『雑感』

稀に更新します。

マイルCS 2016 予想 


マイルCSは苦手なレースです。前傾ラップなら「3F勝負」になるし、後継ラップなら「SP勝負」になります。また京都マイル外回りコース。序盤の位置取りでは基礎SPの差が出易く、直線は(短い割に)差しが決まります。残り3日間はCコース使用。今のところ雨の影響で「外・先行優位」という印象ですが、内目の復活には注意。

 

さて、レース展開は「ミッキーアイルの逃げ方」で決まりそう。音無師はマイペースを示唆。浜中騎手ですし、厳しい逃げは打たない様に感じます。一昨年みたく「中盤緩めて再加速を狙う自殺行為」はないと思いますが、前傾ラップ気味でも「比較的追走し易い展開」になりそうです。そうなると気になるは番手候補

ヤングマンパワーウインプリメーラクラレントサンライズメジャー辺りでしょうか。ディサイファも好位は欲しいし、マジックタイムシュタルケ騎乗。正直隊列は読み切れません。但し、ネオリアリズムは折り合いが課題となり、イスラボニータダノンシャーク辺りが競馬をやり易い感じはします。

 

近年はフィエロサダムパテックといった「地力型の末脚」タイプ、グランデッツァドナウブルーといった「高速独血統」タイプでの決着が主流です。エイシン何とかみたいな「一本気な基礎SP性能の高い米血統馬」による押し切りは中々見られません。注意したいのは「内々を器用に差してくる」馬。フィフスペトルイスラボニータダノンヨーヨー的な競馬ですが、今年は道悪エアレーション馬場。より「例外な決着」かも…。

 

本命はガリバルディ。外枠ですが、福永なら安易な外回しは(万事休すじゃない限り)行わないと見ます。パワー型のディープ産駒で他馬より末脚や切れ味は劣る印象。反面基礎SPは備えており、マルカシェンクザレマとは違うタイプ。前走は苦しい流れを差して5着。とはいえ、内枠が欲しかったですね…。しかも意外と人気。

 

デイサイファは乾きかけの淀Cコースで最内枠。買わない理由はありません。総合力が高いディープ「亜種」で荒れた馬場も大丈夫。母父ドバイミレニアムらしい機動力と最後までジリジリと伸びる末脚は好感を持てます。気性面や体質面で苦労した時期を乗り越えて今が隆盛期。マイル戦の流れに対応出来るかは疑問で、決め手不足は痛いですが、そこは鞍上も卒ない騎乗を選択するでしょうし、人気的にも馬券には加えたいです。

ヤングマンパワーは正直買いたくなかった。大型スピード馬で馬力と機動力を兼ね備えている。予想される馬場条件に合致しており、久々の右回りも、広い外回りなら許容範囲。バルザローナは積極策に優れるし、追える騎手。戦績的にはクラレントっぽいが、こちらの方が同レースは合いそう。

マジックタイムは距離短縮で京都道悪・外回り。出遅れ懸念はあるが、積極的な騎乗を期待する。スロー3F勝負で持続力の問われる形が望ましく、嵌まれば牡馬相手でも。末脚の使い所が難しいのと他馬との兼ね合いは半信半疑。中間は天栄調整だが、別に+材料という事でも…。

スノードラゴンは本来「論外」だけど、今年だけ「嵌まり甲斐」が有りそう。前々走のセントウルSで先行策。COP(チェンジオブペース)の刺激は+方向に向いたが、前走は0秒1差に泣いた。尚も状態は良好で久々マイルだが、案外面白そう。この時期のコジーンは怖い。