まぁ僕の信心が足りないだけなんでしょうけど。