『雑感』

稀に更新します。

京都記念 共同通信杯 クイーンC 2017 回顧

 

アカデミー賞の時期が近づいてきましたね。前哨戦と言われるゴールデングローブ賞では『ラ・ラ・ランド』が総ナメ。とはいえ本番で受賞作品が一変する事はよくあります。正確には「前哨戦」じゃありませんけどね。

先週は3重賞とも興味深い一戦でした。ここからクラシック、ドバイ大阪杯と大舞台に繋がります。
しかし、共同通信杯京都記念クイーンCを「前哨戦」と言えるのかは難しいところですね。トライアルは別にありますし、レース条件・設定も違いますからね。それにしても見ごたえのある戦いでした。

京都記念連覇を果たしたサトノクラウンは、香港ヴァーズでハイランドリール(凱旋門賞2着)を倒しましたが、もう少しG1タイトルが欲しいですね。秋口の体調不良は勿体無いですが、個人的にはダービーの3着が悔しい(ドゥラメンテ馬単裏表持っていた)ところ。次走大阪杯で好メンバー相手に結果を出す様なら、種牡馬入りが楽しみになります。サンデーサイレンスの名前が無く、ノーザンダンサーミスプロ、ロベルトを含む繁殖牝馬と配合出来る血統構成。国内を中心に大きな期待が持てるんですけどね。

マカヒキは敗れましたが、休み明けで五分のスタートから、好位後ろを取れた点は悪くないかなと。道悪の中、自ら動く展開になって鋭い末脚を使えなかったのは残念。母父フレンチデピュティからも、昨年と馬体が変わる可能性もあり、次走良馬場で一変するか見ものですね。サトノ同様、もう少しG1タイトルが欲しいところ。

ミッキーロケットは出負けから後手後手の競馬。渋とく末脚は使いましたね。道中動き辛かったけど、もう少しヌレイエフ感ある馬だと思うんですが。ヤマカツライデンは悪くない逃げ方も、ガリバルディに早く来られた分上手く行かず。カレンミロティックとは系統が違う馬。個人的には大舞台で松山を乗せて欲しいんですけどね。

共同通信杯を制したスワーヴリチャードは良い末脚を使いましたね。懸念の最内枠から好位後ろで宥める競馬。直線は上手く加速出来ました。しかし強い。大きな馬体で加速力抜群なのは恐ろしい限りです。何より選択肢の広いハーツクライ産駒。半兄からも脚元は心配ですが、最もダービーに近い馬でしょう。

ムーヴザワールドは徐々に良くなっている印象。賞金面からも3着は残念ですが、ダービーに向けて仕切り直してほしいところ。エアウインザーは加速地点で前が壁になる不利。気性だの、硬いだの、色々言われてますが、もう少し長い目で見て欲しい。機動力と切れ味の馬だと思うが、NHKマイルを狙う様なら3冠は苦しいですね。

クイーンCはアドマイヤミヤビが優勝。言うまでもなく3冠が楽しみ。それよりも2着以下で、2着アエロリットは先ず先ずのスタートから好位後ろ。3角辺りから早目に外々を回して、直線徐々に前を追い詰めるが、残り200m~100m付近で勝ち馬に交わされてしまう。それでも逃げ馬を交わして勝ち馬に食らいついた。決め手に欠けるが、基礎SPと器用さがあって完成度が高い。操縦性も高く本番も「天才」のエスコート次第で楽しみ。

フローレスマジックは評判の割に結果がついて来ない。未勝利戦も真面にササる中で着差以上に課題残る勝利。前走は大きく馬体が減る中で上手く勝ち馬をマーク出来たが、直線良い末脚を見せながら完敗。休み明けの今回はゲートひと息から中団内を追走するも、やはり直線の進路取りに苦心。それでも最後まで末脚を発揮、3着に入った。血統的にも遅め&非根幹向きで器用さに欠ける感じ。本格化は秋以降かもしれない。

レーヌミノルは完成度が高く器用。血統的にも基礎SPで2歳戦を熟してきたが、今回は休み明けの馬体。早々に主導権を奪い、淡々と先行して中盤息入るも、徐々にリードが無くなると残り200m辺りで上位馬に差された。血統的にも小回り短距離型だと思うし、春本番よりも夏小倉などで期待したい。短中距離なら十分戦えそう。
ハナレイムーンは「いかにも小柄のディープ産駒」という印象。瞬発力は高いが、基礎SPと器用さに欠ける。
それでも直線は外を良く伸びており、素質を感じる。今後も成長とペース展開次第になりそう。

そんな中、日曜最終レースは小倉でジャズファンクが4勝目。東京でペガサスボスがナヴィオンを下して3勝目を挙げました。3頭とも14-15年代3歳戦で期待されていた馬。特にナヴィオンはラジオNIKKEI賞以来。故障明けで厩舎も変わりましたが、久々でも良い競馬でした。体重も絞れるでしょうし、次走以降も注目です。

今年未だに重賞未勝利などと言われるディープインパクト産駒ですが、ここ数年で生産・育成方法も工夫が重ねられています。「日高や社台のディープ産駒は・・・」という論調も過去の話になるのは時間の問題でしょう。これはハーツクライ産駒も同様ですね。競馬は奥深いなと思います。