『雑感』

稀に更新します。

オパールSなど

 

オパール

勝ち馬からG1馬が輩出されるとは…ですね。

例年通りなら高速差し決着(勝ち馬除く)でマコトナワラタナ的な馬を狙うレースです。

f:id:beggaman:20161009010412j:plain

ところが今年は「思った以上に想定外」の超高速馬場+雨。加えてハンデ戦。13頭中11頭が先行馬若しくは前目の競馬になる想定とか…そりゃ最内&池添替&雨OK&高速差し系のアルマワイオリに白羽の矢は立つわけで。

後はミスプロ系を中心に。マイネルラヴ産駒2頭など…レースTR質的には「キーンランド>セントウル>北九州」だが、このレースは夏新潟小倉組や休み明け組の好走が目立つ印象。ナックビーナス51キロは魅力的だが。

アルマワイオリ

○ラヴァーズポイント

▲ワキノブレイブ、セカンドテーブル

マイネルエテルネル、アットウィル、アクティブミノル、ナックビーナス

 

 

テレビ静岡

乾きかけのダート程難しいレースは無くてですね…。

ここはタイムランク水準(C.D)常連の3頭が出走。成績安定も終いが甘いアールプロセス、休み明け&内枠も調教が心配なビッグリバティ、久々遠征のサウススターマンと人気の割に取捨選択が難しい印象です。

◎ニットウスバル

〇イクラトロ

▲ビッグリバティ、アールプロセス

△ラストダンサー、サウススターマン、トウカイビジョン

ニットウスバルは状態良化。得意の府中で巻き返しを狙います。基礎SP不足なので同厩舎のヴァーノンがプレスティージオ辺りと良きペースを作って欲しい所。イクラトロは乗り替わりが残念も同流れは合います。

 

 

清滝特別

勢いある3歳馬とスロー巧者の対決。 11年以来のハンデ戦になりますが、大荒れの印象はなく、実力を計りたい所。アグネスミニッツのハナをノーブルマーズとルナーランダーの3歳馬が叩けば…少し面倒ですね。

◎ブレイクザポケット

思いつかず。