『雑感』

稀に更新します。

中山記念 阪急杯 2017年 予想

 

東京マラソンはW.キプサングが優勝。34歳の実力者が、ロンドン五輪3着の力を見せました。

日本国内初の記録2時間3分台は都庁前~東京駅前の新コースが大きく影響しているでしょう。期待された2時間2分台も今後夢では無い。序盤から超ハイペース。その中で厳しい走りを見せた11位の設楽弟は楽しみですね。
世界選手権に繋がるのかは別の話。また選考会が荒れそうです。TV中継がCX⇒AXに変わりましたが、芸能人とはいえ、ランナーにアナウンサーがマイクを向けながら併走する中継スタイルはどうなんでしょうね。

 


中山記念
◎サクラアンプルール
リアルスティール
ロゴタイプ
△アンビシャス,ヌーヴォレコルト,ネオリアリズム
前列想定:マイネルミラノ,ロゴタイプ,ネオリアリズム
◇1か月ぶりの中山開催。C⇒Aコース使用になるが、内目の芝は若干剥げている印象。そこそこ速い時計が出る土曜日の傾向も、上級条件では「上がり性能より地力」が求められそう。また、ある程度馬格が欲しい。
⇒坂スタートの先行争いはマイネルミラノ有利。ネオリアリズムは最内ミルコ出負け懸念。外からロゴタイプ,ヌーヴォレコルトの動きに注目したい。恐らく淡々スロー。勝負所3角~4角で突き離しに来るなら、好調田辺と復調岩田の動き次第。リアルスティール,アンビシャス始め末脚溜める勢の取捨選択に気を付けたい。

本命はサクラアンプルール。前走府中スロー勝負での好走には驚いた。常に気性&脚元との戦いで典さん向き(?)の馬。直線ソラ使う辺りも格上挑戦なら悪くない。クレアーブリッジ牝系が因縁深い中山で躍動する。
リアルスティールというより、母ラヴズオンリーミーは末脚の使い所難しく当該コース向きというのが個人説。休み明け不安も昨年3着は勝ち馬を気にして後手に回った分。戸崎騎手は構えるだろうし、圏内は堅いかと。
ロゴタイプは復活というより「使われ方がマシになった」印象。息の長い活躍は父産駒らしい。淡々スロー展開は歓迎もレース主導権を奪わないと後続の決め手に屈しそう。総合力と基礎SPは面子上位でしょう。
ヌーヴォレコルトも「勝負所の工夫一つ」で圏内。こちらは直線機動力が使える+岩田騎手の平行移動を期待。アンビシャスは瞬発力&機動力勝負の方が良い。昨年ほど良さは感じない。ネオリアリズムは位置取り次第。

 

阪急杯
◎ブラヴィッシモ
ロサギガンティア
シュウジ
△1,2,6,8,11
前列想定:カオスモス,ブラヴィッシモ,シュウジ
阪神は雨の影響が残る馬場状態。シンプルに基礎SP+地力上位を狙いたい。
武幸四郎カオスモスは兄貴のアシストか。この面子だとミッキーorテイエムが無理しない限り緩く流れそう。勝負所シュウジの動き次第。人気薄は先行馬狙いも、正直妙味を感じない。まぁ見るレースでしょう。

ブラヴィッシモはOP入り後不振も阪神替わり+延長。弟のアシストもあり序~中盤良いペースで運べそう。
ロサギガンティアは得意阪神も内目で四位は嫌な予感。シュウジも前走の様に上手く運べるかは分からない。
困った時はアドマイヤムーン産駒。押さえておきましょう。