『雑感』

稀に更新します。

共同通信杯 京都記念 2013年 予想

 

このところ、公営競技でアイドルの生誕記念協賛レースを見る機会が増えてきましたね。生誕委員なのか有志で行う姿は尊敬できますが、これが対象アイドルの知名度上昇に繋がるのかといえば、少し疑問に感じます。

先ほど船橋競馬の馬券を買うため、オフト後楽園に着いたなり、レープロを貰ってビックリ。

f:id:beggaman:20170219222405j:plain

市川美織19歳生誕記念。フレッシュレモン、もう19歳なのか…

最近は「ポスト神7」とも称されるAKB48の9期生。先日行われたリクエストアワー(AX)では『走れペンギン!』が見事1位に。じゃんけん大会の表題曲候補からチーム4のテーマ曲に変更した秋元康の判断は正解でしたね。
島崎、横山、大場らと共に次世代を牽引する候補が「フレッシュレモン」こと市川みおりん。不思議ちゃんキャラが『有吉AKB共和国』で注目され、よくTV番組でも見かける様になりましたね。
何歳まで「レモンネタ」を引っ張るのかは分かりませんが…劇場だと歌はアレですが、踊れるのは良いです。
ちなみに競走を制したのはエスタンシア。8馬身差の圧勝でしたが、サイン的なものは見当らなかったですね。

 

今週は3重賞が行われます。先だって昨日のクイーンCは4番人気ウキヨノカゼが4頭接戦を制しました。
三浦騎手はスロー逃げを打つと手ごわいですね。ウキヨノカゼは外目好位から押し切る。イリュミナンスも評価出来ますが、内目から良い末脚を使ったスイートサルサ。地味にPO馬なので次走以降も楽しみです。
一方9着に大敗したコレクターアイテム。最後末脚は使っており、展開が向かなかったかもしれません。

 


共同通信杯
◎ゴットフリート
〇マンボネフュー
▲ラウンドワールド
マイネルストラーノ,クロスボウ
マイネルストラーノとマエストロが先頭集団を形勢。ゴットフリートの出足次第になるが、スロー展開濃厚。とりわけ内2頭は道中の我慢が大事で、メイケイペガスターに至っては後方ポツンの可能性も考慮したい。
恐らくマイネルストラーノが勝ちに来る。倒すなら前付け再加速しかない。極端なタイプは人気でも軽視する。
本命はゴットフリート。朝日杯で同父ロゴタイプに敗れるも回転力ある末脚を見せた点は大きい。今回はビュイック騎乗。距離延長だが、高速持続条件なら府中でも。ここを勝って、皐月賞の同父ワンツーに期待。
マンボネフューは気性との戦い。前走何とか2勝目を挙げたが、いちょうS同様馬群で折り合いに苦労すると、暴発する恐れ。距離短縮は良いが、依然内枠が不安。マイネル2頭の息入るペースに惑わされたら危ない。
ラウンドワールドは前走道悪も堪える。初府中で末脚底力を発揮出来るか。マイネルストラーノの逃げ粘りは有り得るも、メイケイペガスターは典ちゃん次第。後方ポツンならそのまま伸びない可能性が高い。

 


京都記念
ショウナンマイティ
カポーティスター
ベールドインパクト
トーセンラー,ジョワドヴィーブル,ビートブラック
ビートブラックが逃げる。カポーティスター辺りも先手を取りつけそう。スロー濃厚でベールドインパクトショウナンマイティが下り坂から早仕掛けの競馬。京都適性・非根幹適性を重視したい。
久々の実戦になるショウナンマイティは状態面を考慮する感じ。実績実力共に最上位で、中~後半流れる展開も合う。馬体を見て大丈夫そうなら馬券の軸に最適。仮にスロー最速戦でも力は発揮できると見た。
ベールドインパクト菊花賞早仕掛けで4着も一番強い競馬を見せた。最内枠は減点材料だが、持続力と機動力を兼ね備えており、京都実績も十分。トーセンラーは3場重賞で安定感を見せる。切れ味は京都向きだろう。
カポーティスター日経新春杯で上手く嵌まった。今回はレースの質を考えると買い辛いが、位置取り面と京都実績を重視したい。この点ビートブラックも同様。石橋が得意ぶり次第。ジョワドヴィーブルは状態次第。