読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『雑感』

稀に更新します。

~決して譲れない菊花賞の美学~ 15年菊花賞の振り返り

 

菊花賞を制したのはサトノダイヤモンド

三冠競走を3頭が綺麗に分け合い、エアスピネルリオンディーズ含めて上位拮抗年でした。

 

前半1000mが59秒9(公式)と厳しい流れに。中盤・向正面緩んだ所で内からシュペルミエールやコスモジャーベが申し訳程度に追い上げを図るも、期待した淀坂「早仕掛け勝負」とはならず、実質3F末脚勝負でしょうか。消耗戦を見越した馬やファンには哀しい結果も、菊花賞の格言「強い馬が勝つ」は保持された形です。

 

サトノダイヤモンドは好スタートから好位後を追走。理想通りの位置で道中我慢し、2回目の淀坂でスピードに乗せ、直線一気に抜け出しました。レースの性質的に着差は付き易いですが、完勝に値する強さを感じます。

某血統予想家が自身の予想ファクターに反して同馬を本命にする辺り、NF陣営は「最高の仕上がり」を実感していた可能性も。実際パドックは(ダービー時もですが)素人でも「良い馬」と感じる出来栄え。元々好馬体ではありましたが、最終追い切りも本番を見越した4F追いで、文句無しのプロセスだったのがよく分かります。

 サトノダイヤモンドの不安点は「距離」でした。これは、昨日書いた様に「距離は持つと思うが、長く末脚を使えない馬で仕掛け所が難しい」から。その点は前述したペース展開からも、最高の形で「前半1000m~中盤1000mをロスなく好位置で追走」出来たと思います。何より「最後1000m」は完璧な競馬でした。

 僕が思う菊花賞は「厳しい条件の3000m戦を制した馬が戴冠する競走」です。決して、長距離馬が勝つレースではないと考えます。故に、ここ数年の菊花賞馬とレース内容にも概ね満足しているのですが…。

僕は「ディープインパクト産駒は菊花賞OKの血統」だと思います。もしサトノがサンデーサイレンス産駒だとしたら、結果が違った…というより、既にマイル路線にいた気はします(笑) 厳しい条件下でも自分が持つ能力を十分に発揮出来るかで評価は決まり、そんな菊花賞を、サトノダイヤモンドは「正攻法」で制しました。 

 

2着レインボーラインは序盤~中盤を内目で我慢し、3角淀坂下からスパート。SP持続力を活かす競馬でした。中盤シュペルミエールやコスモジャーベの牽制そぶりをスルーしつつ、持ち味を発揮した文句無しの結果です。母系が古風で、ステゴとの相性は抜群。大舞台に強いですが、ツメは甘く、レインボーファスト一族は4つ目のG1・2着。穴人気のシンザン記念で馬群に詰まらず好走されると、9番人気では買えなかったかもしれません。

 

そして、3着エアスピネル。この馬こそ距離が不安で、しかも外目の枠。万事休すと思いましたし、買い目にも入れず。すっかり鞍上が「3000m戦の厳しい条件で最高の競馬が出来る騎手」という事を忘れていました。
神戸新聞杯の内容から「菊花賞で勝負」する姿勢は読めており、それは「ダンツフレーム」的競馬だと思ったのが誤りでした。器用な馬で機動力が高く、気性面と脚元のケアが大切な馬。横山典さんなら分かりますけどね。仮に「正攻法」で行くとしても、道中掛かって消耗度が頭をよぎり、また「無理矢理抑え込む」人ではないし、内々を立ち回っても…なんて予想していたら、序盤から掛かり気味に好位を追走するという。ここで喧嘩せず、道中「放任」競馬をやってのけるから天才だなと。ジョルジュサンクとの距離を計りながら内収納を完了して、1角でこれをパスし「内ポケット」奪取。少し手綱を引き、アグネスフォルテを前に置きつつ、中盤は我慢。そして4角の立ち回り。1月のAJCC(ディサイファ)でも、ミカ・ハッキネンばりの捌きでヤマニンボワラクテらをパスしつつ進出しましたが、今回も隊列の関係から綺麗にスペースが生じたとはいえ、何故あんなに上手くいくのでしょうか。やるべき事をやって、残り100mは流れ込む競馬。これ以上はない騎乗かと思います。

