読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『雑感』

稀に更新します。

エーデルワイス賞 2016

 

エーデルワイス賞は面倒なレース。スタートで大きく着順が変わる可能性があり「ギャンブル」な点です。

地方馬が「勝てる」交流Gですが、条件替の人気薄…何より「角川厩舎」を気にする必要があります。

中央勢は出走馬4頭中3頭がダート替わり。この時期で仕方ないとはいえ、初ダート馬は昨年ディーズプラネット3着の前は10年1着リアライズノユメまで遡る事に。但し、今年の該当馬3頭はダート血統な感じです。

f:id:beggaman:20161013004819j:plain

唯一の前走ダート戦であるアイルキャッチユーは父アイルハヴアナザー×母父ディープインパクトという謎多き血統。勝ち時計は「B」ランク相当だが、何分福島1150mの新馬戦は事象が少ない。一応未勝利戦とも比較して、水準前後の評価は出来そうな感じ。基礎SPもありそうで、枠も内過ぎず、悪い感じはしません。

リエノテソーロは芝砂兼用のスパイツタウン産駒。芝2戦とも、好位置で末脚を溜めて繰り出す競馬。更に新馬戦は加速ラップ、すずらん賞も最後1F時計が落ち込んでません。若干走法が前輪駆動感あり、砂向きな感じ。何より外枠は大きいです。スノードーナツは直千実績あり。血統は砂向きで、B着用後スタートも悪くないです。後は鞍上次第。ディスティニーソングは混合戦をTR水準前後で優勝。ただ控える発言が気になります。

対する門別勢はお馴染み角川厩舎から3頭。その他、淳司2頭、安田2頭。やはり原がいないのは寂しい…。

それはさておき、今年は前哨戦フローラルCもリリーCも混戦。後者の方が良さげの印象も、タイニーダンサー的な強力馬は見当たらず。同様にフルールCとリリーCも似通った面子構成ながら結果が異なります。

f:id:beggaman:20161013022221j:plain

先を見据えてか、ピンクドッグウッドとハタノオヌールは前走リリーCで控える競馬を試しています。

ハタノオヌールは内枠・好スタートから控えるリスキーな競馬。それでも直線は前を向き、最後の競り合いを上がり最速で制しました。逆にピンクドッグウッドは道中動き悪く、直線の距離感も遠く、差し損ねています。

アップトゥユーはフルールC出遅れ。今回も最内枠を引いて先行策が濃厚。シェアハッピーは他馬の出方次第の馬。この馬なりには走れています。そしてリリーC6着のオーブスプリングは次走フローラルCを優勝します。

この5頭に加えて、大外枠のジュンアイノキミ。後方末脚系で4着っぽいですが…一応連下候補。角川厩舎はアップトゥユー、オーブスプリング、ポリカという構成。難解です。3頭共路線が違い過ぎる。そして人気薄。

とにかく地方勢は上位拮抗。結局パドックを見た上で精査して、馬券を組み立てる事になりそうです。

 

 ハーツクライプレミアム

◎キモンアヴァロン

〇アウヤンテプイ

▲クリーンエコロジー

コールサインゼロ、ドラゴンウィスカー

道営短距離戦線の年度末決戦ディープインパクトプレミアムに向けての一戦ハーツクライプレミアム。絶対王者アウヤンテプイの復帰戦となり、9月末の道営スプリントを制したクリーンエコロジーと早速相対します。

目を引くのはキモンアヴァロン外枠。ワットロンクンとミルドリームは次走注目すべきか見極めます。

 

 旬の味覚!門別ししゃも祭り特別

◎タイムビヨンド

〇ダイワエクシード

▲ソルモンターレ

コスモスイング、キングスクルーザー

昨年はビッグバンドジャズが道営記念3着への弾みをつけた道営記念の前哨戦。

今年はダイワエクシードVSタイムビヨンド。最内コスモスイングの鞍上が甘やかしそうなだけに…少し心配なレース。キングスクルーザーが3戦目で変わると面白いですが。ローレルまで残る先行レースなら諦めます。