読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『雑感』

稀に更新します。

富士S 2015 予想

 

いよいよ、今夜から日本シリーズが始まりますね。

広島対日本ハムクライマックスシリーズとは何だったのか。ペナント順位通りのカードになります。

先発ローテは?助っ人の調子は?リリーフ陣は?見所は色々ありますが、一番の注目は2人の投手でしょうか。

片や20億を断って、日本で選手生活に結末を迎えようとする投手…。

片や20億を提示され、これから米国で選手生活を歴史に刻む投手…。

あっさり4連勝で決まってしまうのか。それとも最後までもつれるか。とにかく初戦が重要になるでしょう。

 

 

富士S

ダノンプラチナ
フルーキー
ヤングマンパワー
イスラボニータブラックムーンガリバルディ

過去稀に見る少頭数。ミュゼエイリアンヤングマンパワーマイネルアウラートらが先行候補に挙げられる。さて、富士Sは「ディープ産駒の天国」となっており、現在3連勝中。その要因は後継ラップと3F上がり勝負。特に10年以降は12年を除いて前半3Fが35秒台。脚質問わず高速適性が問われ、ラスト1Fは時計が掛かり易い。上がり末脚+持続力が必要となり、必然的にディープ産駒が優位となり、マイル重賞馬の多くは苦戦する。

この時期という事もあって、13年~15年は良馬場ながら雨の影響を受けている。特に13年は台風の影響をモロに受けており、先行決着の裏には持続力&底力が問われている感じ。今年は完全良馬場に加えてAコース最終週のエアレーション馬場。やはり純マイル血統&適性馬は苦戦する可能性を考慮したい。

個人的には「最後方ミュゼエイリアン」も考えている。外枠&先行馬少数とはいえ脚部不安明け初戦で典さんが出して行くだろうか…まぁゲート次第だとは思う。マイネルアウラートが先団を取り、超スロー展開は濃厚か。問題は外国人騎手2人。イスラボニータも、フルーキーも、適性云々は別に「乗り方一つ」で勝ち負けしそう。前者は先行する可能性があり、後者は地力強化を伺え、ダノンやロードも油断すれば十分足元を掬われる。

本命はダノンプラチナ。前走の出来で僅差3着なら、更に強い競馬が見られると信じている。常に脚部不安が付き纏う馬で無用な持続力勝負は避けたいが、その点「少頭数&スロー」は歓迎。ここは負けられない。

フルーキーは昨年と「違う馬」になっている。相変わらず持続力は高く、この鞍上は重賞で押さえた方が良い。ヤングマンパワーは不向きの流れも想定しているが、地力面はフルーキーにも匹敵する。人気だが消せない。

 

 

室町S
◎キタサンミカヅキ
ブルドッグボス
▲マキャヴィティ
△カリスマサンスカイ、キョウエイアシュラ

今秋の京都開催は速い時計が出ているにも関わらず、差し込みが決まります。いかにも京都良馬場の感じです。また内からサンレーン、エイシンローリン、ナンチンノン、ゴーイングパワー、カジキと先行馬が揃いました。

f:id:beggaman:20161022003248j:plain※青は高速ダート

砂スタートでエイシンローリン、ナンチンノン、ゴーイングパワー、カジキ、アンナミルト辺りは分が悪そう。逆にサンレーンやブルドッグボスは欲しい位置が取り易い。先行争い激化なら差し込みは十分決まる。高速ハイ決着に強い先行馬と上がり持ちのハイ差し馬を組み合わせて買いたい。上級条件なので無理はせず。

ブルドッグボスは前走攻めて差されるも0秒4差で府中コースというのもあった。基礎SPは高く流れた方が追走はし易いはず。鞍上も岩田騎手に替わるので楽しみ。マキャヴィティは内枠ネック。ナガラオリオンは末脚に限界がある馬。その点からキタサンミカヅキやカリスマサンスカイに期待する。後はキョウエイアシュラ。

 

飛翼特別
◎アースエンジェル
〇スペチアーレ
▲イオラニ、ミキノドラマー
△ブロワ、リバティーホール、ラインミーティアファンデルワールス

外枠&斤量減のアースエンジェルとブロワ。前走「B」ランク完勝のスペチアーレ&ミキノドラマー。これにイオラニを入れた5頭が最有力。先週の新潟は外枠有利。少し時計も掛かる印象。堅い決着と見る。

 

萬代橋特別
◎アドマイヤガスト
〇イチダイ
▲カレンラストショー
△キーフォーサクセス、バンダムザブラッド、 ララエクラテール、メイショウガーデン

内回りで略平坦の長距離施行。但しコーナーがキツく、ペースは緩みやすいが、逃げ切りは難しい。カレンラストショーがペースを握り、外からキーフォサクセスとメイショウガーデンが追走。