読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『雑感』

稀に更新します。

中山大障害2016 予想

 

 

有馬記念よりも(?)楽しみな中山大障害。という事で、久々更新。 

最終週は変則の金曜開催です。「名勝負」が期待された年末の大一番は、サナシオン、ニホンピロバロン、マキオボーラーが続々とリタイアしてしまい、少し寂しい感じ。アップトゥデイトVSオジュウチョウサンという事になりますが、今後が楽しみな若い馬も多く、見所は有りそうです。天気も回復して良かった。

 但し、雨の影響もあってか比較的時計が掛かっており、とにかく「差し辛い」印象です。秋並の気温と3日間開催の影響で傾向は変わりそうですが、今日は先行馬と持続力&スタミナの高い馬に期待してみます。

中山大障害は中山GJよりも飛越の回数と砂コースを横切る回数が多く、末脚の使い所が難しいのが特徴です。長丁場ながら、SP持続力以上に「飛越」が鍵。これが春秋の傾向違いに繋がると言えそうです。

年末の大一番だけあって、各馬の調整過程を気にする必要はありますが、陣営の思惑を読み取る作業は程々に。また、明らかに実力不足という馬は後半の厳しい流れで脱落します。「漁夫の利」狙いの馬は瞬発力を重視。

さて、展開は…最内ドリームセーリングがハナを切りたい。アップトゥデイトとルペールノエルは一完歩目次第も先行候補で、これを見ながらオジュウチョウサンを想定。サナシオン&ニホンピロバロン&マキオボーラーの不在は大きそうです。 要点は「序~中盤の過ごし方」、「2度目の大障害⇒第2&第3障害での詰め方」が重要になります。 「第4⇒バンケット⇒第5の流れ」でバテた&射程圏にいない馬は「脱落」に相違なしでしょう。

昨年・春秋連覇のアップトゥデイトは頓挫明け2戦を叩いて良化。中間放牧を挟んで大一番に臨む。実績と共に飛越も安定してきたが、やはり「平地力」基礎SPの高さ。飛越前後の減速では簡単に後れを取りません。斤量が概ね横並びになるG1替わりも+材料でしょう。 但し「強い先行馬不在」は他馬との兼ね合い的に痛い。

オジュウチョウサンは当初「大障害向き」を想定しており、意外と使える末脚が長いので驚いた。激しい起伏やスタミナ面は無問題。飛越が慎重且つ確実タイプで仕掛けるタイミングは重要。今年飛躍の年だった石神騎手、この大事な一番で後手後手の競馬は見たくないですね。

サンレイデューク屈腱炎明けを叩いて良化傾向。脚元も問題無さそうで、恐らく(得意の)阪神SJ辺りがピークになりそうな…とはいえ、この面子なら「漁夫の利」最有力。相変わらずゲート&芝は課題ですが、後半のSP持続力&スタミナは高い。丁寧に飛越を重ねて、キッチリ掲示板の真ん中前後を狙いたい所。

ルペールノエルが厄介。押し出される形での3番人気。基礎SPは高いのに一完歩目の遅いアドマイヤムーン産駒(いかにも)で、ここ数戦は後方から末脚を溜める競馬。正直「騎手のお蔭」で成績を残している感は否めない。但し飛越は良化傾向にあり、中山戦は砂のため参考外。4歳馬ルートヴィヒコードは逆に粗削りな印象。小坂騎手は折り合いと飛越に尽力するだろうし(古坂ならピコ太郎馬券だった笑)、今年は抑えまでとする。

ドリームセーリングは厳しい競馬になるだろうが、テン乗り自体は問題ない(むしろ去年までなら強化だった?)ペースメイクに期待。基礎SP&飛越は問題ないが、スタミナ&バンケット&後半の脆さは課題となる。 

暫定印…◎オジュウチョウサンアップトゥデイトサンレイデューク△1,4,11

 
変則日程ゆえに出馬確定後の取り消しが多く、初日から落馬事故も多発。
何やらアクシデント続き。全馬無事が第一ですから…本当に。