読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『雑感』

稀に更新します。

金盃(大井) 2017 予想

 

節分の恵方巻きやハロウィーンの仮装が社会問題となる中、無事59回目のバレンタインデーが終わりました。

新宿伊勢丹で最初に「バレンタインデーフェア」が催されたのは1958年。企業のチョコレート消費促進作戦は年月を重ねて国民的行事に成長しました。欧米の場合バレンタインカードやささやかな贈り物を送る風習は有名ですが、男性から女性に告白する習慣もあります。日本は「男性から女性に告白する」図式が根強く、2月14日を契機に「女性から男性に告白する」図式が浸透し始めた辺りは興味深いです。今や友チョコ自分チョコと、多様に親しまれるバレンタインデーですが、ちなみに僕は生まれてこの方本命を…止めましょう。そういえば、高校生の時に友達同士で、一人が「チョコよりも愛を下さい」と言ったら「Wow Wow」と返答する謎の遊びが流行ったんですよね。あれ、今考えると何が面白かったんだろう…。

さて、大井開催は金盃ウィークです。
バレンタインより2年早い1956年創設。春秋で大一番の役割を果たした重賞競走も、現在までに冬の長距離重賞へと変遷を遂げ、今年61回目を迎えました。ちなみにハンデ戦から別定戦に変更されて10回目でもあります。歴代の優勝馬を振り返ると、優勝騎手・厩舎厩舎は「上位感」ありますね。連覇ケースも多く、人気薄の穴馬も実績馬だったりします。思い出深いのは、デビュー連続15連対を重賞初制覇で果たしたバグパイプウインド。今年は6連勝中のレイディルアレナが参戦。昨年覇者ジャルディーノと古豪ユーロビートに加えて、地方転入馬が鍵を握りそうです。ストゥデイウムやキスミープリンスの復活にも期待。

 

金盃
ユーロビート
〇オリオンザジャパン
▲クラージュドール,レイディルアレナ
△ジャルディーノ,キープインタッチ,タイムビヨンド
【前列想定:ジャルディーノ】
ジャルディーノが楽に先手を取れそう。ユーロビートは他馬次第。またストゥディウムが奇策を取る可能性も。今開催は冬馬場らしくタフさが表れてますね。次々外差しが決まる感はないけど、末脚の使い所を誤ると崩れる印象。内枠組は内回りの方が競馬し易いかもしれません。終始外回りのコーナー6つで地力が必要です。
密集スローor中緩みペースなら、中~後半オリオンザジャパン,タイムビヨンド辺りが動く展開を想定します。

年末以来のユーロビートは57kgで戦える。ミッドウェイ調整で状態良さげ。動き易い大井に戻るのも好感で、大負けのリスクは低いと見た。基礎SP面で不安も展開的にリカバー可能。転入初戦オリオンザジャパンは調教パートナーの笹川を起用。気性面かと思うが、脚元的に「文男は時期尚早」と踏んだ気も。長く末脚を使える馬で溜め殺しは最悪。とはいえ、自ら動くのはリスキー。地力は期待出来るし追い切り良好も、馬体を見てか。

本当はクラージュドールを重視したいが、今週の泰斗に不安しかない。初めての2600m戦で中~後半動く展開は歓迎も、内枠で序盤位置下げると後手に回る危険性。地力を信じて騎乗する様なら楽しみ。レイディルアレナは距離よりも気性。前走は想像以上に強い競馬だった。スター候補だと思うし、良い結果を期待したい。
キープインタッチとタイムビヨンドは工夫一つで面白そう。前者は厩舎的に信用し難い。後者は馬体の立て直し急務。鞍上は共に良い感じ。後は復調気味ジャルディーノ。斤量恩恵はないが、主導権を握り易い点は好感。