『雑感』

稀に更新します。

川崎記念 2017 予想


ここ数年でも「いまひとつ」なメンバーになった2017年最初のG1・川崎記念
交流になって20年以上経ちますが、確かに出走馬の揃い方にムラがありますよね。

何だかんだ一線級が2,3頭来ていたんですけどね。アジュディミツオーフリオーソ級とは言わないまでも、有力地方馬がいないのは死活問題かもしれません。特に南関勢。これはどの統一G1にも言える事ですが。

 

川崎記念
サウンドトゥルー
〇ケイティブレイブ
▲バスタータイプ、ケイアイレオーネ
△ミツバ、コスモカナディアン、オールブラッシュ
【1列目想定:ケイティブレイブ】
川崎は冬馬場継続も良状態が続いており、時計は比較的出ている印象。
下級条件から勝負所~直線での再加速勝負になり易い。恐らく序盤の隊列とインの使い方次第ではないかと。「隊列次第で逃げ切れる」し「展開次第で差し切れる」とりわけ「差し決着」は(血統なんかも)笠松っぽい。
とはいえ超上級条件だと、より地力が問われそうだ。こういう時に限って、中央勢のレベルが半信半疑という。

この面子だとケイティブレイブが逃げそう。例年より序盤~中盤ペースは緩む。後はミツバ、バスタータイプ、コスモカナディアン、ケイアイレオーネの隊列次第。大外枠でもサウンドトゥルーはある程度の位置にいそう。馬群が凝縮した場合、ミツバ(というより典ちゃん)の早仕掛けには注意も、そこまで通用する馬なのか。

当該コースが合うかは別として、サウンドトゥルーを消し様がない。昨年より位置取り面で期待が見込める。
ネックと思われる大外枠も、(人気馬で内目に拘り失策する大野騎手をよく見てきた人間からすると…)悪い感じはしない。勝負所での加速が難しいコースを考えると、(遅刻のリスクはあるが)外目を回った方がやり易そう。
とにかく3年前の大島特別以降、後続に差し切られた事がない馬。まぁ今回は必要無さそうなデータだけど。

ケイティブレイブは前走から鞍上が「距離を意識」している。それ以前に上手く立ち回っても最後1Fが甘い。好位から再加速勝負が見込める。馬場・展開・隊列の3拍子が揃っている。普通に考えたなら本命候補
今回目標にされる可能性があり、加えて要所で動き易い馬場でも、川崎と浦和・金沢の適性は違う。仮にミツバが先行する様なら儲けもん。決め手に欠けても淡々とペースを刻む方が良さそう。後は好位追走馬の動き次第。

バスタータイプは2歳から期待された馬。長期休み明けの前走は中団から外々を回すだけ。今回は状態面で良化を見込めるが、如何せん8枠。加えて距離延長&初の左回りは一か八かになる。個人的には、ケイティブレイブよりも今の川崎馬場に不安。もう少しタフで淡々と流れた方が良さそう。その点では武豊さん次第で好転も。

コスモカナディアンはとにかく勝ち切れない。前受けから流れ一つ。ケイティブレイブが逃げて、好位追走なら十分残り目(3着)はある。オールブラッシュよりは買いたいが。ケイアイレオーネは「一列後ろ」だと苦しい。逆に前受けされると勝ち負けまで…とは言わないが、去年よりはやり易いかと。ミツバは典ちゃん次第。

 

 

貯まる!SPAT4プレミアムポイント賞:◎サンドルトン
高知での武者修行を終え、年末は地元でも活躍した2年目・林謙佑君。
今年飛躍するようなら本当に桑島の域まで…なんて話は早いですよね。ここは隊列次第。

一閃賞:◎ポエタリリカ
ポエタリリカでも先行出来そうな面子。他だとカグラハヤテとグランドスピリッツも行けそう。
ギンマクデビューやトリプルアローの差し込み期待は分かるが、マイネルチャンプは流石になぁ…。

姫椿賞:◎ハヤブサミカリン
ハヤブサミカリン前受けに対するはチェルカービレ吉原、内枠ラシーム、タイムオブレディーという謎面子。
エクレールは前走が勝負だった様な。ハナ以外だと馬券外なのは気がかりも、馬体&状態キープなら隊列一つ。
シゲルオカメマツリやエンプレスダンスの着取りを期待すべきなのか…それなら無難に。

アメジストフラワー賞:◎レクラドリール
これは中央地方共に微妙なメンバーが揃った。シゲルヒグマorカネショウラメールが先手だと思う。鞍上的には前者か。若しくはシヌエットヌーベル。レクラドリールの前走は負け過ぎだが、仕掛け所は一番厳しかった。
これは増えない馬体重と過剰に期待されている鞍上の分、人気と見合いたい。

猛虎特別:◎スラリーアイス
今年も矢野厩舎は見当らない。代わりに(?)小久保厩舎4頭出し。前走・外目から積極策のトーセンスパンキーにゲート次第のタマモベルモットとニチドウリュンヌ。恐らく「トーセンマリオン+1シフト」狙いだとは思う。ここにラピダメンテ真島、ルコンポゼ、ブルーバレットが最内。スラリーアイス乗り替わりをどう見るか。

ホッコータルマエ号スタッドイン記念:◎ヤマニンバビルサ
内目に先行馬が印象。こういう時は「漁夫の利」狙い。近走良くなってきたが内枠だと2,3列目が欲しい。
いずれゼンノハーデースも山崎再生工場で復活するかな。