『雑感』

稀に更新します。

日経新春杯 2017

 

降雪の影響で火曜施行となった日経新春杯。奇しくも「阪神淡路大震災と同じ日」になりました。
日時こそ違いますが、95年の勝ち馬はデビュー10連敗から這い上がったゴーゴーゼット。6連勝で初重賞だった1番人気アルゼンチンタンゴ、翌年の優勝馬である2番人気ハギノリアルキング、後に交流重賞馬となる3番人気パリスナポレオンが惨敗する「波乱の結果」でした。そんなアルゼンチンタンゴの繋養先だった嬬恋リゾートも昨年閉鎖。いわゆる「高中落陽」を聴ける機会は(拓郎の気まぐれでもない限り)もうないでしょうね…。

 

日経新春杯
◎ヤマカツライデン
〇シャケトラ
▲ミッキーロケット,モンドインテロ
△トルークマクト,カフジプリンス,レーヴミストラル,レッドエルディスト
【1列目想定:ヤマカツライデン、ウインインスパイア】

・内枠に入ったヤマカツライデン。陣営コメントを見る限り「同じ轍は踏まない」感。湿った馬場を気にしない様なら、悠々と先手を奪い、そのまま淡々と逃げる公算が高い。但し「大逃げを打つ」かは難しい。マドリードカフェ,ウインインスパイア辺りが番手なら「縦長」馬群と見る。ダコールやシャケトラも基礎SP高くないが、比較的好位にはつけられそう。(ヤマカツ単騎の場合2or3列目以降は)淡々ペースから中弛みを想定したい。

・とにかく馬場状態が読めない。雪の影響が濃厚で、少なくとも土曜日の傾向は崩れそう。例年ほど年始京都は高速化していない事からも、ある程度「時計が掛かる」事は間違いない。スピードを持続出来るタイプを狙う。

ヤマカツライデンに期待を込めたい。前走は内目で我慢する逃げを打ち、結果的にキタサンを援護する競馬。
但し「パドック⇒返し馬」から発汗が目立ち、(強引にでも)先行出来る状態ではなかった様にも思える。
7走前から続いた「息入れない逃げ」は重賞級だと厳しいが、淡々と逃げれば「得意の形」に持ち込める期待。母(祖母)は芝砂不問タイプで、スピード持続力も有る方。後は変に競られる展開じゃなければ。

シャケトラは順延により「回避」誤情報が流れる。とはいえ、陣営に「迷い」があったとしても可笑しくない。
遅デビューから3連勝(4連対)でOP入り。当然底を見せておらず、前走に関しては割と長く末脚を使えていた。
とにかく「切れ味抜群」のマンカフェ産駒。上級条件ではヒルノダムール同様「脚の使い所」一つと見ている。
問題は(降着以降)不調の続く浜中騎手。角居厩舎も万全の状態で出してくる様だし、臆せず乗って欲しい。

ミッキーロケットは距離不安の菊花賞5着。想像以上に「ポテンシャルがある」と感じた。HTB賞「B」相当、神戸新聞杯の詰め寄り方からも能力は高い。2or3列目が道中緩める様なら追走面でも良い。状態面は一応16日に坂路調整しているが、キッチリ攻めたのが「約2週間前」になるのは痛い。長距離の和田騎手に期待する。
モンドインテロは前走出遅れから後手に回るも3着。むしろ、2走前的な「直線勝負」の方が苦手と見ている。今回はシュミノーが騎乗。坂でスピードに乗れる京都は得意。長く末脚の使える展開で上位進出を期待したい。
カフジプリンスは前走好位から動きづらい展開を「強引に動いて」差し切った。神戸新聞杯で脚色を計った際も小差だったが、いわゆるスピード持続力タイプ。今回は福永騎乗。ある程度「漁夫の利」を狙ってくる可能性。坂路で併走馬を圧倒しており、状態は結構良さそう。後は展開が向けば…。

 

 

 

 紅梅S
◎アロンザモナ
〇ラプソディーア
▲アリンナ
△オンリートゥモロー、ビーカーリー、エントリーチケット 

内からエントリーチケット、外からアリンナ、マツリダゴッホ産駒の2頭が先行争い。最終的に武豊が主導権を握りそうだが、シュミノーは厄介だと思う。ラプソディーア、カウントオンイット、ロジセンス、アロンザモナ辺りは序盤の動き方次第。いずれにせよ、淡々スローから最後一足使う感じを想定。

・外回り1400m戦という事もあり、スピードだけでなく末脚の鋭さも問われる。
本命はアロンザモナ。前走は出遅れから後手後手の競馬。褒められた騎乗では無かった。新馬戦は良い形で逃げ切っており、仮に阪神JF出走なら穴人気必至だった馬。主張しそうな2頭を見ながら自分の競馬に徹したい。

良血ラプソディーアは余裕の新馬勝ちも(先約か?)ルメールではなくフォーリー起用。軽めの馬体重と馬場次第だが、時計は掛かる方が良さそう。アリンナは前走キッチリ先手を奪うが、思う様に息が入らずに急坂で失速。武豊を起用した今回距離短縮は良いだろうし、状態も良い。血統的にも高速馬場じゃなくて大丈夫だと思う。
穴はタイシャと共に沼田牧場を支えるビーカーリー。前走は朝日杯に挑戦して敗退するも、勝ち馬とは1秒差。3走前の差し切り勝ちからも少しペースは流れた方が良いと思う。詰め甘いが道悪向く血統も好感です。

 

雅S
◎メモリーシャルマン
ここは馬場次第。前高速条件でも逃げるコクスイセン弟をタガノハヤテ兄が支援する展開をブチコが潰す競馬をすれば十分「漁夫の利」狙える。後は先行>差しの松若次第。ロードフォワードはデムーロ起用とか…そういう話なのかな?ヒロブレイブも前走は体たらくな競馬。外枠&鞍上交代で見直せる。マルケサス回避は残念。

 

京都8R
◎スズカウラノス
そう言う馬場なら…ね。イーストオブザサンも内枠変更は好感。

京都7R
◎エピックウィン
「先行して末足りない⇒距離短縮」セオリー。積極性を期待する。エイシンダーラも同様に他馬次第。