『雑感』

稀に更新します。

弥生賞 2017年 予想

 

 

 

弥生賞
◎ダンビュライト
〇カデナ
▲グローブシアター,ダイワキャグニー
△ベストアプローチ,コマノインパルス,マイスタイル
⇒降雨の影響は大きく見られず、見た目ほど内外の差は感じない。ペース次第になるが、基本的にはスピード+持続力を重視したい。乾いて良馬場なら高速条件を得意とする馬にも多少目が出てきそう。
◇ディアシューターorマイスタイルが逃げると、中盤手を付けられない。ダンビュライトやダイワキャグニーが権利取りを狙い色気を出す可能性も。淡々スローor中緩みスローから末脚勝負。上がり性能だけは危険な匂い。
ダンビュライトは近2走チグハグな競馬。上積み期待薄も、既に末脚の破壊力は上位級。気難しく内枠に不安はあるが、明確な先行馬不在はルメール騎手も工夫し易いはず。血統的にも当該コースは楽しみ。 

カデナは近3走の内容を評価したい。上がり性能+持続力は最上位。急流展開で辛勝した京都2歳も「B」相当。血統面&回転力ある走法は東京向きの感じ。既に福永騎手は決定。末脚を計る形になるでしょう。
ダイワキャグニーはデビュー前から(評判高いも)半信半疑で近2走を見る限り切れ味と持続力は悪くなさそう。気性面の工夫と右回りへの不安。人気を考えても北村宏騎手は負荷が大変。強気に乗って欲しい。
コマノインパルスは機動力と持続力で上手く末脚を引き出す。ここは展開一つ。ベストアプローチはチグハグな競馬が続く。持続力は高いので血統的にも前哨戦なら。グローブシアターは新馬戦の破壊力を前走で活かせず。未だ素質だけで走っている印象。前走ほど地力が問われる事もないだろうし、ここは馬体を見て。

 

 

大阪城S
◎アストラエンブレム
〇アスカビレン
▲マキシマムドパリ
プロフェット,レコンダイト,ダンツキャンサー,ガリバルディ
阪神は差せる良馬場。ダンツプリウス、アストラエンブレム、プロフェットの出方次第。バッドボーイやレコンダイト先手有力なら奇策あっても。大阪城Sは有力馬が惜敗するレース。今年は混戦なので案外堅いかも。
アストラエンブレムは基礎SPと機動力で末脚を出し切る馬。自ら主導権を握りたい。アスカビレンは好条件。府中牝馬Sの競馬からもアストラ同様上位級の末脚。中緩みから早仕掛け展開になれば嵌まりそう。
プロフェットとレコンダイトは位置取りと鞍上次第。後はダンツキャンサーとガリバルディ
 

 

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

オーシャンS
◎メラグラーナ
レッドアリオン
ブレイブスマッシュ
スノードラゴン,バクシンテイオー,ブラヴィッシモ,ナックビーナス
前列想定:ペイシャフェリス,ウインムート
◇内枠+内田替わりのペイシャフェリスと昇級初戦ウインムート。基礎SP的には前者有利だと思う。クリスマスとナックビーナスは強く押せないだろうし、トウショウピストは出足不安。先行馬揃うも例年より差せそう。
⇒メラグラーナを見極めたい。一戦毎に馬体は力強くなり、追い切りも良い。基本的に後傾展開で差し込む馬。オーシャンSは「力強い短距離馬」が好走する印象。右回りと直線詰まる危険性を踏まえて買いたい。

レッドアリオンは3走前G1で0秒5差。B着&短縮&田辺替わりは楽しみ。1200m戦なら後半勝負向きと見たい。ブレイブスマッシュは休養明け2走目で距離短縮(騎手箴言)になるが、気性と近走の伸びあぐね方を見ると良い気がする。位置取り含めて鞍上に期待。スノードラゴンは衰えていない。1400m戦からの短縮で再考する。
ブラヴィッシモは「怒りの連闘」になるが、悪くない条件。輸送減り懸念しつつ。クリスマスは2走前の大負けに目を瞑れば。あまり流れる展開は良くない。ナックビーナスは中山実績を重視。後は差し馬を手広く。

 


チューリップ賞
◎カワキタエンカ
リスグラシュー
ソウルスターリング
△ダノンディーヴァ,エントリーチケット,ミリッサ,アロンザモナ
前列想定:カワキタエンカ,ワールドフォーラブ
◇超スロー展開になり辛い競走ですが、外枠2頭が先行できる想定を考えると、今年は覚悟した方が良いかも。
⇒例年通り中緩み末脚勝負に前残り想定を加える。カワキタエンカは良馬場替わり+基礎SPで優位。前走は直線ロスもありアルアインに遅れを取った。いかにもトライアル血統。序盤エントリーチケットを押さえ込みたい。

リスグラシューは出負け後手後手の競馬でソウルスターリングに敗れた。共に状態は良さそう。ミリッサは競馬の幅を広げないと。血統適性は高め。ダノンディーヴァも力を出し切れていない。鞍上効果で期待する。