読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『雑感』

稀に更新します。

2月4日の中央競馬予想

 

本日は後半レースの予想だけ。東京1Rは休み明け追切良の東京砂替わりウィーヴァーと短縮アシャカダイキ。京都1Rはオーサムバローズとシンウチ2頭。「真打ち」といえば、桂春之輔師匠が4代目春団治を襲名します。先代とは一味違う雰囲気ある人なので、これがどうなるか…非常に楽しみです。

注目はエルフィンS。過去10年の勝ち馬でG1好走馬が8頭。今年も新馬戦・未勝利戦で見所ある勝ち方をした馬が登場します。関東からも注目馬が出走しますが、結局勝つのも穴を開けるのも関西馬という印象です。

 


初音S
◎アカネイロ
〇ミエノサクシード
▲マローブルー
△ワンブレスアウェイ、アンジェリック、アッラサルーテ
【1列目想定:アッラサルーテ,マイネル2頭】
距離延長になるアッラサルーテが先手を奪う。マイネル2頭を見ながらワンブレスアウェイとマローブルー辺りが続く。東京1800m戦らしいスローペースを想定。前残り決着も分かるが、これだけ消極的な面子が揃うと、スロー決め手勝負を考えたくなる。それでも基本は長く末脚を使えた方が良いはず。

アカネイロを狙ってみたい。キンカメ不在ならクロフネをば。休み明けになるが、中間しがらき調整。追い切りも悪くない。前走は参考外。位置を取れたら、後の流れは向きそうだが。引退前にひと結果が欲しいところ。

秋華賞でも期待したミエノサクシードは最内を捌けるか。エンジン点火が遅く、直線で射程圏に入れると良い。ここ数戦は外を回す競馬だが、決して起用なタイプではなく成長面で期待したい。ワンブレスアウェイとマローブルーは(血統的にも)総合力で攻めるタイプ。悪く言うと決め手に欠けるが、この面子なら強気の競馬で優位に立てそう。東京で難なく息を吹き返した戸崎騎手と唯一のディープ産駒に期待。アンジェリックは長く末脚を使える馬。大外枠だが、内枠よりは良い感じ。典ちゃん次第。後はアッラサルーテの残り目を頭に入れておく。

 


大和S
◎ナガラオリオン
〇ゴーイングパワー
▲アールプロセス、スミレ
△メイショウノーベル、ダノングッド、オメガヴェンデッタ、ペイシャモンシェリ
【1列目想定:シゲルカガ,ポメグラネイト,ペイシャモンシェリ】
このタイミングで砂替わりアットウィル。ゲート次第だが、ある程度出して行くと思う。
シゲルカガが(鞍上的にも)積極的に欠けそう。前走1列後ろペイシャモンシェリと松山替わりのポメグラネイト次第。逃げ馬は不在だが、先行~好位追走馬が揃った。こうなるとゴーイングパワー辺りが押し切りを計る所を「漁夫の利」狙いするとか…この辺はスミレやオメガヴェンデッタの頑張り次第になりそう。

というわけでナガラオリオン及びアールプロセス頼み。前者は内枠短縮良化。少し速い馬場の方が良いタイプ。これは後者も同様。坂も無いので、比較的強気に乗った方が良いと思う。極端に外々を回らされなければ。

穴はメイショウノーベルとダノングッド。共に好位~中団だと思う。前者は叩き4走目で最内は悪くない。後者は京都短縮で未だ底を見せていない。先行上位決着なら諦めるつもりで買おうと思う。

 
エルフィン
◎サロニカ
〇ミリッサ
▲アドマイヤローザ
△ラーナアズーラ、ラントシャフト、
【1列目想定:ビップキャッツアイ、ハローユニコーン
Bコース2週目。高速気味で雨の影響もさほど無い想定。ビップキャッツアイが行くとして、福永、武豊、蛯名辺りが考えてきそう。出足ひと息のミリッサも道中超スロー。恐らく決め手勝負+前残りみたいな感じ。
サロニカの前走は中弛みペースに助けられる形。本質的には高速外回りだと思う。外枠なら、前が壁になる事もないはず。ある程度位置に付けて、勝負所末脚を出し切りたい。これにミリッサ。前走は想定外の競馬で勝つ。シンハリーズ産駒らしい最上級のスピードを持つが、父ダメジャの分、瞬発力より機動力向きかもしれない。

後はアドマイヤローザ。ミヤビの影に隠れて良い馬。とはいえ京都短縮は買い辛い。それならラーナアズーラやラントシャフトの切れ味に期待する。馬が若いアルミレーナやアカカなど有力馬揃い好レースを期待する。

 
箱根特別
◎シャクンタラ
コルコバード
▲サトノエトワール
△ウインスペクトル、ファータグリーン、ステイブラビッシモ、マイネルフレスコ
【1列目想定:サトノエトワール,シャクンタラー】
菊花賞で好アシスト(?)サトノエトワールに前走(?)シャクンタラー。これにウインスペクトル。前の方が競馬し易そう。というより差し馬が長く末脚を使いたい系や漁夫の利系ばかり。それこそピュアソルジャーでも前受け出来そうな…あまりにも一団馬群で緩いと松岡や大知が考えてくるとは思う。