もちろん「持続力勝負」や「消耗戦」なら異なる着順だったと思います。一要素でも欠ければ、好走は無かったでしょう。結果的にG1未勝利ですが、本来の能力を知ってもらう観点からも、下手に距離を短縮してその後の「人生を決める」より、オールラウンドに好走する方が、個人的には印象良く映ります。

体力&地力作りを徹底する社台Fの育成。脚元から謙虚な笹田厩舎。そして天才・武豊
決して譲れない、揺るぎない、何者にも媚びない主義(イズム)が、勝ち馬の後ろで轟いたと言えます。

 

皐月賞ディーマジェスティは4着に敗れましたが、この馬も「持続力」「底力」「強さ」は間違いなく、菊花賞で重視する事も間違いではなく、‘勝敗は兵家の常’という言葉は、今日のためにあった言葉かもしれません。序盤で思う様に位置を取れず、後方追走から道中外々を回す羽目になり、何とかスピードに乗せての直線。近年好成績を残す「内を上手く立ち回った馬」には遅れを取り、僅差で2着を取り逃すも仕方なし。課題の脚元だが良化と報告。この勝負所で押し上げる競馬は有馬記念への布石となって…欲しいものです。

 5着ミッキーロケットは想定外でした。トゥザ一族よりスピード型のヌレイエフ持ちキンカメ産駒という印象。こちらは捲る競馬では無く、内目で末脚を溜める競馬。和田さんらしくない(?)冷静な騎乗でした。

6着シュペルミエール、7着マウントロブソンは伸びが良く、特に前者は中盤無駄な動きが…とはいえ世代上位の馬。カフジプリンスは淀坂で流れに乗せられず、レッドエルディストは戦前からイマイチのままでした。

注目は10着ジュンヴァルカン。中間頓挫もあり、いかにも形だけの出走。最後外から流れ込むだけの競馬。
ここ3戦の三田特別、あずさ賞、フリージア賞がとにかく好内容。いずれ頭角を現す事でしょう。但し、ツメが甘いマリスターⅡ血統で、今回出遅れた辺りも気がかり。阪神や東京向きの血統だとは思います。

 

今年の菊花賞は、例年より中盤の流れは緩く、仕掛け所も遅く、最後は末脚の決め手が問われた様に感じます。ここ数年、問われる適性と能力配分は変化していますが、決して「菊花賞の概念が覆った」とは思いません

菊花賞にスタミナ血統は不要」という話も聞きますが、これは血統予想を安易に考え過ぎです。そもそもスタミナ血統を一括りにして買えるレースではない。春天では買えないダンスインザダーク産駒が最たる例です。

但し、時代と共に競走馬の「平均点数」が高まり、スタミナ不足の配合でも「足切りを食らう」馬は減った様に感じます。ディープインパクト産駒以上にハーツクライ産駒が鬼門になりつつあるのも興味深いです。ロンスパ戦や消耗戦が頻繁に見られなくなったのは騎手意識もあるでしょう。高速良条件の京都長丁場で脚元への負荷を考えると懸命な判断にも感じます。そのリスクを背負って勝負に行く馬が結果を残すという見方も出来ますが。

馬券的にはレインボーライン、カフジプリンス、シュペルミエールのトロイカ体制を重視。サトノダイヤモンドよりもディーマジェスティ相手を多めに買っており、結果的にエアスピネルが抜けて敗北しました。中々難しいものです。しかし、見ごたえのある良いレースでした。最下位サトノエトワール含めて、後日キッチリ負け額は回収したい所です。今年の三冠競走は本当に楽しかった。3陣営の皆さん、本当にありがとうございました。

ここからは古馬との勝負。ディーマジェスティの中山(有馬)やエアスピネル大阪杯は楽しみですが、ミッキーロケット、シュペルミエール、マウントロブソンも重賞を獲りそうな1頭。カフジプリンス、ウムブルフは長距離消耗戦で見たいですし、何よりジュンヴァルカン。脚元次第ですが、大変期待しております。

そしてサトノダイヤモンド。ダービーも勝ちに等しい内容でしたし、ここから大レースをポンポンと勝つのか。海外でも通用するのか。最後まで里見オーナーが所有できるのか、しっかり目に焼き付けたいです。